ログイン
メインメニュー


例会記録 : 2018年11月17日(土)第295回例会記録
投稿者: vppr 投稿日時: 2018-12-16 13:35:39 (107 ヒット)


第295回例会が11月17日(土)にてくのかわさきで開催されました。
今回の冒頭のI会長のお話は、趣味のライブ活動のことで、観客を盛り上げるMCを再現してくれました。
トーストマスターはいろんなことに活用できるんだな、と改めて思いました。

「今日の言葉」はN登さんで「ほっこり」でした。
もともとは、疲れて一息つく様子、何か忙しいことが終わって安堵する状態を表す京言葉でした。
それがいつの間にか、温かさだったり、癒されるといった意味で使われるようになりました。
とても、冬らしい言葉ですね。

TMODはS村さんです。
S村さんの今日の言葉使おうぜ!というニコニコとしたプレッシャーの下
ヘルパー全員がほっこりという言葉を使いました。
これまでにない頻度で使ったと思います。S村さんさすがです。

ヘルパーの皆さん、つまり計時係、集計係、文法係、えーとカウンタ、例会記録係のルール説明後、
I田さん司会の2分間テーブルトピックス(即興スピーチ)が始まりました。
I田さんの最近の話題から以下のお題が出されました。
・人との輪が広がるきっかけ(スピーカー:K村さん)
・役員をやってみてイメージと違ったこと(スピーカー:Iさん)
・今注力していること(スピーカー:S崎さん)
・時間の使い方(スピーカー:Y田さん)
・ストレス解消法(スピーカー:O佛さん)
・秋を感じる時(スピーカー:N登さん)
・新教育プログラムのパスウェイズについて(スピーカー:S村さん)
各スピーカーからいろんな話を引き出すいい司会でした。

そして準備スピーチの部です。
準備スピーチは2本ありました。

1人目はS木さんの「ほほをつたう滴」
目薬をさすのが苦手というところから、話を膨らませていて
人生の教訓のようなメッセージを伝えていました。
独自のユーモアと視点でのスピーチで、さすがだと感じました。

2人目はCさんの「ありのままで」
溝の口クラブの代表として新人戦に出場しますが、その練習スピーチです。
前回よりも、状況が伝わる内容でしたが時間が押してしまいました。
どこを削って時間内に収めるか、良い内容なだけに推敲が難しいですが
新人戦までに、今回の論評の内容を参考に頑張ってほしいです。

休憩後、論評の部が始まりました。
司会と総合論評はT川さんでした。
穏やかな雰囲気の司会進行で毎回いいなと思っています。

スピーカーS木さんの論評はI藤さん
スピーカーCさんの論評は壮行を兼ねてスピーカー以外の全員で行いました。
壮行の論評は今回、みなさん熱が入りタイムオーバーが続出しました。
時間にも気をつけましょうね。

みんなの協力で、良い例会になりました。
Cさん、応援に行きますので頑張ってください!

■追記
神奈川県新人戦が12/1(土)あーすプラザで行われました。
Cさんは一番最後のスピーカーでしたが、そのプレッシャーにも負けず
堂々としたスピーチで締めくくりました。
入賞には至りませんでしたが素晴らしいスピーチでした。
お疲れ様でした!

印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2