ログイン
メインメニュー


例会記録 : 2020年10月17日(土) 溝の口トーストマスターズクラブ340回例会
投稿者: vppr 投稿日時: 2020-10-27 22:22:58 (45 ヒット)




本日の例会は久しぶりの会場のみでの開催となりました。
オンライン例会や会場とオンラインでのハイブリッド例会それぞれの良さはありますが、やはり我々はスピーチをするクラブでありますので、
会場で顔を突き合わせて、その空気を肌で感じるというのが醍醐味なのではと感じた次第です。

会長のSさんの開会の挨拶から始まり、本日の司会進行はKさんです。
お二方共にコロナ渦でネタがあまり無いと言いつつ、朝に傘を開いた瞬間に壊れた話とNHKの今の歌のお兄さんがさわやかで、
当クラブ会員のIさんに似ているという身近な話題で盛り上げてくださいました。

◆今日の言葉「意識」
Nさんからの言葉です。
最近読んだ「女性の品格」などの著書で有名な坂東眞理子さんの本で、ある年齢になると”カキクケコ“が大事とのこと。
カ:感動 キ:機嫌良く ク:工夫 ケ:健康 コ:貢献
これらも意識していないと忘れてしまうが、
意識できていれば自分の人生が豊かになるのではというIさんの考えから本日の言葉は「意識」が選ばれました。

◆グッド&ニュースセッション
24時間以内にあった良い話やニュースを1分間で発表するセッションです。
Kさん:昨夜口内炎が再発したが、朝には良くなっていた。
胃の調子が悪いと口内炎ができやすいので日ごろの体調管理が大切。
Yさん:母から急に2時〜4時に家にいてほしいと連絡があった。
予定があるので困ると思ったが、柿の葉寿司が贈られてくるということだった。
Iさん:ミカンが大好きで疲れている時でも食べると元気になる。
奥さんが疲れを吐露していたため対症療法のつもりでミカンを食べることを勧めてみたが、あまり理解が得られなかった。
Nさん:オンラインの習い事で歌を習っている。
先生からベースラインを意識して歌うと良いとアドバイスを受けた。
後日実践した際に上達を先生に褒められた。
Nさん:シャトレーゼがすごく好きで最近のカンブリア宮殿でも取り上げられていた。
安い店から少し高い店にシフトしたいと思っていて、昨日自由が丘のお店に行ってきた。
Oさん:Go To Eatの利用を旦那さんに勧めていたものの否定的な反応だった。
しかし一昨日一緒に食事をした会計の際に実は利用していたことが発覚して微笑ましかった。
Iさん:日本はコロナ感染者が何故少ないのかについて。
‘本人はマスクを付ける習慣があること
日本語の発声方法は唾が飛ぶようなものが少ないため
Mさん:映画「鬼滅の刃」を鑑賞してきた。
原作漫画を読んでいたため内容と結末を知っていたにも関わらず泣きそうになった。
余韻で誰かとこの話をしたいが気持ちを共有できる人が身近におらず残念。
Sさん:Go Toトラベルを利用したらディナー朝食付き4万のプランがなんと2万5千円に。
早めに調べて使ってみることをお勧めする。

