ログイン
メインメニュー


例会記録 : 9名のゲスト参加をいただきました! 初物づくしの調理室例会
投稿者: nokuchi 投稿日時: 2007-6-3 11:36:49 (1089 ヒット)

6月2日(土)、第24回 溝の口トーストマスターズクラブ 第24回例会が、てくのかわさきにて開催されました。

今回は会場の予約がいっぱいだった関係で、会場は何と調理室! とは言え、どんな環境でも楽しんでしまうのがトーストマスター。溝の口トーストマスターズクラブの歴史で一番多い9名の見学ゲストが参加され、24個あった調理室の椅子も全て埋まりました。

今回は例会前に、新入会員オリエンテーションを開催。トーストマスターズクラブの歴史、組織、表彰、メンター制度などについての説明がありました。特に大好評だったのが、教育担当副会長・T木さんの「トーストマスターズをやってよかったと思える瞬間」という、新会員に向けたスピーチ。 T木さんがトーストマスターズに入ったときの実体験を、入会前と入会後の変化を「溝の口マジック」などのキーワードを織り交ぜながら話されました。新会員からは、「何か勇気が湧いてきました」などのコメントがありました。

例会では、初の司会役となったS川さん、初のテーブルトピックス司会のF澤さん、初総合論評のN尾さんなどの「初物づくし」のリーダーシップの下、基本を忠実に押さえた、しっかりした会となりました。

今回のテーブルトピックスは、スピーチが3本である分、少し長め。F澤さんには、6月にちなんだ、ゲストや新会員にも答えやすい、聴衆に合った話題を振っていただきました。
ここでハプニング! ベテランスピーカーのO江さんがクールビズについての即興スピーチをしている間に、何と震度3の地震が発生
しかし、さすがは経験豊かなO江さん。「地震が起きても落ち着いて」と言いながら、話題がそれることなく、最後まで聴衆を安心させながら2分近く話されました。

準備スピーチの一人目は、F川さんのアイス・ブレーカー。
年齢にまつわるユーモア溢れるストーリーから始まり、出身地やお仕事のお話、最後は今後自分の心をもっと開けるように変化していきたいという決意で終わる、構成、メッセージともにとても印象深いスピーチでした。これからの「変化」がとても楽しみです。

二人目はN田さん。「私のジャガイモ作り」というタイトルで、自分で作ったジャガイモの実物を示しながら、自分で野菜を作ることの達成感について話されました。
ジャガイモは、「キタムラサキ」「インカのめざめ」など、普段なかなかスーパーでは目にすることのないような品種ばかりで、聴衆は興味津々。 会場が会場なだけに、「料理してほしい!」などの声も上がりましたが、それは次回をお楽しみに、とのことです

最後のスピーカーは、医学系の大学院に通うO原さん。「ストレス発散法」という題で、呼吸法、自律神経を調節する方法などについて、ご紹介いただきました。
「すぐに試して、役に立つ」スピーチとしてとても好評で、例会後の交流会でも呼吸法を練習する人の姿が見られました。

例会終了前にはE田さんの入会式。迎える側の人数も増え、大いに盛り上がりました。
さらにはゲストのM浦さんが、2回の見学を終え、入会表明!23人目の会員となる予定です。 次回見学後入会したいと表明した方もいらっしゃり、今後も右肩上がりの予感がする第24回例会でした

印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2