ログイン
メインメニュー


その他 : 2012年9月1日(土) 第149回例会レポート
投稿者: vppr 投稿日時: 2012-9-3 0:43:27 (578 ヒット)

第149回例会が、高津市民館で開催されました。

メンバーもゲストも多く、20人ほどの参加者でしたが、なごやかな雰囲気でした。
スピーチ、論評ともに、レベルの高い例会で、参加者の満足感も高かったのではないかと思います。

まず、テーブルトピックスですが、
Hさんが「お掃除」のトピックスで受賞しました。おめでとうございます。
トピックスの中で、男性の参加者に質問をされていた(洋式トイレの使い方)ですが、
その場でアンケートを取るといったことにはならず(時間も制約があるので難しかったかもしれません)、
回答を聞けなかったのが残念でした。
Hさんは率直に話されていて、その回答は私も聞きたかったので、心残りでしたが、トークの中に、
会場からの簡単なアンケートを組み入れるというのは一つの手法かもしれないと思いました。

そして、準備スピーチですが、
1番目のスピーカーはY野さん、スピーチタイトルは「大切にしたいこと」、
まず、入会式を行った日にアイスブレーカーを務めたことが驚きでした。
しかも、立派な落ちついたスピーチでした。S川さんの論評にもありましたが、誠実で、
かつ自分をしっかり見つめて考えていることが推察される内容で、組み立てもしっかりしていたので、
その内容が聴衆に十分伝わるいいスピーチになったと思います。

2番目のスピーカーは、桜坂クラブからお越しいただきましたO原さん、
スピーチタイトルは「タマゾン川と呼ばれて」
とても惹きつけられる楽しい内容でした。話し方も余裕やゆとりがあって、
上級者のスピーチという気が致しました。oo

3番目のスピーカーは、Wさん、スピーチタイトルは「脱・少子高齢化 そのために必要なもの」
Wさん独特の社会派スピーチでした。
データを多用し、データから入ることで聴衆の心を捉え、そこから本題の展開をされていました。
一つひとつが説得力のある、力強いお話で、たたみかけるように会場に話しかけられておりました。
だんだんスタイルが確立されてきているのでしょうか。

4番目のスピーカーは、N原さん、スピーチタイトルは「朝習慣始めませんか?」
ノウハウものを語らせて、彼女を超える方は少ないかもしれません。
グリーンスムーズィのお話でしたが、その効用や作り方を実にわかりやすく
説得力ある組み立てで話されます。しかも、スピーチを聞いて得したというか、
わくわくするような、常に何か楽しい気分になるスピーチの魔法を心得ているようです。

続いて、スピーカーに対する論評です。
1番目の論評はS川さん、S川さんの長所の誉め方は、F本さんが乗り移ったような、
温かい考察に満ちたものでした。

2番目の論評はS藤さん、論評の部の司会をされながらの論評でした。
O原さんのスピーチについて、多摩川という身近な話題を取り上げ、
聴衆の関心を惹きつけたテーマの良さを指摘されていました。

3番目の論評は、Kさん、Wさんのスピーチの特徴をよく捉え、ポイントを押さえた
クリアな論評を展開されました。

4番目の論評は、Yさん、初めての論評とのことでしたが、堂々と的確に論評され、
N原さんのスピーチの良さ(自然な入り方、分かりやすさ、楽しさなど)を上手に会場に伝えていました。

他クラブからのゲストの参加が溝の口の例会を豊かにしてくれていました。ありがとうございます。
TM役のSさんは、役割の変更が多く苦労されたと思いますが、当日も、また準備段階でも
上手にまとめあげ、お礼とともに、ご苦労さまとお伝えしたいです。
新しい会員の方々がとても積極的で、クラブが活気づいているように思います。
新旧の力で、いい伝統がさらに形作られていくといいですね。

記録係 Y田

印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2