ログイン
メインメニュー


例会記録 : 【祝】会員20名達成!第21回例会
投稿者: nokuchi 投稿日時: 2007-4-22 7:53:21 (891 ヒット)

4月21日、溝の口トーストマスターズクラブ 第21回例会が開催されました。

今回も溝の口クラブ初参加のゲスト4名を含む23名が参加し、大盛況の例会となりました。以前から入会を表明していたO谷さんが正式に入会式を行い、20人目の会員となりました

これにて、溝の口トーストマスターズクラブは会員20名を達成。チャーター要件をついに満たしました!


本日の例会は、このようなおめでたい状況の中、スピーチのレベルも非常に高いものがありました。
アイス・ブレーカー(入会後初のスピーチ)はT岡さんとT山さんの2名が行いました。T岡さんは「想い出」という題で、青森から上京したときのお話をされました。東京に来て最初の頃の失敗談、今は東京に来て生まれ変わったと思えるということ、「60歳になったときには、30歳の今頃を思い出すことでしょう。これからどんな想い出を残せるのかが楽しみです」という締めくくりなど、笑いあり、感動ありのスピーチでした。

T山さんは家族についてのこと、そしてサッカーについてのことの二部構成でスピーチを展開されました。家族、そしてサッカーに懸ける気持ちがとてもよく伝わってくるスピーチでした。会社をやめてワールドカップへ行った!というお話は、2010年のワールドカップの季節になっても思い出しそうなほど強いインパクトですね

3人目のスピーカーはS川さんで、2回目のスピーチ。「作る」という題で、ものづくりの面白さ、大切さ、飛行機の機内で使う炊飯器を実際に「作った」時の苦労したことや感動などを、熱意をもって語られました。「自分の作ったものは、誰に何を言われようが宝物です。」という最後の締めがとても印象的でした。クラブの会員の中で、S川さんのような「ものづくり」の仕事に携わっている人があまり多くないからこそ、逆に聴衆には新鮮で、訴えるものがあったと思います。

最後のスピーカーはS野さん。選挙演説を例に取り、スピーチ力の大切さを訴えるお話で、本日のベスト賞となりました。スピーチ力のある候補がもっと増えれば、きっと日本の選挙も変わってくる。もしトーストマスターズの会員が市議会議員の選挙に出て、実際に当選したらどうなるか?というシナリオを想像力豊かにお話されました。近い将来、溝の口の駅前で本当に街頭演説をしているS野さんが目に浮かびそうな、説得力ある「スピーチについてのスピーチ」でした。

また、テーブルトピックス(即興スピーチ)ではI島さんが、「人生で初」という司会に挑戦。「引越し」「転職」「運動会」などの話題について語る、というお題で、テンポ良く参加者に当てていきました。
ゲストや新会員の方も参加され、初めてながらとても分かりやすく、かつ楽しいお話をしていたのが印象的でした。

例会後、ゲストのE田さんとY口さんが入会表明 チャーター申請はめでたく22名で、ということになりました。
また、入ったばかりのF澤さんが会計に立候補し、今後のクラブの運営面でも新しい力に期待できそうです

印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2