ログイン
メインメニュー


例会記録 : ゲスト2名参加!第52回例会
投稿者: vppr 投稿日時: 2008-8-5 22:52:10 (806 ヒット)

8月2日第52回例会が開催されました。
出席者は21名、ゲストとして、エリアガバナー(支部長のようなもの?)のK村さん、そして1回目見学者のK田さんも出席されました。

まず前会長のF山さんから、うれしいお知らせとして、溝の口TMCが最優秀クラブリボンが授与されたことが発表されました。


そして今日の司会はT山さん、肩の力の抜けた、リラックスした進行ぶりでした。
随所随所でのアドリブ力も光っていました。

今日の言葉の発表は何と去年12月以来の出席となるM内さん。
もともと別の言葉を用意していたのですが、本日メンバーからかけられた言葉「(お)久しぶり」へ変更したとのことでした。

そして計時係のF澤さん、えーとカウンタのS川さん、文法係のM浦さんから役割の説明がありました。

今日の即興スピーチは2分間でした。
司会はT岡さん、ドラえもんの道具をネタに以下のテーマで5人が即興スピーチを行いました。
T岡さんテーマの設定が新鮮で、話し手の人間性も垣間見えたため大変盛り上がったものとなりました。

テーマ1:オトコンナ S井さん
テーマ2:透明人間目薬 M内さん
テーマ3:どこでもドア Hさん
テーマ4:スモールライト Y本さん
テーマ5:Yロウ S野さん

今回の準備スピーチは5人
最初のスピーカーは2回目のスピーチとなるY本さん。
タイトルは「ネットで儲けよう大作戦★」
Y本さん秘伝のネットで儲ける裏技満載のとても楽しいスピーチでした。

2番目のスピーカーは3回目スピーチのY沼さん。
タイトルは「支えあって」
地域の高齢者の方との交流を題材にした内容でした。
久しぶりのスピーチということでかなり緊張していた様子でしたが
スピーチの内容はわかりやすかったと思います、また声もよく通っていました。

3番目のスピーカーは4回目スピーチとなるF岡さん。
タイトルは「信じるしかない」
ご自身が所属していた5人しかいない柔道部について、いかに強くするかを
メンバー全員で真剣に考えたこと、それが今考えるとバカバカしいと思える内容であったとしても
当時はその内容が正しいと信じていたこと、また結果的にはそれが正しかったという
ユーモアと笑いタップリのスピーチでした。

4番目のスピーカーも4回目のスピーチとなるA部さん。
タイトルは「風をつかめ」
A部さんが学生時代に熱中していたウインドサーフィンについて
ウインドサーフィンがどのようにして前にすすむのか
競技では相手とのどのような駆け引きがあるのか、
といった内容についてホワイトボードをフルに使用したわかり易いスピーチとなりました。

5番目のスピーチは6回目スピーチのF本さん。
タイトルは「乾杯」
F本さんのスピーチの課題として、スピーチ後半になって口が渇いてしまうこと
それを克服するために、水分を補給するということ、またどうせ補給するならエレガントに
ということで、最後にワイングラスが登場するというサプライズ付きのスピーチとなりました。

ここで5分間の休憩となります。
通常は、トイレに行ったり、他の人との雑談をおこなう人、スピーカーへの一言コメントを渡す人が多いのですが
私はこの後、F本さんの論評をおこなう都合上、この時間を利用して論評の内容を大慌てでまとめに入ります。

そして後半は論評の部となります。

1番目スピーチY本さんへの論評はT木さんが行いました。
タイトル、特に「大作戦★」の部分が胡散臭くてよかったこと
そしてネットで儲ける為の手法について
それぞれ、メリットで引き付けておいて、デメリットで笑いをとる構成が見事だったこと、
そして序論からタイトルへの流れがスムーズだったことを指摘されていました。
改善点としてはスピーチで前に出たのは良かったのですが、ちょっと前に出すぎて
後ろの人には見づらくなったかな、という点を挙げられていました。

2番目スピーチY沼さんへの論評はT屋さんが行いました。
良かった点として、スピーチの組み立て方、高齢化社会への提言、
そして「支えあって」「微力ながら」というように日本語の使い方がとてもきれいだった事、
を挙げていました。改善点としては時間のコントロールの仕方として、3つくらいの実例を中心に
スピーチを組み立てると時間のブレが少ないですよ、というアドバイスをされていました。

3番目スピーチF岡さんへの論評はF川さん
良かった点として、。堂さんがかもし出す安心感▲董璽泙砲△辰織好圈璽銑8斥佞料び方が上手だったこと、を挙げられていました。手の使い方を改善点として挙げられていました。

4番目スピーチA部さんへの論評はT岡さん
良かった点として、態度が堂々としていて落ち着いていたこと
言葉の使い方がうまいこと、そして視覚資材を事前に準備し、それをうまく活用されていたことを挙げられていました。改善点としてスピーチの最後の締め方について、もっと盛り上げる方法をアドバイスされていました。

5番目スピーチF本さんへの論評はS水
序論・本論・結論がはっきりしていて構成がわかりやすかったこと
プロジェクト目標である「言葉を生かせ」の各項目についても全て達成していたこと
そして最後にワイングラスという隠し道具をつかったサプライズがあったことを挙げました。
改善点として、今日のF本さん、体調が良くなかったのかいつもの美声がちょっと影を薄めていたかな?
という点を挙げてみました。

私の論評はいろいろなことを言おうとしすぎて「時間オーバー」で失格に・・・
ただ、これまでの私はどちらかというと話が短かったことを考えると「時間オーバー」というのはある意味「パーソナルベスト更新」とも言えます。(ちょっと強引ですが)
とは言うものの次回からは気をつけたいと思います。

論評が終わると

文法係りのM浦さんから本日の良かった表現として
・人間の器
・相反する
・微力ながら
・支えてさしあげる
などが発表されました。
また、テレビの固有名詞、パソコン系の専門用語はあまり使わないほうが良いとのアドバイスがありました。

えーとカウンタのS川さんからは
「えーと」、「あのー」といった言葉のカウント結果が発表されました。
また、それ以外に「こうー」という言葉を挟む人が多い、との指摘がありました。

全体の例会についてF山さんから総合論評がありました
本日司会のT山さんについて雰囲気作り、準備等がとてもうまくいっていた点
改善点として次のスピーチや論評を行う方は時間通りに例会を進行するためにも
近くで準備をしていてくださいとのアドバイスがありました。(⇒これ私です)
論評者に対しては、改善点を述べた後に、もう少し良かった点を述べる時間をとってほうが良いのでは、との指摘がありました。(⇒これも私、最後の時間がなくなってしまいました。)

総合論評が終わるといよいよ受賞者発表です。

最優秀テーブルトピック(2分間即興スピーチ)賞は、お久しぶりのM内さん
8ヶ月のブランクを全く感じさせない、とても楽しいスピーチでした。

最優秀論評賞は、T屋さん
そして最優秀スピーチは、F岡さんでした。

おめでとうございます!!!

私は今日、失敗ばかりでしたが、
「トーストマスターは失敗する為の場、失敗する為にトーストマスターはある」
と自分に言い聞かせつつ、次のステップアップにつなげたいと思います。

本日、見学にいらっしゃった方、宜しければまた遊びに来てください。
ちょっとブランクがあいちゃった方、いつでもまた来てください大歓迎です。
まだ、迷っている方、一度、のぞいてみて下さい。3回までは見学することができますよ。~~

印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2