ログイン
メインメニュー


投稿者: vppr 投稿日時: 2016-10-22 21:51:21 (122 ヒット)


第247回例会が10月15日(土)に、中原市民館で開催されました。

この日は、目黒TMCのT橋さん、神奈川TMCのH坂さんが
遊びに来てくださいました。

冒頭の開会挨拶ではN原会長が、先日参加された
お友達の結婚式の話をしてくださいました。
会場が海の洞窟、出席者が全員参加型の楽しい式で
参加型のイベントはより良い経験・良い思い出になる、
今日の例会もみんなで参加して楽しい例会にしましょうね!
とメンバーを盛り上げてくれました。

そして、A井さんが久しぶりに司会として登場しました。
A井さんの楽しくもそこはかとなくブラックな感じのユーモアは健在でした。
また時間管理もしっかりとした、安定の進行でした。

今日の言葉は、Oさんの「抗う」でした。
ご家族とのけんかエピソードを交えてお話しされていました。
使いやすいようで使おうとするとなかなか難しい、
お題として鍛えられる良い言葉でした。

続いて、計時係、集計係、えーとカウンタ、文法係の役割説明がありました。
各担当者はベテラン揃いで、各役割の目的と仕事内容をわかりやすく説明していました。
ルール説明は大事ですね。毎回、説明を聴いていると例会がぴしっと引き締まります。
ルールがあっての楽しい例会だと感じます。

2分間テーブルトピックス(即興スピーチ)では
テーブルトピックスマスターのN原さんから以下のお題を出されました。
楽しみながら良い訓練となりました。
・参加してよかったと思ったイベント(スピーカー:神奈川TMC、H坂さん)
・パーティで知らない人と仲良くなるコツ(スピーカー:A井さん)
・オリンピックにどんな形で参加したいか(スピーカー:Y田さん)
・自分が参加できないイベント…自分のお葬式について(スピーカー:U田)
・TMC参加前の気持ち・効果的な準備(スピーカー:Oさん)

準備スピーチは2本ありました。

1人目は目黒TMCのT橋さんで「インドが教えてくれたこと」
インド旅行のお話をしてくださいました。
語彙力が豊かでインドの情景を生き生きと語られていました。
人生は旅…という言葉から、自分の旅について考えました。

2人目はIさんの「貧困・私たちにできること」
ホームレスや高齢者の抱えている問題について教えてくださいました。
ホームレス達が良い内容の冊子を売っていて、その冊子を買うことで
ホームレスへの支援になることを、初めて知りました。

論評の部では、S村さんがT橋さんのスピーチに対する論評を、
K下さんがI藤さんのスピーチに対する論評を担当しました。

お二人とも、良かった点と具体的な改善点を制限時間内にまとめ、
スピーカーにしっかり伝えていました。

S村さんは、さすがベテランの風格で、スピーカーだけでなく
聴衆にも参考となるような論評でした。
T橋さんのプロジェクト目標であったボディラインゲージと、
スピーチのメッセージについて熱心に論評をされていました。

K下さんもまたS村さんとは対照的な雰囲気で、冷静にスピーチを分析していました。
全く隙がないと思われたI藤さんのスピーチの構成について、
改善点をしっかり伝えていて、なるほど、と思いました。

論評も、人によって様々なスタイルがあり、面白いと思いました。
自分の気づかなかった、違った視点での論評を聴いて、勉強になりました。

今回は、少人数で、落ち着いた和やかな雰囲気で進みました。
少人数の例会もいいものです。

次回の例会はどうなるでしょうか?次回の例会も楽しみましょう!

例会記録係 U田


投稿者: vppr 投稿日時: 2016-10-8 9:34:42 (111 ヒット)



溝の口トーストマスターズ第246回例会が、10月1日(土曜日)テクノ川崎で開催されました。

今年の暑さは彼岸過ぎからということで、この時期まだ暑さが続いて疲れがたまっている人もいるでしょう。皆さん体調に気を付けてください。

「会長挨拶」
まず、会長Naさんの挨拶。
「溝の口トーストマスターズクラブはdistinguished clubに認定されました。
皆さんこの1週間に何か良かったことありましたか?テーブルトピックスで、“今までに一番良かったことは何ですか?”と聞かれることがあるので、普段から良かったと思ったら出来事を書きとめ、スピーチに供えることを勧めます。」なるほど書き留めておけば記憶に留めることができますね。

