ログイン
メインメニュー


投稿者: vppr 投稿日時: 2016-7-23 1:05:33 (147 ヒット)

溝の口トーストマスターズ第241回例会が、7月16日(土曜日)高津市民館で開催されました。

梅雨明け直前、梅雨前線等の言葉に囲まれたこの頃。梅雨明けはまだかな?

「会長挨拶」
まず、会長Naさんの挨拶です。排水溝の詰まりをそのままにしていたら、ベランダに水がたまり部屋にまで雨漏りしたという自身の体験から、排水溝は詰まりなく事前に掃除しましょうという話でした。仕事・人間関係も同様ですね。

今回の例会には、溝の口会員14名、エリアデレクターKiさん、外部からのゲストWaさんが参加されました。

「お知らせ」
教育担当Niさん:秋のコンテストに向けてのインハウスのコンテストが9月3日にあります。
書記担当Suさん:役員メールが届かない場合Suさんに申し出てください。

本日のTMODはTaさん。初TMODです。会長の話を引き合いに出し、排水溝が詰まらないように司会をしたいとコメント。初めてにもかかわらず、スピーチそれぞれにコメントを返しながらの落ち着いた司会です。

「今日の言葉」
担当はMaさん。今日の言葉は“意気衝天“です。意気消沈してしまうこの頃、真逆の意味の言葉に決めたということです。

「ヘルパー紹介」
計時係:Neさん
集計係:Suさん
文法係:Uaさん
えーとカウンタ:Osさん
例会記録係:Itさん

「テーブルトピックス(TT)」
2分間テーブルトピックスのコーナーです。テーブルトピックスの司会はRyさん。本日は以下のお題が出されました。どのお題も、ちょっとひねりを利かせたものです。

【私がトーストマスターズを勧める理由】Saさん 
トーストマスターズを友達に勧めたい。コストが安いことと継続できることが理由。「継続は力なり」というように続けていれば気付かない成長がある。
【30日間の休みを取ることができるなら】ゲストWaさん
仕事で連休が取れないが、仮に取れるとしたら、ここ2-3年前からお腹が出てきたので、ダイエットにチャレンジしたい。
【どんな超能力が欲しいか】Moさん
前もって株価の上げ下げを知ることができる能力。最近任天堂の株上昇100株140万円が280万円になった。超能力で予知できたら1000株買うだろう。我に返るとき、ありえない無駄なことを考えることはやめようと思う。


「準備スピーチの部」
「準備スピーチ 1」タイトル:「キャラクター」
準備スピーチの一本目はUsさんCC#6「ボーカルバラエテイ」。
ご自分の娘さん(物欲が高い?)のオモチャのねだり方を三つのケースで再現されました。オモチャを買ってほしい娘さんとお母さんとの会話です。「お母さん、このオモチャ買って!」×「だめです!」再現されたケース1、ケース2、ケース3はどれも同じ内容の会話。しかし、ケース3では母親のUsさんは折れて、おもちゃを買ってあげたという話。ケース3では、娘さんの低姿勢な懇願?が成功したのでしょうか。
ここで、メラビアンの法則を引き合いに出し、人は相手の声の高さ低さ、話し方、態度に影響されやすい、聞き手は、話し手の話している内容よりも口調や見た目に影響される。この法則は仕事でも同様、上司は、部下から報告を受ける場合、報告の内容よりも報告のスタイルにより影響されると述べられました。私たちもメラビアンの法則について学ぶことができました。

「準備スピーチ 2」タイトル:「マララ・ユスフザイ国連演説…ペンと本で世界は変わる(抜粋)」
準備スピーチの二本目はUeさん「Interpretive Reading (朗読)」の #5 The Oratorical Speech(有名な演説(演説暗唱))です。
パキスタンのマララ・ユスフザイさんの銃弾を受け意識不明になった後、国連での演説を力強く朗読されました。通る声、はっきりしたその口調は、まるでマララさんが話しているかのようでした。「1本のペンが世界を変える。」あの有名な演説です。

