2014年11月29日(土) 第201回例会(200回突破記念例会)レポート

投稿日時 2014-12-7 23:39:50 | トピック: 例会記録

第201回例会(200回突破記念例会) 例会記録

本日は、溝の口TMCの例会開催200回突破を記念した「200回突破記念例会」です。
記念例会ということで、北は埼玉県所沢から、南は愛知県名古屋まで、多くのゲストにお越しいただきました。
また、プログラムも「記念スピーチ5本(前半3本、後半2本)」+「1分間テーブルトピックス」+「溝の口TMCの魅力を探るWS」という通常例会とは異なる構成で行われました。

ドアマンY田さん・S島さん、受付U田さん・M上さんで多くのゲストを迎え入れます。演台の横には、O佛さん作の豪華な生け花が飾られ、会場の雰囲気を華やかに盛り上げます。

記念すべき本日のトーストマスターはN原さんです。例会開催200回突破がいかに価値あることかについて、イチロー選手の年間200本安打、高倉健さんの映画出演200本以上、といった記録を例に出してわかりやすく説明されていました。

今日の言葉はM上さん選択による「忘我」。我を忘れて記念例会を楽しみたい・・・そんなM上さんの心情が感じられました。難しい言葉でしたが、多くの方がスピーチの中で使用されていました。

計時係はN川さん、集計係はM上さん、お菓子係はTMODのN原さん。そして例会記録係は、私Hです。

記念スピーチ前半の部がはじまりました。

一人目は、溝の口OB及びクラブメンターであるS井さんによる「溝の口TMC設立当時の話」。当時、クラブ設立を突然思い立ったF山さんに巻き込まれた形で、溝の口TMC設立に関わったお話を楽しくスピーチしてくださいました。

二人目は、溝の口前会長のS村さんによる「挑戦できる溝の口」。溝の口は人数は少ないが、その分さまざまなことに自由に挑戦できる場であることを前会長時代のご経験も踏まえてスピーチされていました。

三人目は、S井さんと同じく溝の口OB及びクラブメンターであるO江さんによる「溝の口の戦略的位置」。溝の口設立当初に「たまい」で黄金つくねをよく食べた話、トーストとスターバックスの共通点、さらに、南部線・小田急線沿線のクラブ数拡大にあたって、溝の口は戦略上の要衝であるといった大所高所からのお話まで、硬軟織り交ぜたスピーチが展開されました。

今の溝の口TMCがあるのは、お三方をはじめたとした先人のご尽力のおかげであることが
入会1年のHにもよく理解できました。

記念スピーチ前半の部の後は、1分間テーブルトピックスです。本日のテーブルトピックマスターはO佛さん。200回記念突破例会にふさわしく、トーストでの活動に関連した以下の7つのトピックを出題されました。(下記、→の先が回答いただいた方です)
・今までで一番印象に残ったイベント→ビジョナリーのO谷さん。
・今までの例会の中で一番→溝の口OBのF本さん。
・あがらないで話すための工夫→目黒のO原さん。
・後輩に向けてのアドバイス→溝の口OBのK妻さん。
・もう一度聞かせたいスピーチ→大和のS琳さん。
・家族へのいいわけ→桜坂のO原さん。
・TMCの活性化→サザンビーチの田部さん。
突然の指名にも関わらず、みなさん落ち着いてすばらしいスピーチをされていました。どなたもいきいきとした表情でお話され、トーストでの活動を楽しんでいることが伝わってくるスピーチでした。

記念スピーチ後半の部がはじまりました。
一人目は、武蔵小杉K倉さんの「ゴーイングマイウェイ!」。かつて、溝の口TMC創設者F山さんの目力で溝の口に入会したK倉さん。育児中に「自分が求めているものがなければ作れば良い」というF山さんの教えを思い出し、お子さん連れでも参加しやすい、こすぎの森TMCを立ち上げたそうです。

そして、スピーチの大トリは、Y崎さんの「いつかきっと」。もはや説明不要の名スピーチです。

後半の部のお二人のスピーチからは、いずれも行動することの大切さが伝わってきました。

さて、スピーチの後は、N原さんのファシリテートによるワークショップ「発掘!溝の口TMCの魅力を探る!」です。グループに分かれ、グループ内で参加者のクラブ状況を共有した上で、溝の口TMCの「良い点」「要改善点」「改善のための施策」をまとめ、各グループの代表者が発表していきました。各グループの発表をまとめると、良い点は、人数が少ないためスピーチ・役割の回数が多い、駅から近い、アットホームな雰囲気など。要改善点は、HPに写真が少ないためNonTMへの訴求ができていない、入会後のメンバーのニーズ掘り起こしができておらずメンバーが定着しない、などでした。
改善のための施策は、「HPの改善によるNonTMへの訴求」「入会後のフォロー充実による新メンバー定着」「ベテラン会員向けのスピーチレベル向上策」などが挙げられました。
溝の口TMCにとって、多くの有益なアドバイスをいただくことができました。広報担当Hとして、まずはHPを改善することをお約束いたします。

最後に、テーブルトピック賞の発表がありました。
3位はビジョナリーのO橋さん、2位は目黒のO原さん、そして1位は桜坂のO原さんでした。おめでとうございます。

こうして200回突破記念例会は無事終了いたしました。
参加してくださった皆様、どうもありがとうございました。
今後とも溝の口トーストマスターズクラブをよろしくお願いいたします。

文責:H


溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=155