今回の例会には、溝の口会員15名とエリアデレクターKiさんが参加されました。

「お知らせ」
教育担当のNsさんより
10月10日:テーブルトピックスエリアコンテストが生涯学習プラザにて行われます。溝の口トーストマスターズから2名のコンテスタントが出ます。
11月5日:新人戦コンテスト(12月17日)に向けてのインハウスコンテストがあります。CC#5以下かつ入会して1年半以内の方に出場資格があるそうです。

「TMOD挨拶」
本日のTMODはKnさん。
溝の口クラブはエリア51に所属しています。このエリア51やエリア52について、面白い話をされました。エリア52にはETのゲームソフトがたくさん埋められているという噂が、、、、。なーんだ、こちらはエイリアン、UFO、地球外生命などを想像してしまった。

「今日の言葉」
担当はTkさん。今日の言葉は、職場でよく使われる言葉‘適宜(てきぎ)’です。使うと便利な言葉ですね。

「ヘルパー紹介」
計時係:Moさん
集計係:Yaさん
文法係:Naさん
えーとカウンタ:Neさん
例会記録係:Itさん

「テーブルトピックス(TT)」
2分間テーブルトピックスのコーナーです。テーブルトピックスの司会はSiさん。今年のテーブルトピックスエリアコンテストで出されたお題中心に出されました。

【No.1よりオンリーワン・あなたにとりオンリーワンは何ですか】Ueさん 
歌が好きであること、自分の歌声はオンリーワンのものであること、歌い過ぎで声が出なくなった時は失望感を感じました。

【あなたにとりトーストマスターズクラブの意味とは。】Naさん
道に沿って進んでいけば、いつの間にか山の頂上についていると同じように、トーストマスターズの決められたカリキュラムに沿って進めばいつの間にかスピーチが習得でき、またリーダーシップが身に着くというのがトーストマスターズ。

【貴方はロボットの開発者、大切な人にどんなロボットを作ってあげたいか】Suさん
その人の不足部分を補ってくれるロボット、助けてくれるロボット、よきアドバイザーのようなロボット。究極はドラえもんでしょうか。

【Na会長に秘書を付けるとしたら、どのような人を付けるか】Moさん
パワフルで細やかなので、秘書は不要でしょう。強いて言えば、秘書は反対の性格の人がいいでしょう。

【あなたの前に箱があります。その中にはあなたの好きな物が入っています。箱の中に何が入っているでしょうか。】Kiさん
アイスコーヒーです。年中ホットよりもアイスコーヒーを飲むのでプレゼントされると嬉しい。箱に入れて贈り物をすると、何が入っているのだろうと想像を掻き立てる。母の誕生日にはプレゼントを箱に入れて贈りたい。


「準備スピーチの部」
「準備スピーチ 1」タイトル:「9分の1の私」
準備スピーチの一本目はKoさんCC#5「ボデイランゲージ」。
同僚のSさんは性格的に物事を適当にやるタイプ、平気で自分のやるべきことを忘れたり他の人に頼んだりするので腹が立つことがある。反対にスピーカーのKoさんは完璧主義で仕事は人任せにできない、人に手伝ってもらうのも憚られるタイプ。しかし世の中にはSさんを受け入れる人もいる。ここでエニアグラムについて紹介。人は、エニアグラムで診断すると、9通りのタイプに分類される。人は違って当たり前、世の中には9通りの人が満遍なくいるのでうまく行く。Sさんのような人も世の中に必要である。(エニアグラム診断興味深いです。自分を知り、より良い自分になることですね。)

「準備スピーチ 2」タイトル:「ラン活」
準備スピーチの二本目はUsさんCC#7「トピックのリサーチ」。
土屋ランドセルはマーケットで販売に成功している。2016年7月1日ランドセル発売開始日のアクセス数が多すぎてシステムダウンしてしまったほど。
その成功の理由は母親をターゲットにし、母親の心を掴み、販売戦略が巧みである。
シンプルで美しいデザイン、良質な素材である。余計な広告は入れず、ランドセル商品一本に絞ったスマートな広告。商品に自信を持っている。
(二人の子供のお母さんらしいスピーチでした。ラン活がランドセル活動だったとは、、、)

