ログイン
メインメニュー


例会記録 : 2020年12月19日(土)溝の口トーストマスターズクラブ343回例会
投稿者: vppr 投稿日時: 2021-1-10 15:27:42 (123 ヒット)

今年最後の第343回例会も、オンラインと会場のハイブリッドとなりました。  
コロナ禍で会合を続けていくために、色々と創意工夫を凝らしてきた2020年でした。
冒頭、会長より先日の新人戦で善戦されたSさんの紹介があり、Sさんからは「練習の繰り返しが大切だ」というコメントがありました。 
続いて、11月にゲスト参加してもらったYさんの入会式。新たな仲間を迎えることができて嬉しい限りです。

本日の司会進行は久々に会場に来て頂いたYさん、時間が押す中、見事な時間配分で進行をされました。

今日の言葉はNさんより「上機嫌」。新聞記事にあったフキハラ(不機嫌ハラスメント)を見て、家庭もトーストマスターも人生も「上機嫌でやろうよ」という提言でした。
比較的使いやすい「今日の言葉」で、スピーチの随所に皆さん、使うことができました。

続いて、2分間テーブルトピックス、進行役はSさん。
本日のお題は、以下の5つでした。
 1.スピーチの練習:Iさん
 2.選択制夫婦別姓:Kさん
 3.時間の有効活用:Tさん
 4.最近学んだこと:Yさん
 5.今年の振り返り:Sさん

準備スピーチの部
スピーチ1:「食卓にあるもの」 Sさん
「食卓には愛がある」というCMコピーの出だしから、子供の運動会での父母対抗騎馬戦の体験談でした。
負けをいさぎよしとしない母親チームの再戦申し込みをユーモア交えてのスピーチでした。その日の夕食にハラハラしたというエピソードで、「食卓には愛も怒りもある」というメッセージでした。

スピーチ2:「巻き込み力の教え」 Sさん
ご自身の新人社会人経験でのメンターを取り上げてのスピーチでした。
セールス資料の作り方で、周りの意見を自分は批判と捉えていたことを、先輩はFeed Backと捉えて更に改善を図っていたというエピソードでした。
登場人物をユーモア的に紹介してもらえ、その場が想像できました。

論評部の司会はベテランNさんでした。テーブルトピックスや論評者へのフィードバックは、参考となる総合論評でした。

受賞者
ベストTT賞:Sさん
ベスト論評賞:Kさん
ベストスピーカー賞:Sさん

次回の例会は、1月16日(土)です。オンラインでの開催ですので、気軽に溝の口トーストマスターズに見学してくださいね。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2