2016年10月15日(土)第247回例会記録

投稿日時 2016-10-22 21:51:21 | トピック: 例会記録


第247回例会が10月15日(土)に、中原市民館で開催されました。

この日は、目黒TMCのT橋さん、神奈川TMCのH坂さんが
遊びに来てくださいました。

冒頭の開会挨拶ではN原会長が、先日参加された
お友達の結婚式の話をしてくださいました。
会場が海の洞窟、出席者が全員参加型の楽しい式で
参加型のイベントはより良い経験・良い思い出になる、
今日の例会もみんなで参加して楽しい例会にしましょうね!
とメンバーを盛り上げてくれました。

そして、A井さんが久しぶりに司会として登場しました。
A井さんの楽しくもそこはかとなくブラックな感じのユーモアは健在でした。
また時間管理もしっかりとした、安定の進行でした。

今日の言葉は、Oさんの「抗う」でした。
ご家族とのけんかエピソードを交えてお話しされていました。
使いやすいようで使おうとするとなかなか難しい、
お題として鍛えられる良い言葉でした。

続いて、計時係、集計係、えーとカウンタ、文法係の役割説明がありました。
各担当者はベテラン揃いで、各役割の目的と仕事内容をわかりやすく説明していました。
ルール説明は大事ですね。毎回、説明を聴いていると例会がぴしっと引き締まります。
ルールがあっての楽しい例会だと感じます。

2分間テーブルトピックス(即興スピーチ)では
テーブルトピックスマスターのN原さんから以下のお題を出されました。
楽しみながら良い訓練となりました。
・参加してよかったと思ったイベント(スピーカー:神奈川TMC、H坂さん)
・パーティで知らない人と仲良くなるコツ(スピーカー:A井さん)
・オリンピックにどんな形で参加したいか(スピーカー:Y田さん)
・自分が参加できないイベント…自分のお葬式について(スピーカー:U田)
・TMC参加前の気持ち・効果的な準備(スピーカー:Oさん)

準備スピーチは2本ありました。

1人目は目黒TMCのT橋さんで「インドが教えてくれたこと」
インド旅行のお話をしてくださいました。
語彙力が豊かでインドの情景を生き生きと語られていました。
人生は旅…という言葉から、自分の旅について考えました。

2人目はIさんの「貧困・私たちにできること」
ホームレスや高齢者の抱えている問題について教えてくださいました。
ホームレス達が良い内容の冊子を売っていて、その冊子を買うことで
ホームレスへの支援になることを、初めて知りました。

論評の部では、S村さんがT橋さんのスピーチに対する論評を、
K下さんがI藤さんのスピーチに対する論評を担当しました。

お二人とも、良かった点と具体的な改善点を制限時間内にまとめ、
スピーカーにしっかり伝えていました。

S村さんは、さすがベテランの風格で、スピーカーだけでなく
聴衆にも参考となるような論評でした。
T橋さんのプロジェクト目標であったボディラインゲージと、
スピーチのメッセージについて熱心に論評をされていました。

K下さんもまたS村さんとは対照的な雰囲気で、冷静にスピーチを分析していました。
全く隙がないと思われたI藤さんのスピーチの構成について、
改善点をしっかり伝えていて、なるほど、と思いました。

論評も、人によって様々なスタイルがあり、面白いと思いました。
自分の気づかなかった、違った視点での論評を聴いて、勉強になりました。

今回は、少人数で、落ち着いた和やかな雰囲気で進みました。
少人数の例会もいいものです。

次回の例会はどうなるでしょうか?次回の例会も楽しみましょう!

例会記録係 U田


溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=188