ログイン
メインメニュー


例会記録 : Tパパさんおめでとう!そして入会表明も・・〜第53回例会
投稿者: vppr 投稿日時: 2008-8-21 23:17:00 (906 ヒット)

8月16日第53回例会が開催されました。
今回はお盆にもかかわらず満席の盛況ぶりでした。

今日の司会は髪を短くイメチェンしたT岡さんでした。
初めて見学される方を意識した丁寧な説明、役割を持った方への配慮など
気配りが行き届いた司会でした。

今日のゲストは3人、
I原さんのお友達で初見学のHさん
本日1分間即興スピーチの司会をおこなうDイクさんの奥さんのK島さん、
そして3人目は東京インターナショナルより参加のW辺さん
でした。

今日の言葉がT川さんから「経験」と発表がありました。
サッカーの中村俊介さんの著書「察知力」の重要なキーワードとのことです。

1分間テーブルトピックス(即興スピーチ)が始まりました。
司会はDイクさん。
お題は、「厄年」「迷信」「占い」「占星術」
Dイクさんのユーモラスな進行でとても盛り上がったものとなりました。oo

2分間テーブルトピックスはF岡さん、色にまつわるお題が出題されました。
お題は「青」「赤」「黄」「金」でした。
色という珍しいテーマということもありましたが、皆さんうまく自分の体験に結びつけた話をされていました。

今日の準備スピーチが始まりました。

トップバッターは、4回目のスピーチとなるU田さん。
タイトルは「聞き上手になるには」
自分の欠点として話を聞くときの態度を挙げ、どのような聞き方がよいのか
よい例と悪い例を、わかりやすく表現してくれました。
U田さんのスピーチは久しぶりでしたが、癒し効果は健在で、会場全体がとてもリラックスした雰囲気になりました。

次のスピーチは5回目のスピーチとなるS水
タイトルは「エコ・トーキング」
子供の頃から自分の声と話し方にコンプレックスを持っていたこと
それに対して現在試していることとして
「複式呼吸」と「距離感を意識した声の出し方」について説明を行いました。
U田さんのスピーチのおかげでしょうか、とてもリラックスしてスピーチをすることができました。

3番目のスピーチは8回目のスピーチとなるI原さん
タイトルは「超、気持ちいい」
まさに旬のオリンピックを題材に自身の仕事や恋愛についての体験談を絡めた
とても楽しいスピーチとなりました。
「努力が必ずしも結果に結びつかない」というシリアス話題とちょっと下ネタ系の話題のバランスが絶妙でした。

最後のスピーチは10回目のスピーチとなるT山さん
タイトルは「心の筋肉を鍛える」
小学生の頃に転校をして、つらい体験をしたこと
それをドッチボールを通じてクラスに受け入れてもらえるようになったこと
そのような体験を自分自身で克服していくことにより
自分の心の筋肉が鍛えられていくというとても感動的なお話でした。
最後にT山さんの声が震えていたのがとても印象的でした。

休憩がおわると今度は論評の部に入ります。

最初はU田さんへの論評となるS川部長
U田さんのスピーチの良かった点を4つ
.椒妊ランゲージの多用、△錣りやすさ、スピーチの流れ、ど従陲了箸なけ
挙げられていました。
改善点としては「もっと積極的にアピールするようなタイトルにしたほうが良い」
というアドバイスがありました。

次はS水への論評となるK妻さん
聴衆を巻き込んで「複式呼吸」を行ったこと、話す相手との距離を表現するのに
ボールを使ったことがわかりやすかったこと、など、論評初挑戦にもかかわらず
とても注意深くスピーチを観察をおこない、
よかった点を沢山取りあげていただきました。ありがとうございました。

3番目はI原さんへの論評となるF本さん
F本さんからは、I原さんのスピーチの楽しさ、面白さをあげていただきました。
その上で、I原さんのスピーチは本当に楽しい。
だからこそ言いたいことがかすんでしまわないように身振りや声の大きさをもっと意識したらどうか、という鋭いアドバイスがありました。

最後はT山さんのスピーチへの論評をS井さんが行いました。
良かった点として
々柔がPREP法に則っていて明確であったこと、
△弔みが面白いこと
O辰領れが時系列にまとめられわかりやすいこと
ぜ然体で聞きやすかったこと
改善点としては
手の使い方と「話しながら自分で感動してしまわないように」
という点についてアドバイスされていました。


<参考>
PREP法とは話をするときや、考えをまとめるときの構成法のひとつ。
P(Point-要点)、R(Reason-理由)、E(Example-事例)、P(Point-まとめ)
の順番に構成をする方法

そして、時間の報告と投票、さらに文法係とえーと係からの報告がありました。
文法係りのS野さんは国語辞書を持参する、という気合の入れようで
「なんか」「けっこう」を多用する人がいるので注意するようにということ、
良かった表現として「伝えたかったことがぼんやりと霞がかってしまう」
「感情にじわじわと訴える」という2点をあげていました。

最後はボスT木さんの総合論評
楽しい中にも、役割一つ一つについてとても丁寧にコメントされていました。
「なるほど、さすがだな」と思わせるような中身の濃い論評でした。

そしていよいよ受賞者発表・・・
ベスト1分間テーブルトピックス(即興スピーチ)はS井さん
ベスト2分間テーブルトピックスはE田さん
ベスト論評者は、またまたS井さん
そして、ベスト準備スピーチ賞は、T山さんでした。

今回でT山さんは10回の基本スピーチを修了、次回からは上級スピーチとなります。
おめでとうございます!!

T山さんの自然体で流れるようなスピーチは私も目標とさせていただきたいと思います。
今後も楽しいスピーチ、を期待していますのでよろしくお願いいたします。

最後に来週から始まる2分間テーブルトピックスコンテストのキャッチコピーを決める
投票がありました。多くのキャッチコピーが寄せられた中、キャッチコピーはS水作成の
「台本のない2分間」に決定いたしました。

何が起きるかわからない即興スピーチコンテスト、ツボにはまれば誰にでも優勝するチャンスが・・・
スキルのみでなく、運も味方につけた方が勝者になる
そんな即興スピーチコンテスト、次回いよいよ始まります。
興味のあるかた、ぜひ見学にいらしてください。

今回はI原さんのお友達のHさんが入会表明をしていただきました。
この調子ですばらしい仲間がどんどん増えていけばいいですね。~~



















印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2