ログイン
メインメニュー


投稿者: vppr 投稿日時: 2019-11-25 17:21:05 (31 ヒット)




2019年11月2日(土)に第317回の例会が高津市民館で開催されました。

会長代理としてSaさんが挨拶され、出席人数が少ない中、
エリアディレクターのWさんがゲストに来てくださりました。


また、テーブルトピックスを二部構成にするだけでなく、
グッド&ニュースセッションも取り入れた工夫を凝らしたプログラムでスタートしました。


本日の司会はIzさん。
そして、今日の言葉は、Snさんが「雲泥の差」と提示されました。


第一部のテーブルトピックスでは、Smさんから、
「雲泥の差を感じたエピソード」
「ツルの一声が効果的なときはどんな時?」
「渋谷の思い出」
「海外の人達におすすめするスポット」
「あなたが、にわかファンと思ったこと」
「あなたが世界遺産を認定するならどこか」
についてのお題が出されました。


第二部のテーブルトピックスは、Nさんから、
「あなたにとってのロスとロスからの回復方法」
「あなたの中のかわいいズボラさとは」
「コンピュータで制御できたらいいなと思っていること」
「本当は違うと思いながらも仕方ないと思う事例」
「メディアの力について」
のお題が出されました。

続いて、Itさんによる準備スピーチで、
「それでもレジ袋をもらいますか?」でした。
環境についてあらためて考えさせられる大切なお話でした。

休憩を挟んで、グッド&ニュースセッションで出席者がひとりずつ最近のよかったお話をされました。

受賞者の発表は、ベストT.T賞は、Oさん、
ベスト論評賞は、Smさん、ベストスピーカー賞はItさんでした。


今回は、人数が少なかったものの、各自の話す機会が増えたプログラムとなり、
今年度の溝の口TMの目標につながる例会となりました。


投稿者: vppr 投稿日時: 2019-10-23 21:27:21 (70 ヒット)




台風19号の影響の影響は甚大。その影響もあり参加人数も少ない例会となる。
それでも最終的に13名となりました。役割重複もありましたが、滞りなくすることができました。

会長挨拶:会長のOkさんがお休みのため会長代理Sjさんの挨拶。台風の影響に言及され、皆のことを気遣うコメントでした。
TMODはNkさん。新しいシステムになり、アジェンダ作成に不安があったけれどやってみたら、
スルスルと楽に作成できたことに感激したことや今日この例会を人肌が感じられるものにしたいと述べられていました。
例会中、適切なコメントにも温かさがありました。

今日の言葉担当はYaさん。今日の言葉:獅子奮迅
意味は、獅子がふるい立って暴れまわるように、激しい勢いで物事に対処すること。
陸上のリレーやラグビーは、まさにそのようなスポーツであり、これを観戦していると涙が出ると素直に気持ちを表されました。

ヘルパー紹介
計時係:Ntさん
集計係:It
文法係:Yaさん
えーとカウンタ:Yaさん
例会記録係:It

テーブルトピックス
担当はAsさん。お題の出し方に工夫あり、皆の関心を誘いました。
1〜3ワイドショーネタ3題。
4〜5クロスロードクイズ(災害時に役立つ多数派予測)2題。
お題は以下の5題。
1.明日のラグビー(日本×南アフリカ)の試合の予想をしてください。Izさん
2.東京オリンピックマラソン会場が東京から札幌に変更、その影響についてIt
3.今年の流行語大賞の候補。Ntさん
4.災害時避難所にペットの犬を連れてきますか、それとも家に置いていきますか?Ya
5.避難所で子供が風邪を引いてしまった、家に戻りますか、それとも避難所に留まりますか?Sz

準備スピーチ1:スピーカーはSjさん。革新的な計画立案。L1:基本を習得する。リサーチとプレゼンテーション
タイトル「大人になって分かった歴史を学ぶ意味」
子供のころ歴史に興味なかったのが、大人になって歴史を学ぶことの大切さ必要性に気付き歴史を学びたいと思うようになったと、簡潔で分かりやすい最初の言葉。
2000年以上前の中国秦の始皇帝を例に上げ、始皇帝の中国統一に向けての政策の是非、特に反対者に対する徹底的な締付などを示し、
始皇帝一人に権力集中したことが自らを滅びに導いたと。やはり誰もが支え会い活躍できる社会が理想であると。最後は私たちTMCは理想的であると結ばれました。
話術に優れた、歯切れのよいスピーチに引き込まれました。