スピーチの要約:親愛なるみなさん、2012年10月9日、タリバンは私の額の左側を銃で撃ちました。テロリストたちは私たちの目的を変更させ、志を阻止しようと考えたのでしょう。しかし、反対に私の中で弱さ、恐怖、絶望が死に、強さ、力、そして勇気が生まれたのです。私は、自分を撃ったタリバン兵士さえも憎んではいません。私の父と母から学んだ「許しの心」です。 まさに、私の魂が私に訴えてきます。「穏やかでいなさい、すべての人を愛しなさい」と。「ペンは剣よりも強し」ということわざがあります。これは真実です。過激派は本とペンを恐れます。教育の力が彼らを恐れさせます。彼らは女性を恐れています。私は女性の権利と女の子の教育という点に絞ってお話します。なぜなら、彼らがいちばん苦しめられているからです。女性が自立し、自分たちの力で闘うことに絞ってお話をしたいのです。無学、貧困、そしてテロリズムと闘いましょう。本を手に取り、ペンを握りましょう。それが私たちにとってもっとも強力な武器なのです。1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、それで世界を変えられます。教育こそがただ一つの解決策です。

「準備スピーチ 3」タイトル:「トーストマスターズを5年間続けれられた理由」
準備スピーチの三本目はSiさんプロフェッショナルなスピーカー#5です。
この5年間の総括ということで、力のこもったスピーチでした。込められたメッセージがはっきり伝わりました。聞いて良かったと思うスピーチでした。
会社で何を言っているか分からないといわれ、スピーチが上手くなるにはどうしたらいいかを探し、話し方教室に通ったりした。そんな時、偶然に検索によりトータスマスターズを見つけた。そのクラブに入会しアイスブレーカーのとき4分話すことができなかった。人数多いためクラブでみんなの輪に入り込めない、誰も相手をしてもらえず迷うことも。しかし諦めずマニュアルは達成しようと、CC#10まで達成する。その後溝の口トーストマスターズにも加入。役員をやらないかと言われ会長をやることになる。当時溝の口トーストマスターズのような小さなクラブから全国大会2位になる人が出た。現在クラブへの貢献を考えていて、現在二つのクラブの会長と教育担当をやっている。仕事でははいけれど、人の為になること貢献できるから。転職のときトーストマスターズで培ったスピーチが役に立った。自分のためのモチベーションになり他人にもモチベーションを与える。失敗しても継続すること、チャレンジすること、これこそが財産。いつか努力が花開くときがくると締めくくられました。


「論評の部」
Usさんへの論評をNsさん:
メラビアンの法則を骨子として母と子の会話を通して、子育ての大変さと子供への愛情が分かる良いスピーチ。ミレビアンの法則を引き合いに出したところが面白い。また物欲の高い娘さん(4歳)という表現は年齢とのギャップが面白い。

Ueさんへの論評をMoさん:
Ueさんのマララさんの演説のスピーチは目を閉じて聞いていると本当にマララさんがそこで話しているかのよう。声質・声量ともにマララさんらしい。イスラム教の彼女が素晴らしいことがよく分かる。話題性に富んでいる。

Siさんへの論評をNaさん:
失敗しても継続すること、チャレンジすること、反骨精神、だけでなく貢献したいがプラスされていて、今までのSiさんのスピーチの中で一番気に入ったスピーチだと評価されまし。

「受賞者発表」
ベストテーブルトピックス賞:Saさん
ベスト論評賞:Naさん
ベストスピーカー賞:Siさん

「ゲストさんのコメント」
Waさんのコメント:レベルが高くびっくりしました、勉強になりましたとのコメント。見学ありがとうございました。

以上、第241回の例会も和やかな雰囲気のうちに無事終了いたしました



投稿者: vppr 投稿日時: 2016-7-18 12:55:58 (160 ヒット)




第240回例会は、多摩市民館での開催となりました。

今回は新年度、役員新体制になってから初めての例会です。
冒頭には新会長のNさんから今年度のスローガン「ONE FOR ALL, ALL FOR ONE」が発表されました。一体感を持ちつつ、個々人が輝くことも大事にするという会長の想いが表れた、新年度のスタートにふさわしい素晴らしいスローガンです。

