2017年9月2日(土)第266回例会記録

投稿日時 2017-9-4 22:07:41 | トピック: 例会記録



今回の266回例会は、4年に1回行われる「ほら話コンテスト」の 全国大会に向けての、クラブ内対抗戦が 特別な企画でした。
クラブ内から勝ち進み、エリア、ディビジョンへと進められていく大会です。
今回の例会は そんな対抗戦を後押しするかのような、会員18名、ゲスト1名参加という 久々の大人数の賑やかな例会となりました。
そして盛り上がりの中にも 適度な緊張感も感じられるようでした。


例会ではまず Iwさんの入会式が行われました。Iwさんは、思い立ったら吉日で すぐに行動に移すタイプとのことで、前向き 行動的で、
今後は当クラブへ良い影響を与えて下さりそうで 楽しみです。仲間がまた増えて 大変嬉しい限りですね。


「今日の司会(TMOD)」はSmさんでした。
Smさんは サッカーW杯日本出場決定の「絶対負けられぬ戦い」の興奮冷めやらぬ気持ちが伝わってくるような、勢いのある名司会役をこなされていました。


次は「今日の言葉」で、語彙力を高める為にも、スピーチなどにアドリブで使いましょうというものです。
今回はNgさんからの「心法(しんぼう)」という言葉で、江戸時代の仏教用語で、自分自身をコントロールしたり、心の器を大きくするというような意味があるそうです。辛抱というと辛いイメージが大きく 敬遠していた言葉でしたが、心法なら気持ちが前向きになれそうな気がしました。
さっそくスピーチの中にも使われました。


さて次はいよいよ ほら話コンテスト(インハウス)です。

まず Izさんの準備スピーチ「全ては知らないうちにうまくいく」というタイトルで始まりました。
社内で ある日嫌々頼まれた資料作り。朝目覚めたら何と パソコンの画面上に出来上がっているではないか。
その資料により 取引が上手くいったと 先輩からは絶賛され、以降次々とプロジェクト、マネージメントなど 知らぬ間に上手く進み、地位もどんどん上がり、書いた書籍も全世界でベストセラーになり、収入も50倍に・・・。
しかしだんだん空しさを覚え、これからは苦手なことも自身で取り組み、平凡な人生をと考え直した。
でも最後に一回だけ この能力を使った。このスピーチ作る為に!とのことでした。
Izさん ボディーランゲージもふんだんで、 起承転結もしっかりしていて 完成度が高いなと思いました。

次はSzさんの「働き方革命」です。
政府から長時間労働をなくす為の働き方改革をしてほしいと依頼があり、この度新薬を開発したので発表した。
人は高温動物だが、爬虫類のような低温動物になれば、朝早起きしなくてよく、日中仕事もせず、深夜残業もしなくて良い。
低温動物になれる夢のような新薬。新薬イノベーション!
しかし自分のようなナマケモノには効かないことが分かってきた。
皆さまには効くはず、試してみて、と。
Szさんは いつも発想や着眼点がユニークで鋭く、物事の違った視点での捕え方の勉強になります。いつも楽しませていただいています。

次はNkさん「お勧めの夏の過ごし方」
お勧めは インターネットで探した「大人のナイトサファリ」
那須サファリパークトと群馬サファリパークの間にある「アカギサファリパーク」で
ケニア大使館が夏の夜だけ運営している、アフリカのサバンナのような 所。同意書にサインして入園。
バーベキューをしていると、動物たちが食材を持って集まってくるので、作ってあげて持ち帰した。
夫婦でナイトウオークをしていたら、像の糞に足をとられた。
これも運だと思い諦めた。運気が上がること間違いなし!と。
ユーモアもふんだんに取り入れておられ、情景描写も豊富で、臨場感タップリ。Nkさん 最近とみにエンターテイナーの風格を感じますね。

Akさん「ホラー話」
身に起きたホラーな話。10年前に九州から上京。
引っ越しの際 隣へ挨拶に行くと、誰も居ないはずのその部屋の騒音に悩まされ 引っ越すところだと告げられた。
その後 何回も金縛りにあったり、録音した音楽の中に女性の叫び声が入っていたり、新しいカメラがすぐ壊れたり。
6年間経ってから 他へ引っ越したら、カメラが直ったり・・・。奇妙なことが続いたそうです。
自分は ほら吹きのスピーチ失格?なぜなら全て真実だから!と結びました。
ゾーっとするような話でしたが、ホラーとほらを引っかけた高等テクニックでしょうか、さすがベテランさんと思いました。

ほら話なんて、日頃はめったに考える機会がないと思いますが、改めて聴くと新鮮味があり、私は感性がリフレッシュする気がしました。
皆さん それぞれ個性豊かな印象的な素晴らしいスピーチだったと思います。


スピーカーへのインタビューはKnさんから。
それぞれのスピーチの内容に沿って、ユーモアに満ちた質問を次々とされていました。




次は「2分間テーブルトピックス」の時間です。この時間は 急な質問にアドリブで答えるもので、なるべく沈黙の人が出ないようにという配慮もあります。
出題はKbさんからで、夏休み帰郷された北海道のネタに絡めた質問が満載でした。
/祐岼奮阿瞭以に生まれ変われるとしたら何になりたいか?→Gtさん
▲織ぅ爛泪轡鵑あったら何したいか?→Nkさん
人にお勧めしたい食べ物 又はお店は?→Kmさん
で柴世任ないこと 又は頭にきたことは?→Nmさん
ゲ畫族修量簑蠅鬚匹考えているか?→Tnさん
自分の故郷 又は地元自慢?→Ymさん

皆さん とっさでも時間内にうまくまとめ 堂々と答えられていました。
興味深い質問と回答ばかりで、十分楽しませていただきました。
自分が当たることは避けてしまいますが、色々なお話が聴ける楽しみは格別です。


総合論評ではSmさんから、普段では聞けないような コンテストの審査基準などについての細かい説明もありました。
エリアディレクターの立場からのお話に 参考になることが沢山ありました。


そして受賞者の発表です。
ベストテーブルトピックス賞:Ymさん
コンテスト受賞者:第1位 Izさん、 第2位 Nkさん

受賞されたコンテスタントのお二人は、次のエリアコンテストへ出場されます。
この勢いでまた勝ち進んでいただきたいと節に思っています。
9月24日のエリアコンテスト、応援に行きましょう〜!


最後は会長挨拶です。会長Nsさんは、次のエリアコンテストの実行委員長でもあります。
今年度のスローガン(目標に向かって本気で楽しく取り組もう!)と重ね合わせながら、エールと意気込みを語って、閉会となりました。


盛り沢山で聴きごたえのある 大変充実した例会となりました。



溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=205