ログイン
メインメニュー


投稿者: nokuchi 投稿日時: 2007-3-4 16:00:16 (1033 ヒット)

3月3日(土)、高津市民館にて、溝の口トーストマスターズクラブ 第17回例会が開催されました。先月は節分、この日はひな祭りと、季節の行事とも重なる中、ゲストの方をお一人お迎えして、計14名での開催でした。

今回は、テーブルトピックス論評を、一人が論評するのではなく、テーブルトピックス論評者がランダムに参加者に当てて、1分間で論評してもらうという、新しい試みを行いました。 いわば、テーブルトピックスに対する、論評テーブルトピックスのようなものです。

具体的な手順は、以下のとおりでした。

1. テーブルトピック後、テーブルトピック論評司会者にバトンタッチ。
2. テーブルトピック論評司会者が、論評者を指名する。(最初に話した○○さんへの論評を、△△さんお願いします。)
3. 当たった人(この場合は△△さん)は、即興で1分程度で、○○さんのスピーチのよいところ、改善点をコメントする。

発案者は教育担当副会長のT木さんでした。

スピーチが3本だった関係で、テーブルトピックス自体が2セット。その後の論評テーブルトピックスということで、さすがにちょっときつかったかも、という印象はありました。それでも、20分近く前にやったテーブルトピックスの内容を、新会員もベテラン会員もとても良く聞いていたという印象で、例会後の喫茶店での話では、「難しかったけれども、良い頭の体操になった」「聴く練習にはなる」などの意見が聞かれました。 ただ、「1分間で、改善点も含めて即興で話すのは、経験の浅い人には難しい」などのご意見もありましたので、具体的なやり方については今後もっと改善の余地がありそうです。

準備スピーチの1人目はY田さん。IKEAに初めて買い物に行ったときの感動を、「欧米か!?」というキーワードを使って、見事に表現されていました。最後にユーモアで締めて終わるというところが、今までのY田さんのスピーチから飛躍的に変化したところではないかと思いました。

2人目のスピーカーは、今日初めて大和バイリンガルクラブからいらしたK川さん。 「視点を変えて」という題で、「ティッシュ配りのこつ」と「交通整理」の例を引き合いに出されていました。 K川さんはトーストマスターズの中でも、ユーモアスピーチでとても有名な方ですが、今日もティッシュ配りの動作がとてもコミカルに表現され、会場は一同笑いの渦に包まれました。テーブルトピックスと合わせて、ダブルで最優秀賞を達成されました

最後のスピーカーは、ベテランエリアガバナーO江さん。 夏目漱石の『我輩は猫である』に出てくる、水島寒月は、バイオリンを買う前に干し柿をいくつ食べたのか?という疑問を、シャーロック・ホームズ風に推理する、という内容でした。 本人もシャーロック・ホームズ愛好家のクラブに入っているとのことで、説得力もあり、またO江さんの多趣味ぶり、引き出しの多さが良く現れていました。

例会後は、武蔵小杉トーストマスターズクラブの、コンテスト主催準備チームと合流し、合同で飲み会。 充実した例会&二次会となりました


投稿者: nokuchi 投稿日時: 2007-2-18 11:49:00 (976 ヒット)

2月17日、高津市民館にて、第16回溝の口トーストマスターズクラブ通常例会が開催されました。本日の参加者は、ゲストの方1名を含む15名。 他のクラブからいらしてくださったサポーターの方は、武蔵小杉クラブ、江戸クラブ、大和バイリンガルクラブ、厚木座間クラブなど多彩で、そのほとんどが、自分のホームクラブ以外のクラブに参加するようになってからまだ数ヶ月でした。それだけに新しい出会いも多かったようで、初顔合わせの多い「ニューフェース例会」となりました。

テーブルトピックスは、藤山が担当。「喫茶店」をテーマに、好きなメニュー、喫茶店選びの基準、自分が喫茶店を開いたらどんな雰囲気、インテリアを演出するか、などについての質問をしました。特筆すべきは、「自分が運営するなら、サッカー観戦ができる、ファンのための喫茶店を作る」ということについて、細かい描写とともに見事なスピーチをされたT山さん。今回トーストマスターズクラブに来られたのが初めてとは思えないような、写実的なスピーチでした。例会後の交流会はいつも、高津市民館が入っている丸井のビルの喫茶店で行っていますが、今回のテーブルトピックスで出た皆さんの「喫茶店論」をもとに、そのうちたまには別のところに行って見るのも一興かもしれません。