今日のTMODは初TMODのMさん。例会前の役員会が長引き開始が少し遅れたにも関わらず、落ち着いて見事に進行されました。

今日の言葉はIさんから提案された「響く」です。
Iさんがコーラスの発声練習で声の響きが変わることを体感し、そこから今日の言葉に持ってこられました。色々な場面で使える良い言葉です。

ヘルパー紹介の後、テーブルトピック(TT)からスタートです。
TTマスターは、新会長のNさんです。翌週に迫った参議院選挙など時事ネタに絡めて、Nさんが気になっていることというテーマでお題を提供されました。

質問 崛挙の投票率を上げるにはどうしたらいい?」Tさん
質問◆崛挙ではどの世代を意識して投票すべき?」Yさん
質問「医学部の試験に面接は必要か?」ゲスト参加のNさん
質問ぁ岾聞イいぜ佞衒、自分なりの流儀」Rさん
質問ァ嶌G度TMCでどんな風に成長したいか?」Iさん

続いて準備スピーチです。
1番目はSさんでタイトルは「コショウの使用は適度に」
AIロボットがもたらす未来像を示しながら、AIロボットが普及して便利になった社会で自分たちはどうしていったらいいか、と考えさせられるスピーチでした。タイトルと内容のギャップに「あれ?」と思わせておいて、途中でなるほどと思わせるSさん独特の展開に引き込まれました。コショウ=Pepper(ソフトバンクのAIロボット)だったんですね。

2番目はKさんでタイトルは「チャレンジャーであり続けるために」です。
Kさんの出身地である北海道の駒大苫小牧高校野球部、2004〜06の甲子園での躍進とそれを牽引した監督の信念を紹介。北海道の高校は冬に雪で練習できないから弱いというそれまでの常識を覆すチャレンジとその信念に影響を受けたご自身の想いを絡めて、「一歩一歩チャレンジするチャレンジャーであり続けたい」と締めくくったKさんの言葉に共感を覚えました。

3番目はNさんでタイトルは「ラポールを築く」です。
部下との関係に悩まれていた過去のNさんが、カウンセラーの助言で「傾聴」を心掛けた結果、見事にラポール※を築くに至った経験を臨場感たっぷりにお話しされ、他人とラポールを築くための十四の心(傾聴=十四の心を聴く)を紹介されました。

※ラポール:心理学用語で、2人の人の間にある相互信頼の関係


続いて論評の部です。論評はスピーカーのモチベーションアップと次への改善につながる、トーストマスターズの優れた仕掛けの1つです。

そしていよいよ受賞者発表です。
ベストテーブルトピックス賞:Yさん
ベスト論評賞:Kさん
ベストスピーカー賞:Nさん

最後に前年度会計担当役員のYさんより、会計報告があり、新年度1回目の第240回の例会も盛況のうちに無事終了いたしました。
新年度の溝の口TMCでは新しい方々との出会いも大切に「One for All , All for One」をスローガンに活動を盛り上げていきたいと思います。


投稿者: vppr 投稿日時: 2016-6-8 21:54:58 (186 ヒット)

溝の口トーストマスターズ第238回例会が、6月4日土曜日多摩市民館で開催されました。

少し前の連日の夏日に、7,8月になったら暑さはどうなるやらと思っていましたが、6月5日(日)に関東甲信越も梅雨入りしたとニュースで発表していました。つかの間の涼しさにホットしますね。

「会長挨拶」
まず、会長Moさんの挨拶です。例会は打ち解けた雰囲気に包まれながら始まりました。

溝の口会員12名が参加、また立川会員からYさんもゲストとして参加されました。

「役員選挙」
本日は、いつもの例会の前に次期H28.7月からH29.6月までの役員選挙が行われました。推薦委員長のUeさんの司会により、次期役員は次のように決まりました。
会長:Naさん
教育担当副会長:Nsさん
会員担当副会長:Ryさん
広報担当副会長:Izさん
書記Szさん
会計:Itさん
会場係:Mkさん
推薦委員長:Ueさん
推薦委員:Knさん
新役員の皆さんこの1年間よろしくお願いいたします。(中には2年連続で役員をされる方もあります。)