「準備スピーチ 3」タイトル:「内なる声バージョン2」
準備スピーチの三本目はNsさんCC#10「聞き手を鼓舞する」
高校生の時の初めてのアルバイトの話から始まりました。30年前のNsさん自身の体験。初めてのモップの訪問販売、恥ずかしくて玄関のベルが押せず、帰ろうかと思ったとき‘お前ならできる’という内なる声がしたので、勇気をだして玄関のベルを押した。これがきっかけで売れるようになる。この時の売り上げはトップとなる。結婚3年目完全歩合制の営業の仕事に転職する。しかしお金のためだけのセールスに疑問を持ち2年後退職。自信なくした営業マンほど役に立たないものはない。失意のうちに歩いているとき店先で売られていた傘を見て、この傘を売ってみようと思った。再び内なる声‘お前なら売れる’が聞こえた。売り出してみるとどんどん注文がきた。その後しばらくして売れなくなったころ、また内なる声‘もう売らなくてもいい’が聞こえた。その後営業コンサルタントになる。大きな決断の時に聞こえる内なる声、皆さんの内なる声は何をささやいているでしょうか。(8-10分の長いスピーチをうまくまとめ上げました。内なる声に導かれながら、困難を乗り越え、切り開いて、より高みに上ってきたことがよくわかります。)

「論評の部」
Koさんへの論評をTnさん:
課題をクリア、ボデイランゲージ良かった。導入の語り掛けうまく、本論、結論と構成のうまさ。9通りの性格の分類についてもう少し知りたかった。

Usさんへの論評をSuさん:
タイトルに引き付けられた。資料の使い方が良く分かり易い。声が通る。話中目線を上に向けるとよい。土屋カバンの値段を知りたかった。

Nsさんへの論評をUeさん:
CCをすべて達成。ボデイランゲージ良かった。前回より語り掛けるものがある。改善点を見つけるのが難しい。

「総合論評」Smさん
Smさん準備スピーチが終わってからの途中参加でしたが、論評を聞いただけで準備スピーチを想像出来たとのこと。論評者にとり嬉しい言葉です。


「受賞者発表」
ベストテーブルトピックス賞:Kiさん
ベスト論評賞:Suさん
ベストスピーカー賞:Nsさん

「ゲストさんのコメント」
エリアディレクタKiさんのコメント
「溝の口クラブは、人数は多くないけれど、真面目な人が多く、落ち着いた雰囲気で全員が楽しんで自分の担当をこなしていました。私も楽しませてもらいました。」Kiさんありがとうございました。

以上、第246回の例会も和やかな雰囲気のうちに無事終了いたしました


投稿者: vppr 投稿日時: 2016-9-24 15:47:04 (122 ヒット)


今日は、「テーブルトピック」(即興スピーチ)のクラブ内の対抗戦。この対抗戦上位2名が10/10に行われるエリア51コンテストに出場です。残念ながら会員の出席者は少なかったのですが、ゲストが3名来てくださいました。

今日の司会はイケメンMさん。そして今日の言葉(できるだけ例会中で使うように心がけるワード)はTさんが選んだ「気」。その「気」になれば、結構使えそうな言葉です。

本番のテーブルトピック対抗戦の準備運動もかねて、今日は二人体制で8問のテーブルトピックスピーチがありました。お題はこんな感じ・・・
まずは、Mさんの出題。
1本目:何か新しい趣味に挑戦していますか?
2本目:ポケモンGOについてのどう思いますか?
3本目:「いたずら」したことの思い出ありますか?
4本目:ランドセルについて印象に残っていること。

ここで、出題者がOさんに代わり、続いて
5本目:あなたの特技は?
6本目:料理をしますか?
7本目:今まで読んだ本の中で感動したものはありますか?
8本目:秋の夜長に一人でやりたいことありますか?
という出題。

5本目、6本目はゲストさんが指名されました。二人とも「拒否権」は発動せず、ご自分の体験を絡めたすばらしい即興スピーチをしてくださいました。また、7本目の質問に対して、Sさんは「ガリバー旅行記」について話しましたが、あらためて聞いてみるといろいろな知恵のメッセージが込められている小説で、あらためて読んでみたくなりました。たった2分の短いテーブルトピックですが、いろいろな視点をもらえて面白いです。

