ログイン
メインメニュー


投稿者: vppr 投稿日時: 2016-5-1 15:10:02 (109 ヒット)



第235回例会は、大山街道ふるさと館での開催となりました。

今回はテーブルトピック、準備スピーチ4本と久々にオーソドックスな構成での例会です。

今日のTMODはOさんです。ベテランらしく安定した司会ぶりとOさんらしい和やかな雰囲気づくりで例会を盛り立てます。

今日の言葉は「約束」です。
普段から耳にする言葉ではありますが、大人になってからは意外と使わない言葉ですね。


ヘルパー紹介の後、テーブルトピック(TT)からスタートです。
TTマスターは、初挑戦のMさんです。Mさんが最近気になってることや最近の悩みをテーマに身近で話しやすい質問を提供し、テーブルトピックスをうまく進行されました。

質問 屮撻奪箸悗寮椶景」Uさん
質問◆峪纏の効率化」  Iさん
質問「健康管理について」Sさん
質問ぁ崋屬亮動運転装置について」Nさん
質問ァ峺朕佑虜匈佳从」Kさん

Mさんが用意した質問はここまででしたが、時間に余裕があったので追加でもうひとお題

質問Α嵎向音痴の対策」Mさん

テーブルトピックスはお題に対して即興でのショートスピーチのため、とっさの回答で素の一面が出ることもあります。皆さんの意外な一面を知ることができるのもテーブルトピックスの楽しみの一つです。
今回はUさんの「爬虫類など珍しい動物をペットにしたい」という願望や、Mさんの測量士の資格を取ったときの所長に教えられた経験から、方向感覚を間違わないために「常に北を意識する」ことを学んだ、といった意外な一面を知ることが出来ました。

続いて準備スピーチです。
今回スピーカーは4名で、基本マニュアル(CC)の目標レベル(*)がCC#1、3、5、8とバラバラでした。それぞれ異なる目標に沿ったスピーチでバラエティに富んでいてとても聞き応えがありました。

 *CCの目標レベル:スピーチで各レベルの目標を達成すると次の段階に進みます

1番目は前回入会されたばかりで早々にアイスブレークのスピーチに挑戦されたKさんです。タイトルは「昔の自分を追い抜こう」で、溝の口TMCの年間スローガン「今の自分を追い抜こう!」に引っ掛けたうまいタイトルです。
初めてとは思えない落ち着いたスピーチで、人前が苦手、高いところが苦手という苦手意識をどのような経験から持ってしまったか、またこれを克服するためにどう取り組んでいるかを分かりやすくお話しされました。
小学校の時にマジックで失敗して人前が苦手になった、その経験を乗り越えるためにこのスピーチの場で実際にマジックを披露し成功させる、という聴衆を引き込む演出もお見事。
ライブ感のある素晴らしいスピーチでした。

2番目はRさんでタイトルは「中国人のよさ」です。
「親族を大事にする」「友達を大事にする」という中国人の良さをRさんご自身の実例を交えて分かりやすくかつ情熱的にスピーチされ、異文化に対する理解が深まる素晴らしいスピーチでした。


3番目はIさんでタイトルは「人前でスピーチができるようになりたい」です。
Iさんが60才を過ぎてから、人前で話すことに対する苦手意識を克服するために始めた合唱団とトーストマスターズへのチャレンジについて、ボディランゲージを効果的に使って臨場感たっぷりに生き生きと表現されました。
ご自身のチャレンジの結果、成長されている姿がまさに今回のスピーチに表れていてとても心打たれるスピーチでした。


4番目はSさんでタイトルは「一枚の地図で夢を叶えよう!」です。
自分の夢やなりたい姿に関連する写真やイメージを1枚のボードに貼って、普段目につくところに置いておくとその夢が叶うという、本当だったらすごいけど、にわかには信じがたいという話を、具体的な事例やご自身の話も交えて説得力を持ってスピーチされました。
すぐに参考にしたくなるとても素敵なスピーチでした。


