4名入会!七夕スピーチマラソン例会!第26回例会

投稿日時 2007-7-8 23:57:21 | トピック: 例会記録

2007年7月7日(土)、溝の口トーストマスターズクラブ 第26回例会が、てくのかわさきにて開催されました。

今回は普段と違ってテーブルトピックスを省いて、準備スピーチ6本と論評主体のスピーチマラソン例会を行いました。ゲストの方が5名来てくださいまして、総勢24名での例会となりました。oo

1回目のゲスト見学の時から入会表明をして下さったH林さんと会社の同僚を2人も誘って頂いたS田さん、その同僚のお二方N東さんとW月さんの入会式から例会が始まりました。恒例の「握手会」もだいぶ板に付いてきたようです。

七夕の例会ということもあり、司会役のO江さんが黒板に書いた笹の葉にみなさんの願い事を紹介しながら、貼っていくという趣のある進行でした。
時計係はE田さん、えーと・文法係はF澤、集計係はY田さんでそれぞれサポートの役割をきちんと果たしていました。

今回の準備スピーチは6名
まず、最初のスピーカーはM浦さん、アイスブレーカーで「私がトーストマスターズに出会うまで」というタイトルで、高知出身で「お金をこわす」=「お金をくずす」や「ごくどう」=「なまける」などの方言で周りの方にびっくりされたことや、色々なスピーチ教室に通ったあとでトーストマスターズと出会い興味をもち、これからも続けて行きたいというスピーチでした。

2番目のスピーカーはO谷さん、この方もアイスブレーカーで「ジョグ」というタイトルで、普段から月に100kMを走っていて日課になっていること、また守谷のハーフマラソンを走り15kM地点で足がつり観客席で応援していたところまた走り始めて完走されたという話やホノルルマラソンを目標にして練習をしているというスピーチでした。

3番目のスピーカーはF川さん、「馬鹿じゃないもん」というタイトルで初っ端から「馬鹿じゃないもん」という大きい声で始まり皆さんの興味を引き付け、子供を叱る時に言葉の暴力で大切な部分を壊さないようにもっと配慮をしてあげて、肯定的に話掛けようというスピーチでした。

4番目のスピーカーはI原さん、「男が旅に出る理由」というタイトルでタイトルから非常に興味をそそられまして、香港に旅行に行ったときのお話しでした。旅行へ行く目的や理由をユーモアたっぶりにフリップを使って分りやすくスピーチをされていました。oo

5番目のスピーカーはT山さん、「ナノテクノロジーって何」というタイトルで前回のアイスブレーカーの時には大好きなサッカーの話をされていて前回の趣味の話とは一転、電子線描画装置を使ったお仕事の大学や研究所に夢を売っているというスピーチでした。

最後のスピーカーはベストスピーカーを獲得されたS井さん、「CSとサービスの関係」というタイトルの上級スピーチをされました。最初は飛行機のキャビンアテンダントの機内放送から始まり、格好もよく似てらしてコミュニケーションスキルの重要性、またスキル向上に関してのスピーチをされました。

例会終了後、2回見学をされたゲストのU田さんが入会表明!ここの所立て続けの入会者に嬉しい悲鳴
まだまだ新しいゲストの方に来て頂きたいです。



次回の例会は待ちに待ったチャーター記念例会とセレモニー&レセプションです。普段より多くの方に会えるのを心待ちにしています。
記憶に残るようなチャーターセレモニーになったらいいな・・・~~


溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=17