今回のスピーチは4本。一人目のスピーカーはS木さんで、個人の問題と思っていることが、実は社会的、環境的な背景が問題にあることも多いのではないだろうか、というメッセージを話しました。例えば昔の教師、親は、いじめなどで教育体制が問題となっている現代よりも本当に人格が優れていたのか? 高度経済成長期という時代背景にも支えられていたのではないか、といった、独自の考察、具体例を交えて話されたのが印象的でした。

2番目のスピーチは、我らが会員担当副会長のS野さん。「サインランゲージ」というテーマで、大学の手話サークルでならったという、手話についてお話されました。手話での自己紹介の仕方、「指文字」「口話」の使い方、手話ニュースから学べるコミュニケーションのこつ、聾学校では口話のみで、手話が教えられていないが、実際には上級生から下級生へと手話の技術がインフォーマルに伝授されているという話など、 6分半という時間に溢れんばかりの情報満載。「難しそう」と思っていた手話が身近に感じられる、そんなスピーチでした。

3番目のスピーチは、岩Mさん。「人間関係をよくする戦略」という題で、今回の最優秀スピーカーとなりました。「将を射んと欲せば馬を射よ」という格言を元に、仲良くなりたい人が興味を示す物、関心事に的を絞ってコミュニケーションをとればうまく行く、という話を、自ら人間関係を改善した例をもとに、説得力をもって話しました。途中、「自分もやってみよう!」と言わんばかりにメモを取り始める人も多く、それだけ「お持ち帰り」の多いスピーチであったことが伺えました。

最後のスピーカーは、久しぶりの溝の口でのスピーチとなったM杉さん。「三日坊主撃退法」という、一度聞いたら忘れないようなタイトルで、内容は読んで字の如く。目標を紙に書いて貼ったり、大声で目標を読み上げたりしても長続きしない、代わりに「自分の子供に目標を宣言する」など、HowTo本に書いてあることとは一線を画しつつ、自らヨガをずっと続けている体験などを具体例として話しました。

論評(スピーチ、例会全体のフィードバック)の部では、総合論評に初挑戦した武蔵小杉のM田さん、今回が溝の口初参加の、大和バイリンガルのS井さんなど、新しい方の活躍が目立つ場となりました。

今回の例会後には、先日入会したS川さんが、会場係として役員になることを宣言しました! 役員も定員7名中5名となり、クラブのさらなる活性化も期待できそうです

(溝の口トーストマスターズクラブ 藤山)


投稿者: nokuchi 投稿日時: 2007-2-4 11:46:00 (1303 ヒット)

2月3日、てくのかわさきにて第15回例会が、ゲスト3名を含めた17名で開催されました。例会の最初は新入会員のS川さんとO崎さんの入会式を行い、例会は最初から活気ある雰囲気に包まれました。

今回は即興スピーチの部(テーブルトピックス)が、1分間と2分間の2部構成でした。 ベテランO江さんの司会による1分間テーブルトピックスは、節分や建築関係のご自身の職業にちなんで、「二十四節気や六曜の『雨水』『赤口』『三りんぼう』などの意味は? 分からなければ想像して答えましょう」という、ユニークな質問。質問が当たった人も、元の意味を正確に知っている人は少なく、それだけ精一杯想像力を働かせて、ユーモアのある回答をされていました。

なお、正確には、
「雨水」・・・毎年2月19日か20日頃。氷雪が溶け雨水がぬるみ草木が芽をふき出す頃。昔から農耕の準備を始める目安とされてきた。
「赤口(しゃっこう)」・・・災い事・怪我に注意しなければいけない日。正午のみ吉で朝夕は凶となる。また、この日は「赤」という字が付くため、火の元、刃物に気をつける。
「三りんぼう(三隣亡、三輪宝とも)」・・・普請始め、柱立て、棟上げ、などは大凶日とされ、この日を用いて後日災禍が起きると、近所隣りを亡ぼすとされている。「三輪坊」ではありません。


2分間テーブルトピックスでは、司会に初挑戦のY田さんが、「あなたの名前をインターネットで調べると?」などの、興味を引く質問をされていました。私も一度自分のフルネームを検索エンジンで調べたことがありますが、全く違う分野で活躍されている人のことが出てきたり、興味深いものがあります。皆さんも早速、調べてみてはいかがでしょうか?