続いて論評の部です。
今回の論評は皆さんベテランの方々で、準備スピーカーに対して良かった点と改善点を適確かつ分かりやすく論評されました。
論評されることでスピーカーのモチベーションアップにつながり、また他の人にとっても良い論評を聞くことで、スピーチに対する評価の視点を増やすことができます。
これはトーストマスターズの優れた仕掛けの1つだなといつも感じます。

総合論評のKさんより、準備スピーチ以外の役割について評価されました。ベテランのKさんのきめ細かくかつ多角的な評価はいつも勉強になります。


そしていよいよ受賞者発表です。
ベストテーブルトピックス賞:Mさん
ベスト論評賞:Sさん
ベストスピーカー賞:Sさん


以上、第235回の例会も和やかな雰囲気のうちに無事終了いたしました。

続き... | 残り4291バイト | コメントする

投稿者: vppr 投稿日時: 2016-3-3 17:07:08 (166 ヒット)

第230回の例会は、ホームグランドである高津市民館での開催でした。
ドアをあけて部屋に入った瞬間に、いつもと違うピリピリとした緊張感を感じました。
今日はエリアコンテストの出場決定戦が行われます。私は初めて決定戦の例会に参加しましたが、さすが、決定戦となるとこのような雰囲気の中で行われるのだと実感しました。

さて、今日のTMODはK下さんです。とても落ち着いていて、安心感があります。第230回という節目の例会、そして出場決定戦にふさわしい堂々とした司会進行をされていました。

はじめにゲスト紹介が行われました。本日は1名のゲストの方がいらっしゃいました。ここのところ毎回ゲストの方が来られます。とてもうれしいことです。

続いて、I藤さんから、今日の言葉が発表されました。
今日の言葉は『表情』。国立博物館の「始皇帝と大兵馬俑」をみて、兵馬俑の様々な表情に感銘を受けたというお話がありました。お話を聞きながら、普段の生活の中で、スピーチの中で、様々な表情を自然に出せるようになりたいと思いました。

続いて、テーブルトピックスです。今日の担当はK林さん。メンバーの中で最年少のK林さんですが、毎回、社会派の鋭い視点のテーブルトピックスを出題して、メンバーをうならせます。
さて、本日のお題は
質問1「ホームレスについて」 Iさん
質問2「こどもの貧困について」 Kさん
質問3「男女差別について」 Iさん
質問4「男女別姓について」 Kさん
質問5「同性婚について」 Mさん
質問6「アンフェアと感じることについて」 Tさん
今回も鋭いトピックスの数々でしたが、指名された方は、しっかりと答えていました。さすがです。毎回、テーブルトピックスで、普段からいろんなことに関心を持って生活することの大切さを痛感します。

続いて、いよいよ、エリアコンテストの決定戦です。
トップバッターはS村さんです。タイトルは『基本に忠実に』です。
ボディランゲージを多く使い、熱意のあるスピーチをされていました。
先輩の仕事やお客様に対する強い思い、そして、基本に忠実に取り組む姿勢に触れて、ご自身が気づいたことについてお話しされていました。先輩とのやりとりがとてもリアルで臨場感が伝わってきました。物事には普遍的な基本や原則があり、大切にしていかなくてはいけないと再確認しました。スピーチで聴いたことを、明日からの仕事に早速生かしていきたいと思いました。

2番目は、Oさんです。タイトルは『趣味を仕事に』です。
表情がやわらかく、終始笑顔でスピーチをされていて、優しい人柄がとてもよく出ていました。ご自身が好きなフラワーアレンジメントを趣味から始めて、教室を開くまでになったことをお話しされていました。とても、楽しそうにお話しされていて、お花が本当に好きなことや、お花から元気をもらっているということ、趣味を仕事にすることの素晴らしさが十分に伝わってきました。聞いていて、私もとても幸せな気分になりました。私も趣味を仕事にしたいという将来の目標が1つできました。