準備スピーチ2:AC楽しませるスピーカー#4ドラマチックな話
タイトル「日本人歌手による中国のご当地ソング「無錫旅情」〜その悲哀と秘められた願いは〜」
「無錫市は、中国長江流域にある美しい町〜〜」静かな口調の説明から始まり、雄大な風景が目に浮かぶ表現でした。話は展開します。
1980年代半ば、日中友好で「無錫旅情」という歌が日本人により作られ日本でも大ヒットし歌われるようになった。話はさらに展開。
1988年に上海で起きたで悲しい悲惨な出来事(列車追突事故日本人犠牲者多数)の話に差し掛かり聞き手も緊張するほどうまいスピーチの運びでした。
この事故の衝撃で日本ではこの歌は発売禁止なるが、中国無錫市の人々はこの歌を今でも歌い繋いでいてくれている。大変有難いことですね。日中友好がテーマでした。

論評の部:司会Szさん
2人の論評者
IzさんからSjさんへ:導入の部分で説明がしっかりして、共感度高いテーマ設定等。
SiさんからYmさんへ:日中友好がテーマである、感動的な話を聞けて良かった。
総合論評:Szさん
難しい論評者の論評をうまく論評されていました。すべてのスピーカーに気を配った総合論評でした。

受賞者:
ベストTT賞:Izさん
ベスト論評賞:Izさん 
ベストスピーカー賞:Ymさん 

人数は少なかったけれど、皆の心が一つになりまさに人肌を感じられる良い例会になったと思います。


投稿者: vppr 投稿日時: 2019-10-18 18:34:44 (40 ヒット)




2019年10月5日(土)に第315回の例会が高津市民館で開催されました。

会長のOさんの挨拶の後、昨今の自然災害を考慮して、災害発生時の対応(例会開催の有無の連絡)について説明されました。

本日の司会はSさん。そして、今日の言葉は、O会長が「なぜならば」と提示されました。
四字熟語のお題が多い中で、接続語とは、なかなか斬新な発想です。
ヘルパー紹介では、新しく作られた「お菓子係」も紹介されました。ワクワクするような役割がひとつ増えました。

テーブルトピックスでは、Sさんから、「聞いていたことと、実際に違ったこと」、「消費税について考えること」、
「自分にとっての秋は、どんな秋か」「若い時に取り組んでおけばよかったこと」「今年の夏にやり残したこと」についてのお題が出されました。

準備スピーチの1人目は、Yさんの「妹から学ぶこと」。
前回の同じスピーチをしっかりフィードバックされていて、歯切れよくお話されていました。
2人目のスピーチは、本日、お誕生日のAさんによる「シンプル&スローライフ」。
7年前にアイスブレーカーをされた当時の例会プログラムが配られ、昔を懐かしんむ面々も。
また、舘ひろし似のAさんは、某CMのモノマネをご披露するなど、ライブ感あふれる楽しいスピーチでした。

受賞者の発表は、ベストT.T賞は、Yさん、ベスト論評賞は、Oさん、ベストスピーカー賞はAさんでした。

閉会前の連絡で、混乱の多かった「例会記録係」の名称変更が提案され、
「HPレポーター」に名称が変更となりました。なお、「例会議事録(書記の役)」は、「例会記録」となりました。

また、O会長より、以前実施されたアンケートの結果が報告され、今後の溝の口TMの方向性が語られました。

今回は、新しいことが沢山取り入れられ、今後パワーアップが期待される例会となりました。


投稿者: vppr 投稿日時: 2019-9-29 21:52:08 (76 ヒット)




秋の訪れを感じつつも、まだ暑さも残る。そんな季節の変わり目の中で、
第314回例会がてくのかわさきで開催されました。

本日の司会を務めるTMODは、Iさんでした。
しっかりした事前準備と、例会進行の合間に細やかに発するコメントは
ベテランの域を感じさせる安定した司会運営を終始されていました。

そして「今日の言葉」の担当はNさんでした。
Nさん、意外にも今日の言葉を担当するのは4年ぶりくらいだったそうです。
そんな、Nさんが選んだ言葉は「ヤバい」でした。