本日は3名の方がスピーチをされました。
1人目は、自己紹介スピーチを初めてされたI島さん。I島さんが趣味としているウォーキングについて、生田〜新宿まで歩いたときの話などを、分かりやすくビジュアルツールを使って紹介されていました。I島さんは入会2ヶ月にも関わらず、武蔵小杉トーストマスターズクラブの合宿にも参加するなど、とてもアクティブに活動されている方です。今回もその行動派ぶりが伺えるようなスピーチでした。

2人目は、山梨から通われているO原さん。「国民快保険」というタイトルで、日本の国民皆保険制度を、アメリカのように株式会社が運営する制度と比較して、日本の制度のメリットを強調する内容でした。 国民保険料が高い理由は医療の手間、新薬の開発、特許などの費用によるものであり、コストに見合うものであること。実例(心筋梗塞の手術によって、家を売ることになったアメリカ人の話など)も用いて、説得力を持って話されました。「例え格差社会でも、命の値段は平等なのではないでしょうか?」という最後の言葉が、とても心に残るスピーチでした。後で調べたところ、アメリカの個人破産の半分は医療費によるものだそうです。

3人目は急遽数日前にスピーチを引き受けてくださった、最近スピーチの上達が特に著しい教育担当副会長のT木さん。「愛しのナビ子さん」という題で、カーナビゲーションの声を擬人化したユーモアスピーチでした。「もしもカーナビの声が女子高生だったら? お年寄りの声だったら?」など、聞き手に想像力を働かせて楽しませ、声の使い方もとても工夫がありました。T木さんは、2回連続の最優秀スピーカーを受賞する快挙でした! 例会後は、任意参加で毎回行っている例会後の喫茶店での交流会及び飲み会も盛況となりました

(溝の口トーストマスターズクラブ 藤山)


投稿者: vppr 投稿日時: 2007-1-21 11:55:00 (1118 ヒット)

1月20日、高津市民館にて第14回溝の口トーストマスターズクラブ例会が開催されました。早くも年度末に向けて忙しい思いをしている会社員の方も多く、それだけに休日に開かれたこの会は、良い息抜きになったようです。

今回もゲストをお迎えし、総勢17名での、チャータークラブに負けない例会となりました

今回から、例会の新しい役割として、「テーブルトピックス論評」を導入することになりました。これは、テーブルトピックスでスピーチを行った話し手一人ひとりに論評を1分/人くらいで行うというものです。外国のクラブではよく取り入れられていますが、日本では武蔵小杉トーストマスターズクラブなど、ごく一部でしか行われていません。

また、溝の口独自の教育ルールとして、「最優秀賞の投票の際、被投票は自分に入った票の数のみ、集計係に聞いて確認できる」ということになりました。自らのスピーチや論評がどれだけ評価が高かったのか、最優秀でなかったとしても、票を入れた人がいるのか? など、自らのパフォーマンスを計る相対的な物差し、あるいはモチベーション向上のツールとして活用していただくのが目的です。今回初めて取り入れてみたところ、「思ったよりも多くて安心した!」などの声が聞かれました。このような試みを次々と行えるのも、新しいクラブの強みです。

今日も前回に続き、スピーチは4本でした。

まずはアイスブレーカー(自己紹介スピーチ)のN田さん。「私の生涯スポーツ」という題で、ウォーキングとN田さんの関わりについてのお話でした。お子さんの一言から始まったウォーキングが、やがては登戸から東京ディズニーランドまで徒歩で10時間かけて歩く経験をされたことなど、みんなにとって共通点の多い話題の中に、あっと驚くストーリーが満載でした。富士山登頂にも成功し、「無理だと思っていたことも、続けることによって達成できた」というお話に、N田さんの一生懸命なお人柄が良く表れているように思いました。

二回目のスピーチとなるY田さんは、「のだめカンタービレ」の漫画がY田さんとご家族の音楽との関わり方に与えた影響について、最初のスピーチに引き続き真摯さを込めて語られました。前回に比べて、さらに自信も増して、スピーチすることを楽しまれていた印象を受けました。Y田さん自身のピアノを弾く姿勢が、「のだめ」の姿勢によって影響を受け、クラシックを聴く姿勢も変わり、さらには小学生の息子さんまで影響を受け、クラシックコンサートを聴いて「かっこいい!」「ラフマニノフの曲っていいね!」という姿に感動した、というお話に、私たちも心動かされました。

本日の最優秀スピーチは、当日キャンセルを受けて急遽例会開始5時間前にスピーチを承諾して下さった、武蔵小杉TMCのH田さんでした。「あなたの水槽は一杯ですか?」という、タイムマネジメントについてのスピーチでした。あるビジネス研修で、先生が水槽に岩石を入れ、「この水槽は一杯ですか?」と聞く。そして小石、砂、水を入れ、「この水槽は一杯ですか?」と問い続けました。 水槽を時間、岩石を一番大事なブロックに例え、優先順位をつけることが大切、という内容で、その過程をとても分かりやすい図を用いながら、あたかも実際の水槽を使って実演するように紹介していきました。 このお話は、『自己プロデュース40の方法』(田中京著、講談社)や、『ザ・ビジョン』 (ケン・ブランチャード,ジェシー・ストーナー著、田辺希久子訳、ダイヤモンド社)などにも紹介されているとのことです。