3番目は、U田さんです。タイトルは『こども時代から現在のこと』です。
声が素敵なU田さん。スピーチのはじめから話にひきこまれます。終始、穏やかな優しい表情でお話をされていて、聞いている側も、とても穏やかな気持ちになりました。こどものころのアルバムをみて感じたことから始まり、現在のご自身のことをお話しされていました。私はもう長いこと、こどものころのアルバムを見ていませんが、久しぶりに見てみたいという気持ちになりました。そして、U田さんの歌がとても聴きたくなりました。近いうちにぜひお願いします。

最後はNさんです。タイトルは『原因と結果』です。
抜群の安定感で、毎回説得力のあるスピーチをされるNさん。今回もその安定感は健在で終始、落ち着いて淀みのないスピーチをされていました。ご自身が人間関係にはまっていたときに、友人から本をもらい、その本から「自分の心のありようが現実を作っている」ことに気づいたことを話していました。ご自身が悩んでいるときに友人から2冊の本をもらったように、今度はトーストマスターズのメンバーに自分が与えようと思ったという最後のメッセージに、溝の口トーストマスターズへの愛情を感じました。

4人のスピーチが終わりました。4人ともスピーチに対する情熱を感じる素晴らしいスピーチでした。私も含めて、新しいメンバーが続々と入会していますが、そんな新メンバーにとって、目標となるお手本をみせていただくとてもよい機会になりました。4人のような素晴らしいスピーチができるように頑張っていこうと改めて思いました。

続いて、論評の部です。
U田さんへはY田さん、NさんへはMさん、OさんへはN原さん、S村さんへはSさんが論評を行いました。それぞれの論評で、良い点3つ、改善点1つを指摘されていました。どの指摘も的確で、スピーカーにとって次に役立てて生かしていくことができる内容でした。また、どの論評にも、「とてもよいスピーチでした。お疲れ様でした」、「更に上達してほしい」、「エリアコンテストに進んだら頑張ってほしい」という温かいメッセージが込められていました。このあたたかさや、お互いを応援する気持ちこそが、トーストマスターズの強みなのだと感じました。

最後に結果発表です。
エリアコンテスト出場の座に見事に輝いたのは『原因と結果』のNさんです。おめでとうございます。エリアコンテストは3月13日(日)に行われます。Nさん、頑張ってください。
ベスト論評賞は、N原さんが見事に受賞しました。おめでとうございます。
テーブルトピックス賞は、私、Kが受賞しました。ありがとうございました。

例会の後、近くの居酒屋さんで、新年会が行われました。おいしいお酒とおいしい食べ物、そして楽しいおしゃべりと、3拍子揃った充実のひと時を過ごしました。さらに、ここでも、テーブルトピックスを行ったり、メンバーのいろいろな話を聞いたりと、とても中身の濃い新年会になりました。新メンバーも参加していましたが、今日の新年会でメンバーの親睦が更に深まったのではないでしょうか。これからの活動が、益々楽しみになった、今日の例会でした。


投稿者: vppr 投稿日時: 2015-12-8 11:56:41 (178 ヒット)

今年最後の例会となった今日は、スペシャル企画の「テーブルトピックスづくし」のイベント例会が行われました。テーブルトピックス(TT)とは、当てられたお題を即興で回答するスピーチの練習です。普段は、自分の経験に沿ったテーマを事前に考えてスピーチする事が多いですが、TTでは瞬時の発想力が試されます。今回は参加者一人一人がお題を考えて、くじ引き形式で即興スピーチを行いました。そこで、今日のTTの優勝者達の華麗な回答ぶりを簡単に紹介したいと思います。



まず、優勝したTさんが引いたくじのテーマは「最近の子供の名前」についてでした。最近良く見受けられる日本人離れした名前や流行にちなんだ命名を身近な例を挙げながら説明し、それについて意見を述べました。一生つきまとう名前は、その人を形作るアイデンティティの大切な一部であるだけに、その時の流行だけに惑わされずに、しっかり熟慮して名前選択をする必要性を呼びかけました。二分とは言え、内容の濃い、説得力のあるスピーチでした。

