ログイン
メインメニュー


投稿者: vppr 投稿日時: 2018-3-21 22:50:15 (94 ヒット)



第278回例会が3月3日(土)に多摩市民館で開催されました。

K下会長の冒頭の挨拶では、花粉症の舌下免疫療法と
人前で話す耐性をつけるTMCの活動をかけていて、
今回もユニークな挨拶でした。

「今日の言葉」はN原さんが即興で考えた「ふわふわとした」でした。
この日はとても春らしい陽気でぴったりの言葉でした。
メンバーもスピーチや論評でたくさん使っていました。

計時係、集計係、文法係、えーとカウンタ、例会記録係のルール説明後、
S木さん司会の2分間テーブルトピックス(即興スピーチ)が始まりました。

今回はオリンピックから出題されました。

・冬季オリンピックの中でやってみたい競技(スピーカー:N本さん)
・オリンピックの予算を削減する方法(スピーカー:S村さん)
・冬季オリンピックで最も印象に残った競技(スピーカー:Oさん)
・北朝鮮のオリンピック参加について (スピーカー:Mさん)
・東京オリンピックに期待していること(スピーカー:K下さん)

オリンピックという題材1つで、様々なお題・スピーチが展開され、
聴いていて楽しいだけではなく、各メンバーの話を広げるテクニックを
学べた時間でした。

準備スピーチは2本ありました。

1人目はO田さんの「シネマべリ二子玉川」
O田さんが発起人で立ち上がった
ドキュメンタリー映画の放映会+トーク会のお話でした
O田さんの生き生きした語りで、ドキュメンタリー映画の良さを知り、
関心を持つきっかけになりました。

2人目はIさんの「ま、いっか」

心の中にずっと天使の声と悪魔の声があり
ちゃんとしなければいけない、という天使の声に従ってきたが
それが自分を苦しめることになった。
あることがきっかけで考えが変わった。
Iさんの苦難を乗り越えていく姿に共感と励ましをもらいました。

休憩後、論評の部が始まりました。

スピーカーO田さんの論評はMさんとK.A、
スピーカーIさんの論評はN原さんとK下さん、
例会全体の総合論評はY田さんが行いました。

両スピーカーのスピーチは完成度が高く、論評はなかなか難しかったと思いますが、
良かった点や改善点をそれぞれの論評者がスピーカーに熱心に伝えていました。
また、その論評者を論評する総合論評者もとても短い時間で内容をまとめあげ、
フィードバックしていて、すばらしい!と思いました。

表彰式、写真撮影の後は閉会の部です。

最後のゲスト感想では、2名のゲストさんからコメントをいただきました。
1名のゲストさんには例会の良いところをたくさん挙げていただき、
もう1名のゲストさんからは入会表明がありました。

春の訪れを感じ、仲間が増えて、うれしい例会でした。

〜後日談〜

3月4日(日)、高津市民館 大会議室でエリアコンテストが行われました。

Iさんは前日の例会の論評内容を1日で反映し仕上げて臨まれていました。
結果は3位入賞でした。おめでとうございます!

Iさんの底力を感じ、聴衆の心に残る感動的なスピーチでした。
おつかれさまでした!


投稿者: vppr 投稿日時: 2018-2-18 1:49:34 (175 ヒット)

2月17日土曜日、溝の口トーストマスターズクラブ第277回例会が開催されました。

インフルエンザや仕事等の都合により急きょ欠席者が発生し、K下会長が、TMOD、今日の言葉、準備スピーチを兼務されましたが、さすがベテラン会員というだけあり、特に臆することなく、安定感のある司会運営をされていました。
また、各ヘルパーを担当された会員もそれぞれ、適切に役割の説明をされて対応されていました。

2分間テーブルトピックスの司会者はIさん。
質問1「歩くことについて」Kさん
質問2「冬季オリンピックの中で興味のある種目」Kさん
質問3「人の寿命はどのくらいなのか」M
質問4「趣味について」ゲストさん
質問5「自分の性格の中で変わった部分」Nさん
質問6「いつか挑戦してみたいこと」Oさん
以上の6題でしたが、一見簡単なお題かと思いきや、それぞれ考えさせられる内容だったと思います。また、先日入会されたばかりのNさんが最優秀テーブルトピックス賞を受賞されたため、例会の場が大いに沸きました。

