ログイン
メインメニュー


投稿者: vppr 投稿日時: 2018-9-8 21:36:06 (10 ヒット)



本日の例会の会場に入って驚いたのは、人の多さです。空席がない満席状態でした。本日はゲストの方5名を迎え、いつも以上に活気のある、にぎやかな雰囲気の中、例会がスタートしました。

はじめに、I会長から、神奈川トーストマスターズクラブの300回記念のイベントに参加した報告がありました。趣向を凝らした盛大なイベントだったという報告でした。溝の口トーストマスターズクラブも今回が290回例会で、もうすぐ300回を迎えます。300回記念例会に向けて準備を進めていくというお話がありました。どんな例会になるのか今から楽しみです。

続いてゲスト紹介がありました。本日はディビジョンディレクターの方や他のクラブの方など5名のゲストの方が参加してくださいました。他のクラブの方々と交流ができるのもトーストマスターズの良さですね。とても良い刺激になります。

今日のトーストマスターはT川さんです。いつもより人数もゲストも多く、内容もいつもとは少し違う例会ですが、T川さんは全く緊張感も感じさせず、落ち着いて、抜群の安定感で進行を務めていました。

次にN島さんから「今日の言葉」が発表されました。「今日の言葉」は「さわやか」でした。新たな気持ち、新鮮な気持ちを表す言葉で、自分の好きな言葉である「さわやか」を選んだというお話がありました。

計時係、集計係、文法係、えーとカウンター、例会記録係のヘルパー紹介があった後、S木さんによる2分間テーブルトピックスが始まりました。S木さんのユーモアを交え、楽しい雰囲気の中で行われました。時間の関係で本日のお題は2問でした。
1.失敗したこと(スピーカー:Y田さん)
2.この夏やり残したこと(スピーカー:B場さん)

次は準備スピーチの部です。本日の準備スピーチは2本でした。
スピーカーの2人は、現会長と前々会長です。「今日は会長対決です」というT川さんの紹介から始まりました。
1本目は現会長のIさんです。タイトルは「扉を開いたその先に」です。
トーストマスターズに入会するいきさつから始まり、入会してから現在に至るまでの経験をお話ししていました。新しい扉を一つ一つ開いて、チャレンジすることで得られるもののすばらしさをお話ししていました。話をするIさんの表情や身振り手振り、姿勢からも、いかに素晴らしいものを得たのかということが十分伝わってきました。「私も何かにチャレンジしてみよう!」そんな勇気をいただいたスピーチでした。

2本目は前々会長のN原さんです。タイトルは「インターネットからのメッセージ」です。
N原さんのユーモアがいろんなところにちりばめられた、とても楽しいスピーチでした。パソコンやスマホの持ち主が亡くなった後、パソコンやスマホのデータはどうするのか、どうなるのかというお話がありました。身近な問題なだけに、スピーチを聴いた人は「自分も考えなければ」と気づかされたのではないでしょうか。それと同時に、私は愛犬がその後無事に見つかったのかも大変気になりました。(スピーチを聴いた人にしかわからない内容ですが)

本日は2本のスピーチで本数としては少なめでしたが、さすが会長対決でした。とても聴きごたえのあるスピーチでした。

いつもなら、準備スピーチのあと休憩をとり、論評の部に入りますが、今日は時間の関係で休憩なしで論評も部が始まりました。司会は大Sさんです。

1人目の論評はS島さんです。良い点を3つ、改善点を1つ的確に指摘していました。改善点では、具体的にこうしていたらという指摘があり、スピーカーにとって有益な論評でした。
2人目の論評はA井さんです。良い点を3つ、改善点を1つ的確に指摘していました。全体にユーモアも交えながらも、「構成を組みなおしたら」など、するどい指摘をされていました。

今回は休憩時間がなく、準備の時間が全くない中で、2人ともしっかりと論評を行っていました。

休憩の後、S村さんによる「Pathway講習会」が行われました。
多くの方が自分のパソコンを持参して、熱心にS村さんの講習を受けていました。慣れない作業に悪戦苦闘する人も多かったようですが、約1時間の講習の後、質問の時間を多くとって、S村さんにいろいろな疑問や質問に丁寧に答えていただくことで、みなさんの理解も深まったようです。やはり、身近に詳しい人がいるということは、心強く、ありがたいですね。Patyhwayを活用して、スピーチの向上に役立てていきたいと思いました。

最後は例会の受賞者発表です。
最優秀テーブルトピックス賞は、Y田さん、
最優秀論評賞は、A井さん、
最優秀準備スピーチ賞は、N原さんが、それぞれ受賞しました。
受賞者のみなさん、おめでとうございます。