準優勝のKさんは「よく考えずに失敗した事」というテーマで、自分の家のクローゼットの選択の失敗について話しつつ、最終的には、自分は考えすぎて失敗してしまう事が多い事から、逆に考えずに行動する事も必要であると言うクレバーな結論に結びつけました。

同じく準優勝のTさんは「セキュリティー」というお題で、自分の職業の専門でもある住宅のセキュリティーシステムの向上についてお話しました。技術の進歩から、コストの面まで具体的に分かりやすく説明してくれました。

もう一人の準優勝者、Sさんは、「TMCに入会した理由」を聞かれ、四年前の記憶をさかのぼって、初々しい頃から今までの進展を自分でツッコミを交えながら面白楽しく物語ってくれました。

他にも、季節にちなんだクリスマス、お正月、冬休みなどのテーマが多く取り上げられ、リラックスした雰囲気の中で、お茶会をちなんだ楽しい例会となりました。

個人的な感想としては、ついつい焦ってしまい、早く終わらせようと駆け足で話してしまいがちですが、TTこそ、与えられた時間を存分に使って、心に余裕を持ってゆっくり考えながら話した方が、良いスピーチが出来そうです。あとは、どんなお題でも、とにかく自分の経験にどうにか結びつける事!今日のベテランたちのTTをお手本に、また次回からチャレンジしていきたいです!


投稿者: vppr 投稿日時: 2015-11-20 10:59:58 (198 ヒット)

本日の第224回例会は、溝の口からは少し離れた多摩市民館での開催となりました。
「溝の口トーストマスターズクラブ」というクラブ名ですので、溝の口で開催できるように心がけてはいるのですが、会議室の予約の都合上、たま〜に溝の口で開催ができないこともあり・・・
(というのは言い訳ですね。溝の口での開催が継続できるよう会場予約を担当している私、がんばります。。)

さて、本日の例会ですが、初めて見学されたゲストさん1名も加え、今回も嬉しいことに新入会員のKさんの入会式から始まりました!
ここ最近、スピーチ力を向上させようと志を同じくしたメンバーの入会が続いており、嬉しい限りです!この調子で入会メンバーが増え続けるといいですね。

まずは、今日の言葉ですが、Mさんより、職場のメンバーが変わり、自分の仕事の役割も変わったことで気持ちを新たにするという意味で「心機一転」という言葉を挙げられました。
仕事に変化があると、クラブでの活動との両立が課題となることがありますが、私の個人的な考えとしては、本業はあくまでも仕事。クラブには積極的に活動できる時期、できない時期が出てくるるのはやむを得ないと思います。
とはいえ、そこはクラブ全体で支え合って、活動できる時期、できない時期があったとしても「まずは継続すること」が大切なのかなと思ってます。
そのためには、無理のない活動を心がけることが息切れせずに活動を続けられて、最終的にはスピーチ力向上の一番の近道かもしれない。と、思いながら私はマイペースに活動しております。はい。

続いて、Yさんによるテーブルトピックス(TT)ですが、今回出されたお題は、「印象に残った本」、「最近の気になるファッション」、「自分の得意料理」、「道に迷ったことにまつわるエピソード」でした。
今回、私は回答は求められませんでしたが、もし、回答を求められたらうまく回答できるかな?と考えさせられる良いお題でしたし、回答者のみなさんも積極的にチャレンジしておりました。

そして、本題の準備スピーチのコーナーです。
本日は3本。まずは、前回の例会で入会されたTさんの初スピーチ、アイスブレーカー(自己紹介)です。Tさんは初めてとは思えない堂々としたスピーチで、3年は継続する、自身の仕事・趣味・資格の3つのお話など、「3の付く私」というタイトルにちなんだ、3をテーマにした内容のまとまったスピーチを披露されました。

続いて、Kさんによる「脱原発デモの軌跡」です。Kさんは前回の例会に続いて今回もスピーチをして頂きました。自身が映画で見た体験から脱原発デモ、政治に関心を持ち、自身の人生観にまつわるお話まで披露していただき、非常に考えさせられる内容でした。