準備スピーチは通常の例会スピーチとは異なり、エリアコンテストに出場者を決めるためのクラブ内コンテストを行いました。しかし、スピーチを予定されていた別の会員が仕事等の都合により欠席されたため、結果としてエントリーを表明されていたIさんが代表者として選任されました。代表者に選任されたIさんのスピーチはご自分の過去の出来事を題材とされたストーリーで、非常に心に残る内容でした。
また、コンテスト用スピーチではありませんが、K会長も難易度の高い朗読をされ、いつもとは違う雰囲気の例会を演出されていました。

論評の部司会はKさん
本日は準備スピーチ1名に2名の論評者となりました。
Kさんへの論評は、Mさん、Sさん
Iさんへの論評は、Nさん、Tさん
それぞれの論評者は適切にスピーカーへの論評をされていましたが、最優秀論評賞を受賞されたTさんは、エリアコンテスト代表者に選任されたIさんへの論評をきめ細やかにアドバイスをされていました。
Kさんはお家芸とも言える癒しのオーラを思う存分に発揮し、総合論評者としての役割を十二分に果されていました。


投稿者: vppr 投稿日時: 2018-2-12 22:15:54 (122 ヒット)



2018年 2月 3日 (土曜日) に
第276回例会が多摩市民館の第5会議室で開催されました。
日陰に残雪が残る中、ゲストさんを含め総勢16名での例会となりました。

〈会長挨拶〉K下さん
歯痛と、スピーチで言葉に詰まる恐怖。これらの予防の為に歯科検診とトーストマスターに通う。恐怖つながりの小噺で、一気に場が和みました。
真顔でボソッとアイスブレイク、流石です‼︎

〈ゲスト紹介〉見学3回目のO河さん

〈連絡事項〉教育担当のA希さんより
☆2/17(土)に開催される「クラブ選考会」のスピーカー募集について
CC6以上の方、どしどし参加表明してみましょう!

〈入会式〉期待のニューフェイスN登さん
趣味は「音楽を聞くこと、ライブに行くこと」だそうで、ライブの臨場感をスピーチに盛り込んでいる姿が目に浮かびます。

〈今日の言葉〉N島さん
邪気を祓う節分になぞらえ「無邪気」奥深〜いい

〈ヘルパー紹介〉
計時係 N原さん
集計係 M野さん
文法係 I藤さん
えーとカウンター N島さん
例会記録係 I田

〈本日のスピーチ〉
トップバッターは、O田さん
タイトル: 「 副業をとおして得るもの 」
人生100年時代に突入し、80才まで働くことが出来るように副業を初めてみてはと、時代を見越した提言で、年を経る毎に重みを増すスピーチでした。
リズムよく小気味よい、それでいて入会一年未満とは思えない堂々たるものでした。

2本目のスピーチは
Izさんでタイトル: 「 弱みを味方に 」
「弱味は実は武器である」という本に出会い、ギリギリまで出来ないという弱味が、直前になれば集中してできるという強みに変わった。発想の転換をする事で物事を多面的に捉える事が出来、気持ちも楽になる。
という内容を、持ち前の感じの良い聴きやすい声でスピーチされました。
実はIzさん新人戦のインタビューをした際、観客の方にアナウンサーと間違えられてました。プロジェクト6であるボーカルバラエティを飛ばしても良いのでは?と思えるほどのスピーチでした。

次に趣向を変え、
「スピーチクラフトワークショップ」
本来は2時間かけるところを30分に短縮し行うとの事。
S村さんの進行で、5名がリレー形式で以下を話されました。
*スピーチとは何を話すのか S村さん
*スピーチの題材の見つけ方 A希さん
*スピーチの作り方 S島さん
*スピーチの練習の仕方 M月さん
*緊張を克服する S村さん
*まとめ S村さん

スピーチのエッセンスが凝縮され、
今後の私たちのスピーチをナビゲートする
(後押しする⁈)大変有用なものでした。

〈2分間テーブルトピックス〉
テーブルトピックスマスターのYさんから、時節柄以下のお題が出されました。
質問1【追い出したいものや寄ってきてほしいもの】M野さん
質問2【一年の抱負経過報告】K下さん
質問3【冬季オリンピックに期待している選 手】N島さん
質問4【私のマル秘積雪対策】N登さん
質問5【春の別れや出会いの思い出 】N原