いよいよテーブルトピック対抗戦です。
出場者はUさん、Aさん、Suさん、Iさんの4名です。
対抗戦は同一のテーマに対して即興のスピーチを行うため、スピーカー以外の3名は一旦会場の外で待機します。
通常のテーブルトピックとは異なり、ひしひしと場の緊張感が伝わってきました。
1番手のスピーカーはAさんです。
司会のNさんからテーマが発表されます。
「今年はリオオリンピック・パラリンピックでした。次は2020年東京オリンピック・パラリンピックです。あなたは東京オリンピック・パラリンピックの最高責任プロデューサーです。あなたは世界中の人々にどんなメッセージを伝える東京オリンピック・パラリンピックにしますか?」

Aさんのスピーチ:
今年のリオオリンピック・パラリンピックを観ていても、パラリンピックのほうが世間での関心が薄れてしまっている印象があります。そこで東京五輪ではオリンピック以上に人々の関心を集めるパラリンピックにしたいです。今年のリオ五輪が終わったらすぐにでも、2020年に向けて有望な選手をたくさん育成できるよう障害者アスリートのための施設やサポートを充実させたいと思います。


Uさんのスピーチ:
オリンピックは平和の祭典なので、世界中の人々同士仲良くしようということを伝えたいです。今回の五輪で安倍首相がマリオに扮したように世界中の人々を楽しませることができるオリンピックにしたいです。そのためにも日本が安心安全な国という信頼を維持するために、安全対策を日本一丸となって進めていきたいと思います。


Suさんのスピーチ:
2020年東京五輪開催にあたり1番に目指したいものは「文化交流」です。今現在でも日本には多くの外国人が居住していますが、まだまだ閉鎖的な国と思われている印象は拭えません。オリンピックは外国の方が大勢日本に訪れる絶好の機会です。日本の良さをよりよく知ってもらいたい、訪れたことのない国どうしの方が互いに相手の国に行ってみたいと思えるような交流の場を設けたいと考えています。人と人とのつながりをオリンピックを通じて、皆で確認しあい確かめ合って未来に繋げていくような大会にしたいと考えています。


Iさんのスピーチ:
2020年東京五輪開催にあたり、まず平和に向けたメッセージを伝えたいです。それだけではなく日本の良さを世界に向けて発信していきたいです。具体的には日本の技術力がその1つで、車の自動運転なども2020年をターゲットに技術発展が進んでいます。そういった技術力とあわせて、どれだけ快適な生活を提供できるかなど精神的な面に渡ってもメッセージを伝えていきたいです。


そして受賞者発表です。
ベストテーブルトピックス賞:Aさん、Suさん、Saさん(ゲスト)
テーブルトピックス対抗戦:
1位 Iさん
2位 Suさん

Iさん、Suさんは10月10日のエリア51コンテストに代表として出場されることになります。

最後にゲストさんのコメントです。
Muさんのコメント:
話をする際のストーリーの組み立て方にも 良いものと悪いものがあると思います。良いストーリーの組み立て方というものが何かを見出せそうな気がしました。


Sさんのコメント:
今回は2度目の見学で、前回と違いコンテストということもあり、スピーカーの方たちの緊張感が伝わってきてドキドキしてしまいましたが、とても良い緊張感だと思いました。

Kさんのコメント:
皆さんのスピーチ力に少しびっくりしました。日頃から言葉の引き出しに蓄えをしておき、要所ごとに上手く使っていく技術が大切なのかなと感じました。

ありがとうございます。ご入会を心待ちにしております。

本日はテーブルトピックスが続き例会としては早い時間での終了となりましたが、とても密度の濃い例会でした。


投稿者: vppr 投稿日時: 2016-9-11 19:02:58 (130 ヒット)