最後のスピーカー、I間さんは、「笑いを取り入れろ!」という題で、 笑うことが生活に与える様々な良い影響について話されました。日常の生活での人間関係の潤滑油、緊張緩和の手段としてのほか、健康に有効であることが科学的にも実証されているというお話でした。 例えば、糖尿病やがんなどの健康にも有効で、糖尿病の治療にお笑いのビデオを使っている病院もあるそうです。また、 たくさん笑うことによって、血液の流れもよくなり、脳に血が流れ、記憶力まで上がるとのことです。あとで調べてみたところ、中高年の糖尿病の患者に漫才を鑑賞してもらう実験が大学で行われていたり、笑いと健康の関係を医学的に解明する学会が存在するなど、様々な研究が進んでいるそうです。

溝の口トーストマスターズクラブは現在も、笑いが絶えない会ではありますが、今後ももっと笑いの多い、楽しいクラブにしていきたいと感じさせられるスピーチでした。

2月最初の例会では、本日初めて来られたゲストの方が、また次回いらっしゃるとの嬉しいコメントを頂いたほか、他にも数名の方から既にご見学のお問い合わせをいただいております。 次回は入会式の予定もあり、盛会が期待できそうです

(溝の口トーストマスターズクラブ 藤山)


投稿者: vppr 投稿日時: 2007-1-7 11:38:00 (1125 ヒット)

2007年1月6日(土)、高津市民館にて、溝の口トーストマスターズクラブ 第13回例会が開催されました。

今回は前回入会を表明された、N田さんとI島さんの2名の入会式が行われました。新春早々の良いニュースに、会場は大いに沸き立ちました。初めて来られたゲストも2名、合わせて14名での開催でした。

今年初の例会は、溝の口のスポンサークラブ(親クラブ)となった武蔵小杉トーストマスターズクラブの会長、S井さんが司会、総合論評は江戸クラブ教育担当副会長のK井さんとベテラン進行。テーブルトピックスは、溝の口会員で初司会に挑戦のS木さんが、昨年末〜年初までの出来事について、質問を当てる順番も時間管理もぴったりこなしました。

今回も前回と同じく、スピーチ4本の例会となりました。
一人目のスピーカーは前回入会式を行ったO原さん。「流した汗は報われる」という題で、溝の口でトーストマスターズクラブに入会された理由を中心に、「緊張してかく汗」「努力の末に流す汗」を対比して、とても真摯に、かつ分かりやすい構成で話しました。箱根駅伝などの話も交えた、O原さんの自己紹介と共に季節感にも溢れるスピーチだったと思います。

二番手のS野さんは、「初詣の願い事が叶う確率をあげる方法」について、「真のお願い(その願いを叶えることに、自信があるかどうか?)」をキーワードにスピーチを行いました。S野さんの今年の「4つの願い」の中には、「トーストマスターズでスピーチを上達させる」という願いも。そして、三番手のT木さんは、「あなたも億万長者に!」というタイトル。 とは言っても宝くじでも投資でもありません。今日からできる、とてもシンプルな方法「お札を同じ向きに揃える」について、長者番付の常連であった斎藤一人さんのお話などとともに、ユーモラスかつ説得力のある展開で話されました。


S野さんとT木さんは入会して数ヶ月で、それぞれスピーチは3番目、4番目ですが、今回のスピーチでお二人とも、飛躍的にスキル、内容ともに向上されたのがとても印象的でした。新入会員入会と並んで、新春の嬉しい例会の見どころでした。 二人は、今回の最優秀スピーカーとなりました

最後のスピーカーは、エリアガバナーO江さん。「風邪に勝つ」というタイトルで、「冬に風邪を防ぐ道具として、体洗い用のたわしを売る」上級スピーチをされました。風邪を引く仕組みについての科学的な説明から、「さあ、ものの始まりが一ならば、国の始まりは大和の国、島の始まりは淡路島。泥棒の始まりが石川の五右衛門ならば、バクチ打ちの始まりは熊坂の長範」という寅さんの口上まで、様々な題材を使って、聴衆を飽きさせない展開のプレゼンでした。


例会後の交流会も、ほぼ全員が参加。交流会では新会員、ゲストの方が多かったためか初対面の方が多く、名刺交換の風景も見られ、新しく人と知り合う良いきっかけになりました。今月20日にも、12月に入会表明した2人の入会式が行われる予定です oo

(溝の口トーストマスターズクラブ 藤山)


« 1 ... 36 37 38 (39)

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2