今回はゲストの方々にたくさん来ていただき、会長対決の準備スピーチあり、講習会ありと、中身の濃い例会となりました。


投稿者: vppr 投稿日時: 2018-8-26 22:42:32 (31 ヒット)



最初はI会長からの冒頭の挨拶です。

お盆を実家で過ごしダラダラしていたが、例会を迎えてスイッチが入るという話と
少し涼しくなり昔はこの時期に宿題をまとめてやっていたので、少しざわざわと
落ち着かない感じがあるといった話がありました。

そしてこの日は嬉しい事に新しい仲間を迎える入会式がありました。
会員担当のO田さんも前会員担当だったI会長と連携しながらスムーズに進行しました。

この日に入会したS崎さんもしっかりとした挨拶をして、みんな感心していました。
とても若い会員さんで溝の口TMの平均年齢を大きく引き下げる事となります。

今日のトーストマスターは安定と信頼のA希さんです。
「今日の言葉」はN本さんで「たなぼた」でした。
トーストマスターのA希さんから略語を使ったのは初めてかもとコメントがありました。

計時係、集計係、文法係、えーとカウンタ、例会記録係のルール説明があった後、
N登さんによる2分間テーブルトピックス(即興スピーチ)が始まりました。

・悪い事があった時のリフレッシュ法(スピーカー:I田さん)
・お盆にまつわる話(スピーカー:O河さん)
・1日30時間あったら何をするか(スピーカー:Tさん)
・オリンピックに出られるとしたら何の種目が良いか(スピーカー:S崎さん)
・この夏にあきらめてしまった事(スピーカー:M野さん)
・私の選ぶ良い景観の場所(スピーカー:I会長)

N登さんはテーブルトピックスマスターが初めてとの事でしたが、
TMODと時間を確認しながら、とてもスムーズに進行していました。
後半はネタ切れと言いながらサザンの曲にまつわるテーマを設定するという
とても斬新で参考になる話題を展開していました。

本日の準備スピーチは2本でした。

1本目はK村さんの「ストレス解消法について」でした。
ストレス解消法についての話でしたが、癒されるような語り口調でスピーチを聞いてる
だけでストレスが癒されそうでした。
アロマの専門的な見地からの内容も含まれており、少し難しい内容もありましたが、
とても参考になる解消法も紹介されてました。

2本目はY田さんの「軍歌「戦友」」でした。
こちらは大きく空気が変わって、戦争をテーマにした深い内容でした。
学校ではあまり触れられない近現代史の内容で難しいテーマをバランスよく
見事なスピーチでまとめていたと思います。

10分間の休憩の後、トーストマスターから総合論評のK下さんに司会をバトンタッチ。

1人目の論評は、I藤さんで、スピーチの内容に触れながら丁寧に論評をしていました。
2人目の論評は、K林さんで、良い点3つ、改善点1つを的確に指摘していました。

その後K下さんからもたっぷりと時間をかけながら的確に全体の総合論評を行い、
特にテーブルトピックが初という事でスピーチの論評のごとくフィードバックをされてました。

最後は例会の優賞者発表です。
最優秀テーブルトピックス賞は、ゲストのTさん、
最優秀論評賞は、K林さん、
最優秀準備スピーチ賞は、Y田さんが、それぞれ受賞されました。

今回は休み明けの少しまろやかな雰囲気で始まりながら緊張感のあるスピーチもあり、
硬軟と緩急そなえた楽しく勉強になる例会となりました。


投稿者: vppr 投稿日時: 2018-8-17 22:30:59 (34 ヒット)


溝の口トーストマスターズクラブ第288回例会が多摩市民館で開催されました。

今回はクラブメンバー11人といつもより少ないですが、前回に引き続き2回目の見学に来てくださったSさんを交えて、猛暑に負けない楽しい例会スタートです。

TMODは、今期VPEでもあるS木さん。
準備スピーチなしの例会でしたが、グッド&ニューセッション、テーブルトピックス×2の構成でいつもより即興性が求められるスリリングな例会を見事にコントロールしてくださいました。

まずはヘルパー紹介。入会して日が浅い皆さんのヘルパー紹介が、回を追うごとにスムーズに、分かりやすくなってきているのが嬉しいです♪

今日の言葉は、M野さん。今、どうしても頭に浮かんでしまう「猛暑」から「猛」を使って、『猛烈』を今日の言葉にされました。使いやすくて良いですね。

続いて、グッド&ニューセッションのコーナー。グッド&ニューセッションは、直近24時間以内に起こった身の回りのグッドニュースを全員が順番に話すという、準備スピーチがないときに発動する特別コーナーです。今回は、TMODのS木さんのアレンジで直近24時間に限らず、最近起こった良い出来事かまたは、今日の言葉「猛烈」に絡む話がお題。
グッド&ニューセッションの一部をご紹介。