即興スピーチにも関わらず、皆さん淀みなく
お話しをされます。これは天分?成果⁈
いずれにしても素晴らしい‼︎

「論評の部」司会;N原さん
〈O田さんへの論評〉K下さん
良かった点
1.生き生きした言葉をよく使っていた。
2.クラブ会員にリサーチを行い共感が増した。
改善点
1.長文が多かったので分かり易く短文にしてみてはと、具体例を挙げて説明がありました。
2.副業を通し得られるものを、体験談を絡め
話すと共感性の高いもになるのでは。

〈Izさんへの論評〉N本さん
良かった点
1.導入部分で聴衆に問いかけを行い引きつけ本題に入れた。
2.先生と両親、姉と声音を変えボーカルバラエティを十分表現できていた。など

2名とも集中して聞き、次に繋げていけるコメントをする論評技術。見上げたものです。

〈総合論評〉N原さん
計時係 を兼務し、急遽ピンチヒッターにも関わらず的確に論評する力はクラブでも唯一無二の存在かと思えます。

さて、ツワモノ中のツワモノ⁉️に輝いたのは、以下の方々です。

TT賞:N原さん 
ベスト論評賞:N本さん 
ベストスピーカー賞: Izさん 

〈連絡事項〉会計S島さんより
2018年上期の会費納期は3月3日まで
方法:直接会計係に渡すor口座振込
詳細は電子メール参照。

本日は、タイトなスケジュールでしたが
一致団結しタイムマネジメントばっちりの例会でした。次もどんな例会になるのか今から楽しみです。


投稿者: vppr 投稿日時: 2018-2-1 22:33:46 (122 ヒット)



桜坂TMCとの合同例会が1月20日(土)に高津市民館で開催されました。

我らが溝の口TMCのK下会長が冒頭の挨拶を行いました。

K下さんは口内炎とギックリ腰のダブルパンチと
合同例会をかけていて、ユニークな挨拶でした。

そして、合同例会で、皆さん初顔合わせの人もいるため
自己紹介を時計回りで行いました。
一人30秒の自己紹介でしたが、興味深い話がたくさん出ました。
皆さん上手くまとめていて日頃の訓練の成果が出ていたと思います。

「今日の言葉」はI藤さんで「ハラハラドキドキ」でした。
お友達とディズニーランドに行った話を面白おかしく、上手にまとめて
今日の言葉に発想をつなげていました。
メンバーもスピーチや論評でしっかり使っていました。

計時係、集計係、文法係、えーとカウンタ、例会記録係、そして久しぶりのお菓子係の
ルール説明を行い、皆さんお待ちかねの準備スピーチです!

準備スピーチは4本ありました。

1人目は溝の口クラブN島さんの「日本の未来は?」
海外に行き、厳しい環境でも頑張っている現地の人のバイタリティーを目にして
日本がどんなに安心・安全な良い環境かがわかった。困難があっても人間なんとかなるものだ。
N島さんのスピーチを聞いて勇気付けられました。

2人目は桜坂クラブE島さんの「H子さんの2017年」
トーストマスターズの論評形式でご自身の2017年を振り返っていました。
良い点と改善点、トーストマスターズに入って変わったことを教えてくれました。
聴衆に共感と感動を呼ぶものでした。

3人目は溝の口クラブIさんの「リズムの威力」
昔のバンド活動のドラマーさんのエピソードをユーモラスに楽しくお話ししてくれました。
リズムは人を巻き込む力があるということ、スピーチにもリズムが大事ということを実感しました。
Iさんのスピーチにはリズムがあって聴きやすく、とても説得力がありました。

4人目は桜坂クラブS藤さんの「断捨離フェチの行く末」
S藤さんの断捨離生活についてお話ししてくれました。
タイトルの期待を上回る内容でした。あれも捨ててしまうとは…!
衝撃的な内容でしたが、スッキリしたのも確かです。
私もあれこれ捨てたくなりました。

準備スピーチの後、休憩を挟んで、溝の口クラブT川さん司会の2分間テーブルトピックス
(即興スピーチ)が始まりました。

今回のお題は、休暇明けに一気に10数人の部下を持つことになったサプライズ明けの
T川さんから、新しい環境に関連するお題が出題されました。

・最近起こったサプライズは?(スピーカー:T原さん)
・知らない人と仕事することになったらどうする?(スピーカー:I田さん)
・避けられないことが起きた時どう対処するか?(スピーカー:O原さん)
・日々のストレス発散方法は?(スピーカー:O田さん)
・最近初めてチャレンジしたことは?(スピーカー:T本さん)

身近ながら考えさせるお題でしたが
皆さん、自分の考えをうまくスピーチにされていてさすがでした。
これを見ているみなさん、当てられたらどう答えますか?

