ログイン
メインメニュー


例会記録 : 大盛況の第19回例会でした!
投稿者: nokuchi 投稿日時: 2007-4-1 6:10:44 (1060 ヒット)

3月31日(土)、てくのかわさきにて第19回溝の口トーストマスターズクラブ例会が開催されました。 今回はトーストマスターズの会員16名、ゲスト6名の、合わせて22名の参加がありました。

今回の例会は、T山さんとT岡さんの入会式からスタート。お二人とも入会式を終了してすぐに役割(集計係と文法係)を担当される熱心さで、今後が楽しみです!

教育の部では会員担当のS野さんが司会に初挑戦。元気いっぱいの司会ぶりに、会場は大いに盛り上がりました。

今回もスピーカーは4名。
最初のスピーカー、N田さんは、近所で行われている井戸端会議の魅力について話されました。 井戸端会議は色々な人と関われるコミュニケーションの場であり、とても意義があるということ、井戸端会議を通じて地元の行事にさんかするきっかけになったことや男性の井戸端会議も近くで開かれているということなど、とても生き生きとお話されました。「もし近所に立ち寄られたら、皆さんもここの井戸端会議に参加してみてはいかがですか?」というメッセージには、「ぜひ行って参加してみたい!」と思わせる説得力がありました

2番目のスピーカーはO原さん。「SAKURA」という題で、主にO原さん自身が、滑り止めの大学に行ったが、4年目に決意し、一番志望する大学に 再受験、見事合格された時の話を、満開の桜に例えてきれいな言葉で表現されました。「人生に最も輝かしいのは、失敗にうちひしがれても、立ち上がって一歩前に踏み出したとき」という引用は、この季節にぴったりな、共感できるメッセージだったと思います。O原さんは近いうちには例会の司会もされる予定で、今後の活躍にますます期待です

3番目のスピーカーは、武蔵小杉トーストマスターズクラブからのゲストスピーカーのN田Yさん。毎回素晴らしいユーモアで、武蔵小杉クラブでも最優秀スピーチの常連です。今回は「世界の常識は、日本の非常識ーイタリア編」という題で、イタリアに出張した際の文化の違いについて、独特の語り口で話され、溝の口でもベストスピーカーを獲得されました

最後に、私、藤山は、初めて会った人と気軽に会話する方法について、「対人関係のコミュニケーション」というトーストマスターズの上級マニュアルを用いながら、説明とロールプレイを行いました。

今回は、全日本の役員、S鳥さんがゲストとしていらしてくださいました。特にゲストや新しい会員に向けて、最後にご挨拶をいただいたのですが、例会の締めを飾る素晴らしいメッセージでした。例会の感想について、溝の口トーストマスターズクラブは「他のクラブと比べても、基本がとてもしっかりしている」「雰囲気が明るい」というコメントをいただきました。S鳥さん自身、日本語のみのクラブには初めて参加されたとのことで、そのクラブが溝の口であったのはこちらとしてもとても嬉しいことです。

例会後、ゲストのI原さんとF川さんが入会表明! 他にも前向きな発言が相次ぎました。さらには、今までもサポーターとしてお世話になってきたO江さんとS井さんが入会表明。
クラブの正式人数は現在13名、正式な入会予定者を含めると15名を超え、ますます楽しく、皆で学べる会となっています!



印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2