S木さん:ホームランバーを買ったら2回も当たりが出た。悔しそうな子供には悪いけど。
N登さん:会社に地元山梨の桃が贈られてきた。猛暑に負けず大きく育った桃に郷土愛とともに嬉しさを感じた。
K下Aさん:玄米7号食でダイエットに成功!
Iさん:いつかやってみようと思ってたボイストレーニングの体験レッスンが楽しかった
O田さん:数か月前に仲間と半ば強制的に始めたマラソンがだんだん盛り上がってきた
ゲストSさん:大学の写真部の合宿で、普段は出来ない早起きが出来て、朝露など早朝の自然の姿を写真に収めることができた。
M野さん:毎朝苦しめられてる小杉駅の混雑、将来ホーム増設で緩和されるという希望のニュースを聞いて嬉しかった。

続いてテーブルトピックス第一部 TTマスターはN島さんです。

1.今までで一番寒かった経験は?  K下Aさん
 (猛暑から頭を切り替えさせてくれるナイスなお題です)
子供のころは数年インドネシアに住んでいたこともあり、あまり寒いと感じた思い出はない。一番寒さを感じたのは、5年前実家の熊本に帰ったとき。九州なので暖かいイメージがあると思うが、意外と東京より寒くなることがある。ただ、雪が降ると嬉しさが勝って、意外と寒さを感じない。

2.海外旅行で印象に残っている経験は?  S島さん
1998年のカンボジア旅行。激しい内戦が終わって、意外と穏やかな空気とまだ残る戦争の爪痕の中で貧しいながらも人々に漲るエネルギーを感じた。その後経済発展を遂げるカンボジアを日本から見ていて、当時日本にいたら分からない貴重な経験が出来たのだと思い出深く印象に残っている。

3.花火の思い出  O田さん
花火の思い出と言えば、子供のころは長良川花火。おなかに響く花火の音をよく覚えている。大人になってからは混雑が嫌であまり行かなくなったが、江ノ島で特等席で見られるレストランで家族と食事をしながら見た花火が印象深い。しかも、私の誕生日。

4.Earthing 自然と触れ合った経験  S村さん
基本的にない。自然と触れ合うより、清潔な都会にいる方が好き。とはいえ、人間は自然と触れ合うのは大事なことだとは思うので、汚れるとか気にせず意識的に自然と戯れるようにしようかなと思う今日この頃。

5.何でも願いを叶えてくれるとしたら何を叶える?  ゲストS崎さん
魔法が使えるようになる、お金をいっぱいもらう、とか色々悩むけど、今一番はルーラ※が使えるようになりたい。一度行ったところにすぐ行けるから猛暑を避けて移動できて嬉しい。
※ドラゴンクエストシリーズの移動用呪文。テレポーテーションのようなもの。

6.最近始めた新しいこと  N登さん
以前からノルディックウォーキングや森林セルフケアのジムに通っていたが、もっと歩きたくなって、近所にできたマシンだけ置いてあるジムに入会した。今、足を怪我してて行けないが、治ったら通いたい。

休憩をはさんで、テーブルトピックス第2弾。TTマスターは、S島さんです。

1.子供のころの夏休みの思い出は?   I田さん
夏休みはあまり何もせずに過ごすことが多かった。終わり間際に宿題を追い込みをかけるぐらい。ただ、修善寺の田舎に住んでたので、父と川で遊んだり、自然と触れ合った思い出がある。都会では風や夏草のにおいで五感を刺激されることが少ないので、子供時代を懐かしく思い出す。

2.何でもいいから宇宙に絡む話 K下Yさん
天の川は我々のいる銀河系を、中心から離れた位置で横から見ている姿。天体観測の技術が上がり、銀河系の中心には巨大なブラックホールがあることが分かってきた。最近の火星最接近のような天体に絡む話があったときには、今日の私の話を思い出して下さい。

3.夏の高校野球、甲子園の暑さ問題の改善策  S木さん
猛烈に暑いから、甲子園に屋根をつけるのが一番いいかもしれないが、簡単ではない。ナイターがいいか、と考えたが、最近は昼に発令された光化学スモッグ警報が夜まで解除されなかったりするから球児の健康を考えるとそれもだめか。甲子園に縛られずに思い切ってドーム球場で開催するのがベストかも。