若い人とご年配の方で、全く違う意味で用いられている「ヤバい」。
もともとは「厄場」から発展した言葉だという豆知識をしっかりと添えられていました。
そして、その後は皆さん、いろんな意味での「ヤバい」を積極的に使われていました。

その後は、ヘルパー紹介。
今回は、「えーとカウンター」の紹介の中で、担当したNさんより、
NHKの「チコちゃんに叱られる!」の番組で、「えーと」や「あのー」という言葉は、
「発言権を維持するため」や「言いたいことを探している時」に使われる言葉だという紹介がありました。

たしかに、私もスピーチ中の「えーと」や「あのー」が多い方ですが、
いつも言いたいことを頭の中で探しているかもしれませんね。。。

そして、「2分間テーブルトピックス」のお題を担当するのはYさんでした。
今回のテーマは社会問題のトピックスということで、以下のお題が出されました。

「千葉の風台風によるゴルフ場鉄塔倒壊の被害処理について」(Aさん)
「温暖化について」(Nさん)
「高齢者の自動車事故について」(Sさん)
「消費税増税に対する家計対策について」(Mさん)
「消費税UPで進むと思われるキャッシュレス化について」(Nさん)

ニュースなどでよく聞くお題ですが、2分間で自分の意見を話しなさい。
と言われると、なかなか難しいのではないでしょうか。
そんな中でも、皆さん、自分なりの見解をしっかりと述べられましたし、
それぞれの個性、着眼点の違いなども感じられて、参考になる点が多かったです。

そして、本日のお待ちかねの準備スピーチは2本。

最初のスピーカーは、Oさんで、スピーチタイトルは「幸せになる秘訣」。
若い人からご年配の方まで、誰もが興味のあるこのテーマ。
90年も続いている研究の結果、幸せになるために一番大切なことは、
富を得ることでもなく、有名になることでもなく「良い人間関係を築くこと」なんだそうです。
Oさんらしい、表情豊かな素晴らしいスピーチでした。

続いて、2番目のスピーカーは、Iさん。
スピーチタイトル、「知らざぁ言って聞かせやしょう〜名文音読のススメ〜」。
Iさんは、本来はプロジェクタを用いた別のスピーチを予定されていたそうですが、
当日のPC故障で、急遽、過去にもやられたスピーチに変更されたそうです。
そんな大きなトラブルの中でも、冷静に軌道修正してスピーチをやり遂げるIさん。さすがです。

「声に出して読みたい日本語のCD」を通じて、恥ずかし気持ちを感じながらも、音読して、
日本語に魅力を感じる様子をコミカルに演じるスピーチは楽しく、学びのある内容でした。

そして、トーストマスターズには先生がいませんので、
お二人のスピーチをフィードバックする論評の担当は、私SとMさんでした。
論評は、スピーカーの話をしっかり聞いて、そして相手のスピーチを称えて、
もっと良くなるための改善の気づきを促すことが求められますので、いつも実践を通じてよい訓練になります。

受賞者発表は、下記の結果となりました。

ベストテーブルトピック賞:Mさん 
ベスト論評賞:S
ベストスピーチ賞:Oさん


本日も、たくさんの学びあり、意見交換あり、気づきの多い例会となりました。
例会にご興味のある方は、是非見学にいらしてください。 


投稿者: vppr 投稿日時: 2019-9-20 21:50:15 (98 ヒット)




秋らしい気候から一転、夏の暑さが戻ったような熱気のなか、第313回例会が、溝の口の大山街道ふるさと館にて開催されました。

今回は他クラブから3名のゲストさんが参加、例会を盛り上げてくださいました。

進行を務めるTMODは今期ディビジョンIディレクターでもあるベテランのSiさん。さすがの安定感で安心してプログラムに集中できました。

今日の言葉担当はNkさん。
Nkさんから提供された今日の言葉は「だからこそ」
平易な言葉ながらもネガティブな状況をポジティブに転換するときに使えるGoodなワードです。例えば「引越しは荷物が多くて大変、"だからこそ"この機会に断捨離しよう!」といった感じ。皆さん、積極的に使いましょう〜。

ヘルパー紹介の後、即興スピーチ「テーブルトピックス」のコーナー。
今回のテーブルトピックスマスターは会長でもあるOkさん。
Okさんが毎週土曜日の午前中に開催しているカンボジアの友人との公開チャット「みんなでサヴァイ」の中で出た話題をベースに5つのお題を出します。