◆2分間テーブルトピックス
本日はNさんが担当で、キャッチボール形式を考案されました。
Nさんが質問に合わせてボールを投げる動作をして、回答者が受け取る動作をすることで会場に一体感が生まれました。
日頃意識をしていることは?
⇒Oさん:ベッドから落ちて腱を切ってしまいリハビリをしている。
先生から色々とアドバイス受けトレーニングを意識的に実践していると、思いがけず猫背が解消するという副次的な効果があり、
肝心なケガの治療もさることながらそちらのほうも有益であった。
様々なGoToイベントで経済再生の支援が行われている昨今であるが、あなたなら何を支援(応援)したいか?
⇒Yさん:10年前にロードバイクにはまっていた。
風景も楽しみながら参加できる「しまなみ海道」のイベントに出てみたいと思っているので、このイベントを応援したい。
嫌い(苦手)な人との付き合い方は?
⇒Nさん:苦手な人は一緒にいることの多いので夫。
綺麗好きな性格で年を取って穏やかにはなってきているものの厳しいことを言われる。自分がいい加減な面もあり、耳が痛いことも言われていたが、
そんな姿を見ていた子供が全うに育ってくれたことを考えるとこういった付き合い方も良かったと思う。
最近買って良かったと思うものは?
⇒Sさん:コーヒーが好きで最近水出しコーヒーのドリッパーを購入した。
4〜5時間掛けてポタポタ1滴ずつ溜まっていくコーヒーの味は店で提供されるものの引けを取らない。
コロナ渦の今、家でゆっくり楽しむのに最適。
物が壊れた時、あなたは修理して使う派?新たに購入派?
⇒Kさん:物に対して神経質な面もあり、長年愛用することが多い。
革靴は5〜6万の靴を5〜6足持っていたこともある。
皮の味が出ることを楽しむことも醍醐味の一つである革靴は修理がしやすい構造になっている。
修理の際にはソールを選択するなどの楽しみもある。
便利とリスクはトレードオフの関係だがどちらを取るか?
⇒Iさん:ITに各種手続きのオンライン化など便利な世の中になってきてはいるが、個人情報を出すことには抵抗感があり心配である。
高齢者には難しい面もあり仕組みが移行していくのには時間が掛かると思う。
コロナ前の生活から変わったこと、今後も継続していってほしいことは?
⇒Mさん:ありきたりだが仕事にテレワークが導入された。
コロナ前も働き方改革でテレワークを推進を掲げられていたものも一向に進まなかったが、差し迫った状況となるとあっさりと受け入れられた。
心にゆとりを持つためにもテレワークという選択肢はコロナ後も継続されると良いと思う。

◆準備スピーチ
本日のスピーカーはIさんです。
題「死ぬ瞬間に後悔しないために」
突然あたり前があたり前でなくなってしまう現在、悔いのない人生を送るにはどうしたら良いか。人生は大なり小なり後悔を繰り返すが、
人生最後の時は取り返せないという誰でも思う所があり、大変考えさせられるテーマです。
オーストラリアの週末介護に携わっていた方がヒアリングをした「死を迎える瞬間(間際)の後悔」の統計を取った結果は
1. 働きすぎなければ良かった。
2. 友人と連絡を取り続ければ良かった。
3. 自分の気持ちを伝えれば良かった。
4. 幸せを諦めなければ良かった。
5. 自分の人生に正直に生きれば良かった
ということでした。
Iさんも小学生の時には恥じらいがありできなかったことがあり、やっとできたのが社会人になってからでした。
大人になってからもやりたくてもできなかったこともありました。
その一つがヨガであり、やってみたら思った以上に自分にあっていると感じ、
今ではヨガインストラクターになるための資格を取得を目指し、勉強まで始めるようになりました。
「目の前の選択肢は正直に選ぶ。自分が大切な事を選ぶ生活をしてみませんか。
死ぬときに後悔しないために・・・。」と結んでいます。

◆受賞者発表
ベストテーブルトピックス賞:Yさん
ベスト論評賞:Oさん
ベストスピーカー賞:Iさん

◆まとめ
長らくオンラインを駆使して行われていた例会が、ようやく会場のみで開催できるようになりました。
今回はたまたまオンライン参加希望者が少なかったこともあり会場のみでの開催される運びとなった事情もありますが、
最悪の状況を脱して少しずつ正常な世の中に戻ってきていることを身近に感じられた次第です。
しかしながら、コロナ前にはなかったオンラインを織り交ぜて開催でいるという新たな武器を手に入れたとも言えます。
コロナに限らず自然災害も多発している昨今、台風や大雪の日でも例会を開催できる環境が整ったことは大きな飛躍なのではとも感じます。
今後も様々なライフスタイルに寄り添える形での例会が開催されていければ望ましいのではと思っております。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2