本日のTMODもUeさん。丁寧な司会でいつもの例会が始まりました。

「今日の言葉」
担当はSaさん。ご自分の職場の話をされて、Saさん自身ストレスの多い忙しい部署を抜けることができたのですが、直後整体へ行ったら疲れで体が緊張状態とのことでした。リラックスすることは脱力状態にすることだそうです。今日の言葉は「脱力」です。

「ヘルパー紹介」
計時係Saさん
集計係:Mkさん
文法係:Yaさん
えーとカウンタ:Neさん
例会記録係:Itさん

「準備スピーチ 1」タイトル:「つながり」
準備スピーチの一本目はTaさんアイスブレーカーです。まず、ご自分のお子さんの写真を見せて、顔が自分にそっくりなように、自分の長所も短所も子供が引き継ぐだろうと述べられました。ご自分の生い立ちから始められ、人前で緊張するようになったこと、からかわれ高校生のときは人前に出ると恐怖を覚えるほどになってしまったことなどを述べられました。お子さんには親として適切なアドバイスをしていきたいと述べられました。その素直で優しいスピーチは聞く人の心に訴えるものがありました。親としての責任感を感じました。

「準備スピーチ 2」タイトル:「魔の手は背後から伸びてくる」
準備スピーチの二本目はSuさんCC#2「魔の手は背後から伸びてくる」です。まずタイトルが面白い。中華街へ家族で食事に行かれた時、店頭での試食コーナーでの出来事をユーモラスに話されました。試食にもらったカステラの一切れが手のひらから忽然と消えてしまったことに驚き、体が固まってしまったこと。その事件について、その時のご自身の心理状態を分析しながらカステラが消えた謎を推理していました。謎は解けました。背後にいた息子さんの手が伸びお父さんのカステラを取って食べたのです。予期しないことが起こると人は固まってしまうのは本当だと締めくくられました。終始静かな口調なのに、なぜか笑いを誘う面白さがありました。

「テーブルトピックス(TT)」
TTマスターは、会長のMoさんです。トピック提供の話術が絶妙で面白く笑いが絶えませんでした。

質問ー分が見た怖い夢について述べ同様の体験について:Neさんのスピーチ
質問∋匐,鬚靴弔韻里燭瓩忙海肪屬去りにしたという最近のニュースから親のしつけにつて:Yaさんのスピーチ
質問週刊誌で紹介しているいろいろな健康療法について、一時的に流行するがすぐ消滅しまった。同様な経験について:ゲストのYoさんのスピーチ
質問で金の問題について、現在平均年金は約22万円実際の必要生活費は約28万円、約30年後の将来、平均年金は約18万円に減り退職金もあてにならない予測から意見を求めました。:Mkさんのスピーチ

「論評の部」
Taさんへの論評をNaさん:緊張感のある以後が楽しみなスピーチであったこと、らせん階段を上がっていくように時系列に組み立てられ、たいへん分かりやすかったことなどを述べられました。

Szさんへの論評をKnさん:そのスピーチは、静かな語り口調で脱力感のあるユーモアであると文学的な言葉で表現されました。

総合論評のNsさん:論評の論評を含む全体的な論評、難しい総合論評もNsさんは難なくこなしてみえました。スピーカーに今後の活力を生み出させるような論評でした。

「受賞者発表」
ベストテーブルトピックス賞:Yaさん
ベスト論評賞:Naさん
ベストスピーカー賞:Taさん

「ゲストさんのコメント」
立川からのゲストのYoさんは、はきはきした声がよく通る明るい方で、トーストマスターズに入り性格も変わったと言ってみえました。


以上、第238回の例会も打ち解けた雰囲気のうちに無事終了いたしました


投稿者: vppr 投稿日時: 2016-5-25 16:56:48 (180 ヒット)

