ログイン
メインメニュー


例会記録 : 5月1日(土) 第95回例会「一緒に論評を考えるワークショップ」開催
投稿者: nokuchi 投稿日時: 2010-5-5 8:58:35 (771 ヒット)

今回は、「一緒に論評を考えるワークショップ」ということで、昨年のD76日本語国際スピーチコンテストで優勝もされているK林さんにワークショップを開催して頂きました。
なんと、今回は、総勢42名!溝の口クラブよりも他クラブからゲストで来て頂いた方のほうが多かったです。しかし、大勢の方が集まり、熱気あふれる例会になりました。
ゲストで来て頂いた、横浜フロンティアTMC、新橋TMC、青山ランチTMC、大和バイリンガルTMC他の皆様、どうもありがとうございました。
そして、今日は、なんと、埼玉のD食道場から、我らのI原会長が駆け付け、いつもの通り、皆さんを笑いの渦に巻き込みました。さすが、見事な会長捌き!
その後、Y岸さん、M好さんの入会式。大勢の前での入会式で緊張されたと思いますが、きっと記憶に残る入会式になったのではないかと思います。
そして、いよいよ、K林さんのワークショップが始まりました。
学びたいことの共有から始まり、そして、デモスピーチ。今回は、#1アイスブレーカーのF岡さん。タイトルは「未知の世界への飢え」。いきなりのアイスブレークでこんなに大勢の前でスピーチをされるなんて。きっと、どきどきされていたと思います。これまでの人生の10年間を振り返り、一貫していたことが、未知の世界への飢え・未知との交流をしたいという気持ちであった。トーストマスターズに入った理由も、この気持ちからであり、自分自身のコミュニケーションの力を再構築し大きく伸ばしたいという力強いスピーチでした。
そして、このデモスピーチに対して、参加者の論評、E田さん、S井さんの論評。更には、論評に対する論評、最後には、スピーカー自身がこれまでの論評を聞いたうえで、自分自身を論評するというように、あらゆる面から「論評」を体験することができた、とっても深い内容でした。(こんな経験は初めてなり)
その後、K林さんの「論評」についての講義がありました。
今回、受講して、論評というのも一つの「コミュニケーション」であるのだということを一番強く感じました。スピーカーのことを良く見て、良く感じて、率直に伝えること。
なにか大切な人生の宝物を頂いた感じです。K林さん、本当にありがとうございました!
言葉では言い尽くせないですが、非常に密度の濃い、実りある時間でした。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2