最後のスピーカーは私、Sです。タイトルは「個人の力より、チームの力」。仕事でうまくいっていないエピソードを踏まえて、チームとして活動することの大切さについてお話しました。
毎度ながら準備スピーチは緊張しますが、定期的にスピーチして場数を踏むことが大切ですね。

そして、準備スピーチの後は、論評のコーナー。
スピーチした内容について、良かった点、改善点など論評、フィードバックが頂けます。
普段、なかなか自分のスピーチした内容についてフィードバックをもらえる機会はありませんので、非常に励みになりますし、今後に向けて参考になります。

本日は受賞者は、
ベストTT賞は、Mさん。
ベスト論評賞は、Kさん。
そして、ベストスピーカー賞は、私Sが頂きました。
(やはり、受賞されるとうれしいですね。)

ということで、第224回例会も充実した内容でした。
本日の司会進行(TMOD)を担当されたUさん。ベテランらしくさすがは安定感のある進行でした。
ベテランと新人がうまく融合した形で本日の例会も終了いたしました。


投稿者: vppr 投稿日時: 2015-10-23 19:01:39 (197 ヒット)

今回は、嬉しいことに、新メンバーを迎える入会式から始まりました。Y.Tさんの入会式です。このところ、溝の口TMCは新メンバーが続いています。例会の最後にも、見学を重ねてきたD.Kさんの入会表明がありました。お二人ともに大歓迎です。

さて、例会の今日の言葉は、Nさんが担当し「思ったより」でした。「思ったより」いいスピーチができる例会となるといいですね・・・という思いが込められています。

テーブル・トピックス(TT)マスターの担当はMさん。Mさんは、以前のTTマスター役で、「お題の出し方が難しかった」との声が出たことに触れ、「出された話題にすばやく対応する訓練でもあるTTは、職場でも役に立つはず。難しいお題にも積極的にチャレンジを」と参加者を励ましました。お題は、「これ、ちょっとおかしいのでは?」など、日常生活の中から話題を拾って、緊張感がありながらも、楽しいTTタイムを演出、ゲストの方にも全員チャレンジいただきました。

 準備スピーチは、なんと最近入会したばかりのお二人、A.Kさん、X.Lさんのアイスブレークと、入会して半年弱のY.Nさんのスピーチとなりました。
 A.Kさんは、自分自身の経験から、「第三文化(Third Culture Kids)を生きる私」というタイトルで、両親とは違った文化の中で育つ子どもたちの苦労と可能性を語りました。メンバーのほとんどが、「第三文化(Third Culture Kids)」という言葉を知らなかったのですが、アイスブレークとは思えないA.Kさんのしっかりとしたスピーチで、新しい言葉の意味や背景を知り、それについて様々に考える機会を得ることができました。
 X.Lさんは、日本に留学し日本で働く若き中国人です。見事な日本語で、メモなしのスピーチでした。タイトルは、ずばり「自己紹介」。日本語に苦労しながら大学院を卒業し、日本社会の壁に負けずに就職に至った経緯とその思いが、持ち前のスピーチ力で、メンバーの心にしっかり伝わりました。このスピーチも、私たちに多くのことを考えさせてくれました。
 最後は、Y.Nさんの「宇宙はロマン」というスピーチです。梶田教授のノーベル賞受賞で、一挙に注目を浴びているニュートリノから話を展開。「ニュートリノはこの宇宙を出て自由に移動できるが、私たち人間を含む世界は薄い膜のようなものに張りついていて、そこから移動できない。この膜は実は何層もあり、別の世界が存在して、それぞれには宇宙人が存在する」という、まさに、「宇宙のロマン」を話してくれました。

 ベスト・スピーカー賞はA.Kさん、ベスト論評賞はX.Lさんの論評をしたN.Yさん、ベストTT賞はE.Nさんでした。

 また、本日のTMODは、ベテランのY.Sさんで、時間配分を工夫して、論評者へのコメントシートを書く時間を作ってくれました。論評者であっても、メンバーの反応やアドバイスが記載されたコメントシートをもらえるのは嬉しいですね。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 31 »

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2