4.溝の口例会の日に台風が直撃したらどうする?  I
先週T4さんの例会に参加しようとしていたが、台風が来て、当日午前中に中止の連絡が来た。例会は2週に1回しかないので、出来るだけ開催したいが、皆さんの安全が一番大事なので、災害時の対応としては、早めの中止判断が正しいと思う。溝の口でも会長として、同じ対応をすると思う。

5.死刑制度、賛成か、反対か?  M野さん
難しいが、どちらかと言えば、死刑制度自体には賛成。被害者心理を考えると、許せない気持ちがあるだろうし、死刑制度があることで犯罪の抑止力にもなると思う。執行の是非は別として、死刑制度があること自体は賛成。

6.マイベスト夏祭り  N登さん
地元の山梨で、京都の大文字焼きに倣った大文字焼きの夏祭りがあって、花火も上がった。他の地域の大きなお祭りや花火と比べると大したことはないが、地元で自分の家から楽しめるお祭りだったので、自分にとってはマイベスト夏祭り。

TTマスターのN島さん、S島さん、どちらもご自身の話を織り交ぜつつ、時流に合ったお題を提供され、全体として聴きごたえのあるテーブルトピックスコーナーを進行されました。

最後は論評の部、準備スピーチがなかったためスピーチ論評もなく、論評の部はあっさりしたものになりそうでしたが、総合論評のK下Yさんが、全テーブルトピックスに対して論評するという離れ業を見せてくださいました。さすがです。

続いて、ベストTT賞の発表。
TT第一弾はS島さん、TT第二弾はN登さんが見事受賞されました。

そして、最後のゲストさんからの感想の時に、見学2回目のS崎さんが入会を表明してくださいました!とても嬉しいです。

第288回溝の口TMC例会は、即興スピーチ祭りの後、嬉しい入会表明もあり、充実の内容で盛況のうちに終わりました。


投稿者: vppr 投稿日時: 2018-7-23 0:16:35 (66 ヒット)

第287回例会が7月21日、高津市民館で開催されました。

本日は、猛暑の中、ゲストさんも含め19名が参加した熱気あふれる例会となりました。

本日のトーストマスターはAさん、人柄が現れた最初の挨拶は
暑苦しい雰囲気を和やかにさせてくれました。

その後、例会を通して、使う「今日の言葉」はIさんが、これまた、「暑い」という
言葉を選んでくれました。トーストマスターでは、例会を通してこの「今日の言葉」を
使うようにすることで、スピーチの訓練をします。

今日の言葉を紹介してくれた後、トーストマスターのAさんがすかさず、
「暑い、熱い、厚い」どれを使ってもいいことにしましょうかと、
フォローが入ります。こうした、お互いをフォローしあって例会を進めていくのも
トーストマスターズの良いところです。

続いて、ヘルパーの紹介、
計時係:N登さん
集計係:O佛さん
文法係:I田さん
えーとカウンター:S木さん
例会記録係:T川さん

各担当、ゲストに分かりやすい説明を自分の言葉でしていただきました。

続いて、テーブルトピックの部
テーブルトピックマスターのM月さんが、ご自身の話も絡めながら予想もつかないトピックの数々を繰り出し、
いつになく、テーブルトピックらしいてセッションになりました。

1人目は「おすすめの店」
K林さんが、とりあえず並びたくなく、食べられればいいと裏を返した応対で、
テーブルトピックをこなしていました。

2人目は「実は知らなかったこと」
これまた難しいお題をK下さんが、私は物知りだから、知らないことがないと、
こういう困ったときには、逆に開き直ることも必要だと示してくれたようでした。

3人目は「過去正しいと思っていたけど今は違うもの」
N原さんは、昔のドラマの話をしてたばこのポイ捨てが平気でやられていたことを
取り上げていましたが、学生さんだった本日のゲストさんには果たして通じたのでしょうか。

4人目は「暑さ対策」
ゲストのSさん、ゲストといえどもこういうテーブルトピックで当てて、
サイレントを作らないトピックマスターの配慮が感じられました。

5人目は「人気があるけど苦手なもの」
K下さんが、トピックマスターが取り上げたディズニーランドの着ぐるみの話にかぶせて、
絶妙な間で話を膨らませて楽しませてくださいました。

6人目は「おすすめの観光地」
N登さんが、東武ワールドスクエアの話をされていました。私も一度は行ってみたいものです。

続いて、準備スピーチの部
1人目のスピーカーはM野さん、CC#7トピックのリサーチで
タイトルは「ロストホビー」
ギターが趣味だ、スノーボードが趣味だと言いながら続かない、等身大の自分の話をし、
木刀を繕いうという突拍子もない話へ展開してのスピーチ、なかなか楽しいスピーチでした。