第237回溝の口トーストマスターズ例会は、
まさかの会長Mさんの遅刻というハプニングからスタートしました。

そんな中でも副会長のNさんの落ち着いた開会のあいさつと、初めてとは思えない、
TMのRさんの機転の利いた例会裁きで笑顔が溢れる中での例会スタートとなりました。

今日の言葉は、なんとまだ現れない会長のMさんに代わりゲストさんから
発表していただきました。それも「コミュニケーション」という言葉を使わない事という変化球。
その今日の言葉も終わらない内に我らが溝の口トーストマスターズ会長のMさんが現れ、
用意されていた今日の言葉「はぐらかす」の発表となりました。
決してMさんは遅刻をはぐらかしていなかったことは名誉のために追記しておきます。

ヘルパーの紹介を経て準備スピーチ。通常はテーブルトピックスの次に準備スピーチの順番なのですが、
2つ目の準備スピーチがスピーチ作成のためのワークショップであったことから、
このような順番になりました。

最初のスピーカーはTさん、なんと2日前に急遽欠席されることになった方の変わりでの
準備スピーチです。「熊本地震について」という今最も関心のある話題を取り上げ、
地震の深刻さを伝えるとともに、ご自身の仕事の知識も活用されながら、
どうしたら地震の対策ができるか聴衆に訴えかける素晴らしいスピーチでした。
CC#3のポイントを押さえるスピーチを見事に達成されていたかと思います。

次のスピーカーはSさんACマニュアルの#4プロフェッショナルセミナーとして、
タイトルは「PREPでスピーチを作ってみよう」。PREPの頭文字を説明しながら、
聴衆に問いかけ巻き込み参加させることで飽きさせない素晴らしいセミナーだったと思います。

論評の部では、2人のベテラントーストマスターのUさんとOさんが、
これぞ論評のお手本というような論評を披露してくださいました。
まずは、スピーチの良いところをほめながら、
スピーカをより良いスピーカへと導くために、改善点をしっかりと指摘する。
スピーカの自身と次への飛躍につながっていく論評だったかと思います。

Sさんのセミナー内容を受けて次にテーブルトピック。お題はTTマスターのSさんが発表。
最近いろいろ悩まれていることが多いようで、
そんな悩みを解決するためテーブルトピックのお題は以下の5つとなりました。
1)時間管理 Uさん
2)健康管理 Oさん
3)人間関係 Tさん
4)おいしかった食べ物のエピソード? Kさん
5)地震に対する備え Iさん

みなさんセミナーを内容をよく生かしながら良くまとまったテーブルトークとなっていました。
TTマスターのSさんは一通り聞き終わったところで、ご自身が夜型であったことが
悩みの根本原因であったことが分かったご様子。こちらも悩みが解決して何よりです。

続いて、各ヘルパー文法係、えーとカウンタからの報告を経て総合論評のKさんが
的確な指摘で例会を締まったものにしてくれました。

最後に各受賞者の発表です。
ベストTT賞:Tさん
ベスト論評賞:Uさん
ベストスピーカ賞:Tさん
皆さん本当に素敵なスピーチでした。

以上,本日もハプニングあり、ためになる話あり、笑いありの
楽しい溝の口トーストマスターズクラブ例会となりました。


投稿者: vppr 投稿日時: 2016-5-19 10:34:50 (252 ヒット)



今回はGW中の方も多く普段より参加者も少なかった為、テーブルトピック2本、準備スピーチ2本と変則的な構成となりました。

今日のTMODはMさんです。冒頭で五月病の話をされました。四月から環境が変わり仕事等に没頭し、五月にGWの長期休暇で楽しく遊び、休み明けのギャップで病になる。天気も良く、外出して楽しく過ごすべき今日。真面目に参加することで休み明けのギャップを埋め、リハビリを兼ねる。「真面目か!」と世間様から突っ込まれそうな感じですが、仕事に備えて集中力を高めるという意味では、例会は程々の緊張感があり私もMさんの意見に賛同できます。冒頭から例会を盛り上るMさんの流石の司会ぶりで、いつも通りのアットホーム雰囲気になります。

