ログイン
メインメニュー


例会記録 : 2016年11月5日(土)第248回例会記録
投稿者: vppr 投稿日時: 2016-11-19 12:06:09 (124 ヒット)


今日は、溝の口トーストマスターズクラブの新人戦代表を決めるスピーチコンテスト。3人がエントリーしました。

さて、その前に久しぶりの入会式。先月ゲストとしてスピーチを
してくれたTさんが入会しました。新会員がはいってくれると
空気が動いていいですね。


「今日の言葉」を考えてくれたのはKさん。プロ野球日ハムのスローガン
から「はじける」を今日の言葉に。みなさんこの言葉をできるだけ例会中に使いましょう。

即興スピーチのテーブルトピックのお題をだすのはRさん。
今回はおみくじ式で、発表者を決めました。
1問目: 家族や友人などの思い出で一番よかったことは?
2問目: 社長だったらどうやって社員のコミュニケーションを活性化させる?
3問目: トーストマスターズクラブの会長だったらどうしたい?
4問目: ハローウィンどう楽しめばいい?
こんな質問を突然聞かれたら、みなさんはなんと答えますか?

いよいよ準備スピーチ。まずは新人戦出場者を決めるスピーチ3本。
最初は、「なぞときは入浴の後に」というSさんのスピーチ。タイトルからして赤川次郎の推理小説を彷彿とさせます。Sさんのスピーチは、とつとつとした語り口の中にユーモアが込められていて催眠術にかかるように話に引き込まれます。


そして2本目は、Tさんの「インドが教えてくれたこと。」インド旅行を通しての、カルチャーギャップ、そして普遍的な人間性などについてまるで旅行しているかのようにリアルな情景を話してくれました。


3本目は、「扉の向こう」というIさんのスピーチ。自分のつらかったこと、そして立ち直って次のステージに行こうという、みんなにとっても元気づけてくれるスピーチでした。間に、得な歌をはさみ、まさに舞台を楽しんでいるかのようなスピーチ。Iさん、次の新人戦でがんばってください。

さて、この新人戦スピーチのあとにAさんによる上級マニュアルのスピーチ1本。実際に息子さんの結婚式を想定しての「贐(はなむけ)の言葉」。正直な父親の気持ちをユーモアでつつんだスピーチでした。挙式当日は涙声でのスピーチになるのではないでしょうか?おめでとうございますAさん。

今日は、新人戦とAさんの上級スピーチ合計4ほんの準備スピーチでした。
会長のNさんが本日の総合論評でしたが、入会式、TMOD、ヘルパー、今日の言葉を対応された人への論評のほか、いつもは一味異なる司会をされたテーブルトピックマスターに対しても、良かった点と改善点を的確にアドバイスをされていました。
また、論評者への論評に対しても、一人ひとりに丁寧なコメントをされていました。心に残る言い回しや、特徴などを素晴らしい視点で観察されていると感じた論評でした。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2