質問1.あなたの子供観を教えてください  Szさん
質問2.自分の主婦観について ゲストTkさん
質問3.諦めたこと、諦めなかったことは  ゲストIzさん
質問4.失敗から学んだことは  Ymさん
質問5.子供との約束  Ogさん

やや難しいお題もありましたが、話しているうちにご自身の考え方やスタイルが浮き彫りになる秀逸なお題ばかりでした。普段の会話では見えない皆さんの一面を知ることが出来るのもこのテーブルトピックスの魅力です。

テーブルトピックスの後はいよいよ準備スピーチの部です。
今回は急遽欠席になったスピーカーのピンチヒッターでゲストさん2名がスピーチしてくださったこともあり、3本のうち2本がゲストスピーチという珍しい状況でした。

1つ目のスピーチは、入会後2回目のスピーチになるYmさん。
『妹から学ぶこと』
パワフルに社会貢献、ボランティア活動に邁進しながらも、「活動は自分がやってて嬉しいから。偽善者と言われたっていい。偽善者バンザイ」と言い切るめちゃくちゃ素敵な妹さんのことをイキイキと紹介し、
ご自身がそんな妹さんから学んだことを伝える、堂々としたスピーチで、2回目にもかかわらず聴衆を引き付けました。

2つ目のスピーチは今年度中のDTM達成を目指し精力的にスピーチに取り組まれている、ゲストのIsさん。
『富士通トーストマスターズ』
「製品を売り込む」がテーマのプログラムで、ご自身がファウンダーとして立ち上げた富士通トーストマスターズクラブを売り込むスピーチを披露してくださいました。
クラブの魅力を完結に分かりやすくお話しされたスピーチは、「一回見学に行ってみようかな」と思わせる、見事に目的に沿ったスピーチでした。

3つ目のスピーチはこちらもゲスト参加の横浜日吉クラブのTkさんです。
『私の構成要素』
「気難しい聴衆の管理」というテーマのプログラムで、通常のスピーチとは違い、スピーチ中に邪魔してくる聴衆(事前にスピーカーには伏せて役割設定)の妨害をうまくコントロールしてスピーチをやり切るというスピーチ。
「ホワイトボード・ミーティング」というとても実践的なファシリテーションスキルを駆使して、まとまりのある話を組み立てるやり方を説明しながら、気難しい聴衆からの妨害をうまく切り返すというハイレベル技術を見せてくださいました。

Tkさんは9/30に横浜日吉クラブ例会@大倉山記念館で「共感されるスピーチをつくろう」というワークショップをされるとのこと。興味のある方は是非ご参加ください
https://yokohama-hiyoshi-tmc.club/

続いて論評の部。論評の部の司会はMkさんです。

Ymさんスピーチへの論評はIzさん。
Isさんスピーチへの論評はSzさん。
Tkさんスピーチへの論評はYmさん。

論評ではそれぞれのスピーチの良かったところ、改善すると良い点をスピーカーにフィードバックし、今後のスピーチの改善に役立ててもらいます。

Mkさんによる総合論評では、今日役割のあったヘルパーの皆さんや論評者に対して
フィードバックします。
Mkさんらしいきめ細かで丁寧なフィードバックを返されていました。

最後に受賞者発表。
最優秀テーブルトピックス賞は、「自分がされて嫌なことは絶対他人にしない」ことを
子供との約束にしている、というお話をされたOgさん。
最優秀論評賞は、通常とは違うタイプのTkさんのスピーチに対して、適確なフィードバックを返されたYmさん
そして最優秀スピーチ賞は、気難しい聴衆の妨害をうまく切り返しながら実践的なスキルを伝えるスピーチを披露されたTkさんでした。
皆さん、おめでとうございます!

第313回例会も盛況のうちに例会を終え、いつも通り例会後はそのまま会場に残っての茶話会で例会の感想やそれぞれの近況の話に花を咲かせました。

溝の口クラブでは、トーストマスターズに参加したことのないという方の見学参加(飛び入り可)大歓迎ですので、ご興味持たれたら是非お気軽に遊びに来てください!


(1) 2 3 4 ... 51 »

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2