2人目のスピーカーはIさん、これまたCC#7トピックのリサーチをターゲットに、
タイトルは「死ぬ間際に公開しないために」
誰もが後悔することを題材に、軽い話から入って行って、後半はオーストラリアの調査を題材に、
皆さんが死ぬ前に後悔することは何かを考えさせられる。重い話へと展開した素晴らしい構成の
スピーチでした。

休憩をはさんで、論評は、
1人目のスピーカの論評 K下さん
2人目のスピーカの論評 Y田さん

それぞれ、スピーカの癖やスピーチの良いところを指摘し改善点も的確に上げている
素晴らしい論評でした。

総合論評のS村さんは例会全体を通した振り返りをしてくださいました。
例会最後には、恒例の表彰式、

受賞者:
ベストT.T賞はN登さん
ベスト論評賞はY田さん
ベストスピーカはIさん

本日も活気あふれる例会で、真夏の暑さにも負けない
熱い例会となりました。

ゲストさんもとても楽しんで2時間を過ごしてくれたかと思います。







投稿者: vppr 投稿日時: 2018-7-22 0:17:25 (53 ヒット)



第286回例会が7月7日(土)に大山街道ふるさと館で開催されました。

私個人としては久しぶりの参加でドキドキでしたがいつものようにあたたかく迎えていただき感謝感激でした。

いつの間にか新年度になっており新年度の初めての例会でした。
トーストマスターは7月から新年度だったのです。

最初に前回、出来なかった前会長K下Yさんより退任のご挨拶がありました。

急遽バトンタッチしたにもかかわらず安定した運営、新しい提案など、
いつもひょうひょうとした表情でお話しされていたので、さぞかし楽勝だったのではと思いましたが、
裏方としての仕事のご苦労、例会の挨拶など朝いろいろ考えていらっしゃっていたとのことで本当にお疲れさまでした。

続いて新会長Iさんからのご挨拶があり、スローガンを掲げていただきました。

「楽、チャレンジ、溝の口」

ノーリスク、ハイリターン、失敗しても失うものはありません。
成功は喜び、チャレンジする空気を大切にしたい
という素晴らしいアットホームな溝の口らしいスローガンがとっても素敵です!
TMODはS島さん、いつも落ちついた段取りでコメントに説得力があります。


ゲストは、エリア94ディレクターのT原さんの紹介がありました。

「今日の言葉」はN登さんで「浮足立つ」と「浮き立つ」の2種類。
「浮足立つ」とは恐怖や不安で落ち着きがなくなること。
「浮き立つ」とは楽しくなって落ち着きがなくなること。

私は早速、例会記録係のヘルパー紹介で「浮足立つ」を使ってみました。

ヘルパー紹介:
時計係り:S木さん
集計係り:O田さん
文法係り:I田さん
えーとカウンター:N島さん
例会記録係:K村


2分間テーブルトピックスではK下Aさんから、「マイブーム」についてはT原さん、
「飼育・ペット」についてはK下Yさん、「サッカーW杯」についてはA井さん、
「七夕の思い出」についてはK村、「ゆかた」についてはIさんがお話しされていました。

準備スピーチは3本ありました。

1人目はI藤さんの「環境破壊」
イースター島の環境破壊の歴史からひも解く、現在の食糧問題、太陽光、風力、地熱など提起されて、
西日本の豪雨もありタイムリーな考え深いお話しでした。

2人目はO佛さんの「注意一秒けが一生」
とってもユーモアのあるスピーチで聞き入ってしまいました。私も使ってみようと思う表現もあり、
楽しかったです。

3人目はS村さんの「私の恩人」
トーストマスターで友情とともにスピーチの技術を高める存在がいらっしゃるとのことで、
私もそのような方を見つけたいと思いました。

休憩後、評論の部が始まりました。

スピーカーI藤さんの評論はN原さん、
スピーカーO佛さんの評論はA井さん、
スピーカーS村さんの評論はK下Yさん

例会全体の総合論評は、N本さん

どの論評者もあたたかく優しくてかつ適格なコメントでいつも勉強になります。


受賞者:
ベストT.T賞はIさん
ベスト評論賞はK下Yさん
ベストスピーカー賞はO佛さん

連絡事項では、他のクラブに見学に行く方がいらっしゃれば連絡し都合が合えば一緒に行くことにする。
また、期の切り替えなので飲み会が本日あります。

新年度、はじめての例会でしたがいつも通り、アットホームな雰囲気のなかでも緊張感もあり、
素敵なお話しをたくさん聴けて有意義な時間でした。


(1) 2 3 4 ... 45 »

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2