2014年8月23日 第195回例会レポート

投稿日時 2014-9-15 22:10:20 | トピック: 例会記録

溝の口トーストマスターズクラブ195回例会

日時:8月23日 14:00〜16:00
場所:高津市民館

『たーまやー!』
夏です。花火の季節です。
当初は例会後、多摩花火大会へくりだす予定でしたが、あいにくの雨。
その後天気は持ち直したものの、宴会用ブルーシートを敷く地面のコンディションがよろしくないであろうと、花火鑑賞宴会は中止とあいなりました。
しかし、例会は楽しかったですよ!

今日のトーストマスター(司会)は、N原さんです。
Nさんは、この原稿の執筆者である私Y崎の、メンターでもあられます。
しっかりとした司会っぷりは、抜群の安定感、そして安心感があります。

今日の言葉は、A井さん。
花火鑑賞宴会の企画、運営を一手に取り仕切ってくださったA井さん。
選んだ言葉は『余韻』。
来年こそは、花火の余韻に浸りながら、宴会しましょう!

計時係はHさん。
集計係はダブルロールで A井さん。
文法係とえーとカウンタは、私Y崎が以前所属していたHigh-touch トーストマスターズクラブのKさん。Kさんはエリア44ガバナーでもいらっしゃいます。
お菓子係はU田さん。柿の種梅しそ味、わさび味、柚子胡椒味、という渋すぎるチョイス!例会記録係は、私Y崎でございます。

さて、テーブルトピックスターイム!
2分間の即興スピーチのうまさを競います。
本日のテーブルトピックマスター(司会)は、K下さん。渋いお声でお題を出されます。
残暑に思いを馳せる、素晴らしいお題の数々。
質問1 今年の夏休みはどうでした? Hさん
質問2 今まで一番印象深かった夏休み Y崎
質問3 昔にラジオ体操で印章深かった想い出 A井さん
質問4 夏休みの海の想い出 U田さん
質問5 夏休みの山の想い出 Kさん

Y崎の夏休みの思い出、それは日能研のクーラーがキンキンに効いた極寒の教室です。真夏なのに長袖長ズボン。教室を出ると、もわっとあったかい。
惜しくもトピックマスターの座は逃しました…
皆さん、2分間という短い時間に、濃縮した夏物語を語っておられました。

さぁ、メインイベント、準備スピーチの部の始まり、始まり。
2人のスピーカーが、練り上げたお話をスピーチしてくださいました。
偶然お二方とも、同じ課題(CC#8)でした。
CC#8「ビジュアルエイド(視覚機材)」
ビジュアルエイドを用い、視覚的にわかりやすいスピーチを行うことを目的としています。

まずはお一方、Y田さん。タイトルは「スリランカの旅」。
ご主人とのスリランカへの旅を語ってくださいました。
デジタルフォトフォレームを用い、スリランカの光景を見せてくださいました。

お二人目は、M月さん。タイトルは、「百薬の長」 
パワーポイントを用い、お酒にまつわるエトセトラ。
M月さんは、実際にお酒を自分で作ったことがあるのではなかろうかというくらい、お酒の作り方にお詳しいんですよ。

さぁ、休憩時間。3種類の味の異なる柿の種を、味わいます。

休憩明けは、論評の部です。
トーストマスターズクラブには先生がおらず、マニュアルを見ながらスピーチを作っていくわけですが、作ったスピーチを見てもらい、論評をしてもらうことで、またスピーチスキルが向上していくわけです。

Y田さんのスピーチを論評するのは、Hさん。
わかりやすい、シンプルな構成で論評をまとめ上げておられました。

M月さんスピーチを論評するのは、U田さん。
優しい語り口とお人柄で、論評していらっしゃいました。

総合論評は、私Y崎が務めます。トーストマスターズクラブでは、リコグニションを大事にしています。リコグニションとは、あなたを見ていますよ、というメッセージ。総合論評でも、会の運営に関わるすべての方々に目を向けるように努めます。

そしてそして、本日のベスト賞の発表に移ります。
テーブルを叩いて、ドラムロールを演出します。

ベストテーブルトピックス賞は Kさん! Y崎残念。
ベスト論評賞は Hさん!
そして、ベストスピーカー賞は Y田さん、M月さんのダブル受賞!
皆さん、おめでとうございます!

皆さんのスピーチ力は、確実に向上していることを毎回確信します。
継続は力なり。
例会に毎回出席しているY崎は、強く確信するのでありました。

楽しくも、向上心を忘れない溝の口トーストマスターズクラブ。
溝の口トーストマスターズクラブでは、一緒に楽しくスピーチを学ぶ仲間を大募集中です!
一緒にスピーチしてみませんか?

Y崎


溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=151