2016年9月16日(土)第245回例会記録

投稿日時 2016-9-24 15:47:04 | トピック: 例会記録


今日は、「テーブルトピック」(即興スピーチ)のクラブ内の対抗戦。この対抗戦上位2名が10/10に行われるエリア51コンテストに出場です。残念ながら会員の出席者は少なかったのですが、ゲストが3名来てくださいました。

今日の司会はイケメンMさん。そして今日の言葉(できるだけ例会中で使うように心がけるワード)はTさんが選んだ「気」。その「気」になれば、結構使えそうな言葉です。

本番のテーブルトピック対抗戦の準備運動もかねて、今日は二人体制で8問のテーブルトピックスピーチがありました。お題はこんな感じ・・・
まずは、Mさんの出題。
1本目:何か新しい趣味に挑戦していますか?
2本目:ポケモンGOについてのどう思いますか?
3本目:「いたずら」したことの思い出ありますか?
4本目:ランドセルについて印象に残っていること。

ここで、出題者がOさんに代わり、続いて
5本目:あなたの特技は?
6本目:料理をしますか?
7本目:今まで読んだ本の中で感動したものはありますか?
8本目:秋の夜長に一人でやりたいことありますか?
という出題。

5本目、6本目はゲストさんが指名されました。二人とも「拒否権」は発動せず、ご自分の体験を絡めたすばらしい即興スピーチをしてくださいました。また、7本目の質問に対して、Sさんは「ガリバー旅行記」について話しましたが、あらためて聞いてみるといろいろな知恵のメッセージが込められている小説で、あらためて読んでみたくなりました。たった2分の短いテーブルトピックですが、いろいろな視点をもらえて面白いです。

いよいよテーブルトピック対抗戦です。
出場者はUさん、Aさん、Suさん、Iさんの4名です。
対抗戦は同一のテーマに対して即興のスピーチを行うため、スピーカー以外の3名は一旦会場の外で待機します。
通常のテーブルトピックとは異なり、ひしひしと場の緊張感が伝わってきました。
1番手のスピーカーはAさんです。
司会のNさんからテーマが発表されます。
「今年はリオオリンピック・パラリンピックでした。次は2020年東京オリンピック・パラリンピックです。あなたは東京オリンピック・パラリンピックの最高責任プロデューサーです。あなたは世界中の人々にどんなメッセージを伝える東京オリンピック・パラリンピックにしますか?」

Aさんのスピーチ:
今年のリオオリンピック・パラリンピックを観ていても、パラリンピックのほうが世間での関心が薄れてしまっている印象があります。そこで東京五輪ではオリンピック以上に人々の関心を集めるパラリンピックにしたいです。今年のリオ五輪が終わったらすぐにでも、2020年に向けて有望な選手をたくさん育成できるよう障害者アスリートのための施設やサポートを充実させたいと思います。


Uさんのスピーチ:
オリンピックは平和の祭典なので、世界中の人々同士仲良くしようということを伝えたいです。今回の五輪で安倍首相がマリオに扮したように世界中の人々を楽しませることができるオリンピックにしたいです。そのためにも日本が安心安全な国という信頼を維持するために、安全対策を日本一丸となって進めていきたいと思います。


Suさんのスピーチ:
2020年東京五輪開催にあたり1番に目指したいものは「文化交流」です。今現在でも日本には多くの外国人が居住していますが、まだまだ閉鎖的な国と思われている印象は拭えません。オリンピックは外国の方が大勢日本に訪れる絶好の機会です。日本の良さをよりよく知ってもらいたい、訪れたことのない国どうしの方が互いに相手の国に行ってみたいと思えるような交流の場を設けたいと考えています。人と人とのつながりをオリンピックを通じて、皆で確認しあい確かめ合って未来に繋げていくような大会にしたいと考えています。


Iさんのスピーチ:
2020年東京五輪開催にあたり、まず平和に向けたメッセージを伝えたいです。それだけではなく日本の良さを世界に向けて発信していきたいです。具体的には日本の技術力がその1つで、車の自動運転なども2020年をターゲットに技術発展が進んでいます。そういった技術力とあわせて、どれだけ快適な生活を提供できるかなど精神的な面に渡ってもメッセージを伝えていきたいです。


そして受賞者発表です。
ベストテーブルトピックス賞:Aさん、Suさん、Saさん(ゲスト)
テーブルトピックス対抗戦:
1位 Iさん
2位 Suさん

Iさん、Suさんは10月10日のエリア51コンテストに代表として出場されることになります。

最後にゲストさんのコメントです。
Muさんのコメント:
話をする際のストーリーの組み立て方にも 良いものと悪いものがあると思います。良いストーリーの組み立て方というものが何かを見出せそうな気がしました。


Sさんのコメント:
今回は2度目の見学で、前回と違いコンテストということもあり、スピーカーの方たちの緊張感が伝わってきてドキドキしてしまいましたが、とても良い緊張感だと思いました。

Kさんのコメント:
皆さんのスピーチ力に少しびっくりしました。日頃から言葉の引き出しに蓄えをしておき、要所ごとに上手く使っていく技術が大切なのかなと感じました。

ありがとうございます。ご入会を心待ちにしております。

本日はテーブルトピックスが続き例会としては早い時間での終了となりましたが、とても密度の濃い例会でした。



溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=186