ログイン
メインメニュー


例会記録 : スピーチマラソン例会!第40回例会
投稿者: vppr 投稿日時: 2008-2-3 18:45:42 (1040 ヒット)

2月2日、てくのかわさき第5研修室にて第40回例会が開催されました。TM以外のゲストの方が2名、総勢22名の例会となりました。会長のF山さんがお身内のご不幸のため参加出来なかったため、ボスT木さんの挨拶から例会が始まりました。

今回の司会は2回目となる人生横滑りのT岡さん、ヘルパーの方は計時係はHさん、集計係はF岡さん、えーと係はK妻さん、文法係はO江さんが行いました。

準備スピーチは7名。
最初のスピーカーは2回目のスピーチとなるN尾さん、「恵まれた時代に生きるって大変?」というタイトルで、自由と向き合う若者達というようなテーマに真剣に向き合った上で出てきた意見をスピーチされました。

2番目のスピーカーは2回目となるE根さん、「やりたいだけでは、何も始まらない」というタイトルで、やりたいことがあるなら今すぐに行動すべしというとてもメッセージ性が高いやる気が出てくるようなスピーチでした。oo

3番目のスピーカーは2回目となるS水さん、「演歌のこころ」というタイトルで、演歌が最近人気が減っていること、でも小さなレコード屋やお客さんや演歌への愛情たっぷりで頑張っていることなどスピーチされました。

4番目のスピーカーは3回目となるW月さん、「やんちゃ」というタイトルで、幼い頃とてもいたずら好きだったこと、中学の旅行のときに旅館の天井が抜けることをしてしまったことなどをユーモアたっぷりにスピーチされました。

5番目のスピーカーは3回目となるS田さん、「声」というタイトルで、松田聖子の声がとても好きだったこと、また声のトーンには色々ありとても重要なことというスピーチでした。

6番目のスピーカーは4回目となるE田さん、「クライミングへの誘い」というタイトルで、クライミングの道具を用い分りやすくクライミングの魅力や動きを説明するスピーチでした。

7番目のスピーカーは6回目となるI原さん、「四字熟語でできる男に見せる」というタイトルで、いつもの如くユーモアたっぷりに四字熟語を日常会話で使いながら男っぷりをあげることを実演してみせてくれました。oo

ベスト論評者はT屋さん、2位はN東さん。ベストスピーカーはI原さん、2位はW月さんでした。



次回の例会は高津市民館にて2月16日にて行います。是非参加して下さいね。~~

印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2