論評の部です。

溝の口クラブN島さんの論評は、桜坂クラブN村さん
桜坂クラブE島さんの論評は、溝の口クラブN原さん
溝の口クラブIさんの論評は、桜坂クラブI塚さん
桜坂クラブS藤さんの論評は、溝の口クラブS村さん
でした。

他のクラブメンバーの論評をするということで、いつもと違った緊張感と新鮮さがありました。
論評者によって、様々な観点があり、良かった点や改善点をそれぞれの論評者がスピーカーに
しっかり伝えていました。聴いていた私も勉強になりました。

最後は、桜坂TMCの会長代理のKGさんに、例会全体の総合論評と閉会挨拶をしていただきました。
例会の空気が引き締まり良い締めくくりでした。

久しぶりに桜坂TMCと交流ができてよかったです。桜坂TMCさん、ありがとうございました!
次回もこの調子で学びある良い例会にしましょう!


投稿者: vppr 投稿日時: 2018-1-8 13:07:58 (188 ヒット)



2018年1月6日(土曜日)第274回例会記録 (高津市民館 第5会議室にて)

お正月明け、元気そうな皆の笑顔を見ることができました。

会長挨拶:始めに会長代理Akさんの挨拶。お正月里帰りの話がありました。
お知らせ:スピーチ計画表回覧について。1月20日の桜坂との合同例会について。
動議:会長Niさん長期休みになるので、Knさんを新会長に推薦、承認されました。
新会長Knさんの挨拶:皆で一致団結にて盛り上げましょう。

ゲスト紹介:Ntさん、Ogさん
 
TMODはNeさん。1年ぶりのTMODということです。

今日の言葉の担当はOkさん。今日の言葉:‘今年こそは’年始の抱負を含める。

テーブルトピックス担当はNkさん。人を動かす褒め言葉の‘さしすせそ’の話をされました。興味深かったのでここに書きます。
さ:さすがですね。
し:知らなかったわ。
す:すごいですね。
せ:センスがいい。
そ:そうなんですか。



お題は以下の8題。
1. 年の初めにチャレンジしたいこと。Sjさん
2. 最近人を褒めたことありますか。Ymさん
3. 自分の長所、自分を褒めてください。Osさん
4. 最近見た映画について。Neさん
5. 今はまっていること。Knさん
6. 最近感動した話。Siさん
7. 最近読んだ本。Itさん
8. 何でも叶えられるとしたら何をしますか。Ntさん

準備スピーチ:スピーカーはKoさん。CC#8 「ビジュアルエイド」:タイトルは「クラウンへの道」。
クラウンとは何だと思いますか?の問い掛けから始まりました。何だろうと思っていたら、スキー検定の最高レベルだそうです。映像(動画含む)を見せながら丁寧な説明。Koさんは生まれ育った故郷で小学生のときからスキーを始め、小学生でスキー検定2級に合格、その後就職してからスキー検定に再挑戦、最高難度の検定クラウンに挑戦7回目の試験で合格されたようです。動画の映像を見せながらスキーの楽しさを伝え、スキーはいつも自分を支えてくれた良きパートナーと断言。その努力は、子供のころから良き相棒だったスキーに支えられていたんですね。皆に感動を与えたスピーチでした。

論評の部:司会Knさん
準備スピーチ1名に3人の論評者となっています。
Siさん:ビジュアルの使い方が良く、場所の地図を見せ、動画も使っているのでスピーチに説得力があった。
Osさん:言葉がはっきりしている。ビジュアルの使い方が良く臨場感があった。努力により夢が叶えられるという希望を与える。新年に相応しいスピーチ。
Akさん:ビジュアルの助けがあり大変分かり易い。声がはっきりしていて、言葉の使い方が良い。聴衆へのアイコンタクトが大変良い。スピーチを聞いて心が豊かになった。

受賞者:
ベストTT賞:Ntさん
ベスト論評賞:Osさん 
ベストスピーカー賞:Koさん 

今回の例会も穏やかな雰囲気の中終了しました。溝口トーストマスターズは会員の定着率が大変良いと聞きましたが、それは例会の雰囲気の良さが関係しているようです。
 記録者It


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 45 »

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2