今日の言葉は「安堵」です。
普段から耳にする言葉ではありますが、類語の「安心」などで代用し、意外と使わない言葉ですね。
しかしながら非常に重みのある言葉ですね。


ヘルパー紹介の後、テーブルトピック(TT)からスタートです。
TTマスターは、Iさんです。GWにまつわる長期休暇をテーマに身近で話しやすい質問を提供し、テーブルトピックスをうまく進行されました。

質問 岼貳岼象深かったこと」Sさん
質問◆崋然を満喫した経験」  Nさん
質問「新しい事にチャレンジした経験」Nさん
質問ぁ崢拘休暇での悔しい思い出」Mさん
質問ァ嶇休終盤憂鬱な状況を打開する方法」Kさん


続いて、二本目のTTマスターSさんです。トーストマスター大会をメインテーマに質問しやすい内容で投げかけをされました。

質問 嶇休明けにチャレンジしたい事」Oさん
質問◆崔訖音神か反対かとその理由」  Uさん
質問「トーストマスター大会に出た場合話したいこと」Iさん
質問ぁ屮函璽好肇泪好拭実膕颪嚢島に行くメリット」Tさん


テーブルトピックスはお題に対して即興スピーチで、巣の部分が見えたり、対応力を上げるには日々アンテナを張り巡らし、情報収集をしなければいけないと感じます。ビジネスの場でも年を追うごとに意見を求められる場が増えます。そういった意味では、テーブルトピックスは失敗のできる練習の場にもなります。

今回はNさんの「積ん読」の話では一冊積んだまんまの本を持って行き、目次で問いを立て→調べ→シェア→消化といった積んだ本の処世術・短時間での読書術や、Iさんの「宣言することで自分の力にする」など貴重な話しを聞くことが出来ました。

続いて準備スピーチです。
今回スピーカーは2名で、基本マニュアル(CC)の目標レベル(*)がCC#4,10でした。それぞれ異なる目標に沿ったスピーチでバラエティに富んでいてとても聞き応えがありました。

 *CCの目標レベル:スピーチで各レベルの目標を達成すると次の段階に進みます

1番目はRさんの「電力自由化」冒頭「電力自由化」の定義を投げかけ、聴衆を引き込みました。定義づけの後、懸念される事項も上手く説明され本論も分かりやすい内容でした。最後に各社の特徴など説明され、自分の電力の使用状況など特徴を押さえ、電力会社を選定する事が重要だと思える内容でした。時事ネタは関心度が高い割に、意外と内容は理解されてない事が多く、スピーチ内容としては聞き入り易く、分かりやすい説明もお見事でした。

2番目はYさんでタイトルは「旅の勧め・・・旅とは何か」です。
こちらも導入部で投げかけ、聴衆を上手く引きつけました。観光にまつわる話かと思いきや、スリランカの歴史の話への自然な展開。スリランカと日本の関係、実は第二世界大戦後日本の独立を支援した数少ない国だったそうです。想わぬ発見、非常に感慨深いスピーチでした。

続いて論評の部です。
論評は準備スピーカーに対して良かった点と改善点を適確かつ分かりやすく論評されます。
フィールドバックされることでスピーカーのモチベーションアップにつながり今後の改善点を見出すこともできます。また他の人にとっても良い論評を聞くことができます。普段仕事でプレゼンをしても体系的な意見はなかなか聞けないと思うので、
これもトーストマスターの合理的な部分だなと思います。

総合論評のSさんより、テーブルトピックス・準備スピーチ・論評の評価がされました。テーマ選定に対する評価・論評者への評価までされるシステム、トーストマスターが全員参加型で有意義なものだと感じます。Sさんの視野の広く良い部分を見つけるきめ細かな評価は大変勉強になります。


いよいよ受賞者発表です。
ベストテーブルトピックス賞:Nさん
ベスト論評賞:Kさん
ベストスピーカー賞:Yさん


以上、第236回の例会も和やかな雰囲気のうちに無事終了いたしました。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 39 »

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2