2014年10月4日 第198回例会レポート

投稿日時 2014-10-17 23:04:06 | トピック: 例会記録

台風18号が接近していて開催が危ぶまれましたが、嵐の前の静けさの中、第198回例会は始まりました。今日の言葉は「晴れ晴れ」でした。上手い!

ヘルパー紹介の後は、恐怖のテーブルトピックです。いきなり、お題が出されてアドリブで2分間スピーチします。入会2年3ヶ月の筆者も、指名されないかと緊張して待ちます。でもこの緊張感は大好きです。

Y田さんから、時流を捉えた巧みな話術で出題されました。
1問目は、あなたにとっての秋って何ですか。(O口さん)
2問目は、あなたが受けた最大の災難は何ですか(S藤さん)
3問目は、外国人旅行客へのおもてなしは何ですか(Y井さん)
4問目は、ハロインに因んで、あなたの変身願望は何ですか(U田さん)

ベストテーブルトピック賞は、何と、同点で2名が受賞しました。ゲストでベストテーブル賞を受賞したキャリアを持つY井さんと、災難をチャンスと捉えるという即興スピーチにはあり得ない高度なお話をされたS藤さんです。

準備スピーチの一番手のS島さんは、9月に入会して初めてのスピーチ(アイスブレーカー)です。スピーチタイトルは「トーストに入ったきっかけ、達成したいこと」です。初めてとは思えないほど、落ち着いてスピーチをしていました。
2番手はN原さん。「プロフェッショナルなスピーカー」の持ち時間は何と20分です。お仕事で実際に体験しているらしく、スピーチタイトル「ファシリテーションスキルアップの極意」はまさにプロフェッショナルでした。とっても役に立つスピーチでした。さすが、貫禄のベストスピーカー賞を受賞しました。

さて、最後は論評の部です。最初のアイスブレーカの論評は、一番難しいのですが、M月さんが上手くまとめていました。次は、S村さんの上級のスピーチの論評です。 スピーチの中で「極意とは褒めること。論評ではどんな褒め方をしてくれるのでしょう」と当てられてやりずらそうでした。
ベスト論評賞はM月さんが受賞されました。
このあと、明日のユーモアコンテストの壮行スピーチがありましたが、割愛します。

例会記録係:A井


溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=154