9月3日(土曜日)高津市民館にて、溝の口トーストマスターズ
第244回例会が開催されました。

今回は何と、4名ものゲストが参加して頂けることになり、
9月も幸先よいスタートとなりました。

今回の例会は、エリアディレクターのKiさんがグラブ運営について
ワークショップをして頂ける、特別構成となります。

「今日の言葉」
担当はAさん。先日、ご家族の方でご結婚されることが決まったそうで、
その時の気持ちを込めて”コングラチレーション”を今日の言葉とされました。

「ヘルパー紹介」
計時係:Uさん
集計係:Kさん
文法係:Izさん
えーとカウンタ:Mさん
例会記録係:Sさん

「テーブルトピックス(TT)」
2分間テーブルトピックスのコーナーです。
テーブルトピックスの司会はItさんが担当され、ゲストの方を積極的に指名してテーブルトピックを盛り上げました。

質問1【縁起をかつぐ数字はあるか】Aさん
    以前ゴルフをやっていた際に、他の人が使わない”4”の数字をボールにつけていた。
質問2【お金などの制約がなければどこに行きたい】Kiさん
    ハワイに行きたい。以前行った時に見えなかった視点で、もう一度見てみたい。
質問3【どんな趣味をもっているか】Isさん
    筋トレが趣味。音楽を聴きながらトレーニングすると、集中出来てストレス解消になる。
質問4【暗記する方法について】Izさん
    覚える内容を少しづつ分ける。睡眠を間に入れながら、ゆっくりと覚えていく。
質問5【トーストマスターに入る前と後の違い】Uさん
    入会前に比べて、人前で話すことに対して苦手意識が減った。

「準備スピーチの部」
「準備スピーチ 1」タイトル:「4戸に1戸が空き家の時代が到来?!」
準備スピーチの一本目はTさん、CC#4 「表現方法」です。
近い将来、4戸に1戸が空き家の時代になるという、ショッキングな内容の話です。
過去の人工増加の反動や少子化の影響で、6割の人が地方に空き家を所有しており、
その数は約20万戸になるとのこと。
今後もその傾向は続く見込みだそうで、将来に向けての大きな課題の一つになる内容でした。


「準備スピーチ 2」タイトル:「パラレルキャリア 〜本業以外の活動を持つ生き方〜」
準備スピーチの二本目はSaさん、CC#9 「パワフルな説得」です。
パラレルキャリア=副業ではない、という説明からスピーチが始まりました。
単語を聞くと副業と連想した、私の考えを見透かしたような言葉に、さすがSaさんと思いました。

「論評の部」
Tさんへの論評をRさん:
テーマの選択が良く、アイコンタクトをとりながら進めていて、説得力があった。

Saさんへの論評をNさん:
聞き手もスピーチ内容の対象であることを意識づけることで、聞き手を引き受けることができていた。

「受賞者発表」
ベストテーブルトピックス賞:見学参加のIsさん

ベスト論評賞:Nさん
ベストスピーカー賞:Saさん

「ワークショップ」

タイトル:「ディスティングイッシュドクラブになるには」
スピーチ:Kiさん
クラブの活性化させるためには、役員も含めて会員全員で積極的に参加することが大切であり、その結果が各クラブ運営成績を評価するDCPにつながるとお話し頂きました。



以上、第244回の例会も和やかな雰囲気のうちに無事終了いたしました。

次回第245回は秋季インハウスコンテスト(テーブルトピックス)です。
コンテスタントの皆さん、がんばってください!

例会の後は恒例のお茶会で話がはずみました。


投稿者: vppr 投稿日時: 2016-8-12 11:20:47 (160 ヒット)



溝の口トーストマスターズ第242回例会が、8月6日(土曜日)中原市民館で開催されました。

10分前に会場に到着すると、ほぼ全員が揃っていて、参加者の意識の高さが感じられました。

「会長挨拶」
まず、会長Naさんの挨拶です。誕生日が8/3で34才?になり、会社で誕生月の胃カメラ健診があったそうです。健診する直前に病院でサプライズの誕生祝いをしてもらい、苦しい胃カメラの健診も乗り切れたという話でした。今日の例会も良い意味でサプライズになると良いですねと締め括られました。

今回の例会には、溝の口会員15名が参加されました。

「お知らせ」
教育担当Niさん:秋のコンテストに向けてのインハウスのコンテストが9/3の予定でしたが9/17に変更となりました。誰でも参加できるので積極的に参加してほしい。

本日のTMODはKoさん。初TMODです。最近は初TMODが続いてます。TMODは何の略なのかという話から始まり、会長からToastMasters Of Dayの略だという答えがありました。私を含め知らなかった人が多かったみたいで、非常に参考になりました。初めてにもかかわらず、落ち着いた雰囲気で例会を進めていました。

「今日の言葉」
担当はNaさん。本日のニュースは広島の日とリオオリンピックの開幕がありますが、今日の言葉はオリンピックにかけて、さらに夏の甲子園、トーストマスターズのコンテストも近いという事で“正々堂々“と発表されました。

「ヘルパー紹介」
計時係:Niさん
集計係:Naさん
文法係:Asさん
えーとカウンタ:Suさん
例会記録係:Neさん

「テーブルトピックス(TT)」
2分間テーブルトピックスのコーナーです。テーブルトピックスの司会はNiさん。意外にも初めてのテーブルトピックスマスターだったとの事でしたが、すべてのお題が哲学的でスケールが大きく考えさせられる内容ばかりでした。

【どうしたら核兵器が無くなり戦争が無くなるか?】Asさん
 人間の本能だから仕方無い部分もあるが、今開催しているオリンピックも平和を1つの目的としており、本能の部分を削っていく事が必要。
【8/6はハムの日、鶏豚牛などの食用の動物が全ては消費されず無駄に捨てられている現状をどう思うか?】Shさん
 立食パーティーなどでは多めに食事が準備される。それは急に参加する人を見越して多めに準備するから。計画性を持って行動する事から始めるべき。
【今年は浮気の報道が多いが、結婚についての考え方について、どう思うか?】Ueさん
 非常に難しい内容だが、自分としては結婚したら良い家庭を築きたい。
【宇宙人がいるかいないか?】Kiさん
 ドレイクの方程式、ハピタブルゾーンという話から可能性としては高い。いると思う。
【小型ドローンでどんなことをしてみたい?】Moさん
 旅行の時に荷物を手で運ぶのが嫌いなので、荷物を持ってもらう事に使いたい。

「準備スピーチの部」
「準備スピーチ 1」タイトル:「菜食男子の世界」
準備スピーチの一本目はIzさん、CC#2「スピーチの構成」です。
新しい事を始める時に、何かを新しく始めるのでは無く、何かを止める制限する事から、新しい世界が始まる事があるのではという問いかけから、自分が2009年から2015年の春まで肉を食べる選択を止めたという話が続けられました。
身体の変化、感覚の変化、考え方の変化の3つの変化について詳しく説明をいただき、とても興味深い内容となりました。

「準備スピーチ 2」タイトル:「まさか、タクシー業界未曾有の大ピンチ」
準備スピーチの二本目はRyさん、CC#5「ボディランゲージ」です。
これは日本では無く中国の話ですと最初にタネを明かされ、中国で流行っている配車システムの説明をされました。
手作りの比較表などマテリアルを用いて非常に分かりやすく説明をされていました。
説明に熱が入り、時間がオーバーしてしまったのが残念でした。

「準備スピーチ 3」タイトル:「私の介護体験」
準備スピーチの三本目はItさん、CC#6「ボーカルバラエティ」です。
10数年前に2日間の介護実習の体験をした話を語られました。
簡単だと思っていたら1日目の50代のアルツハイマーの介護で自分の無知、無力感を感じた事を話されました。そして2日目に出会った60代の女性の話をされ、まったく動く事ができなくても笑顔で感謝を示す事ができるという感動的な話となりました。

「論評の部」
Izさんへの論評をUeさん:
興味深いタイトル、新しい発見を伝えた事、アウトラインが素晴らしかった。菜食生活を続けられた理由や肉食にも劣らない献立なども伝えてほしかった。

Ryさんへの論評をYaさん:
こちらもタイトル、紙に書いて説明した点、違いの比較は素晴らしかった。ボディランゲージのテーマに対して紙を持って説明した事で動きが制限されてしまったかもしれない。

Itさんへの論評をOsさん:
2人の例、ボーカルバラエティが素晴らしかった。立った姿勢と動きのメリハリをつけて、まとめを工夫したらもっと良かった。

「受賞者発表」
ベストテーブルトピックス賞:Asさん
ベスト論評賞:Itさん
ベストスピーカー賞:Osさん

以上、第242回の例会も和やかな雰囲気のうちに無事終了いたしました。


« 1 (2) 3 4 5 ... 31 »

今後の活動予定



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2