2017年11月4日(土)第270回例会記録

投稿日時 2017-11-9 23:24:33 | トピック: 例会記録



2017年11月4日(土曜日)第270回例会記録 (てくのかわさき 第1研修室にて)

秋晴れの良い天候に恵まれた第270回例会でした。
始めに会長挨拶Nさんが、最近溝の口トーストマスターズのレベルがすごく上がったと話されました。

司会はS木さんです。そして今日の言葉は笑顔です。皆さん笑顔をスピーチに取り入れていました。

テーブルトピックスは今の季節にちなんだお題で、
1. 秋祭りの思い出は
2. 今の季節どんな食べ物を食べたいか
3. 忘年会のかくし芸で何をやりますか
4. クリスマスにサンタさんからもらいたいプレゼントは
5. 初詣のおみくじで印象に残ったことは
テーブルトピックスもS木さんで、今日はS木さん大活躍でした。

準備スピーチでは最初のスピーカーはI籐さんです。タイトルは「幸せになる話」。幸せの国と言われているブータンを例に出して幸せ=財産÷欲望という方程式で分かり易く説明されていました。欲望を減らせば幸せになれるが欲望を減らすことが難しい。老子が「足るを知る」と言っていたが、今の日本は世界ではすごく豊かな国なのに自分が不幸だと思っている人が多いことなど、すごく考えさせられる内容で勉強になりました。落ち着いて分かり易いスピーチで、これからの人生に役立つ内容でした。

2人目のスピーカーはS島さん。タイトルは「高度経済成長期の小説から未来について考える」。以前に小説「気まぐれロボット」を読んで、最近読み返したら、その内容が」遠い未来の話ではなくなっていたという内容。AIの進歩がみんなの思っている以上に早くAIの知能が人間の知能と逆転する世界が思ったより早く来るかもしれないという。SFだと思っていた世界が今訪れようとしているが、恐いと思う前に、受け入れて変化に適応したいとのこと。メリハリのきいた説得力のあるスピーチでした。

3人目のスピーチはYさん。タイトルは「君や来し 我や行きけむ おほえず 夢かうつつか 寝てかさめてか」古典「伊勢物語」を題材に禁断の恋の歌を取り入れた格調高い内容で、1000年前の話も今現在に取り入れたらどうかという。Yさんならではの1000年前のみやびな世界に誘われたスピーチでした。

受賞者は
ベストTT賞:KAさん ハロウィンの話が面白かったです。
ベスト論評賞:Iさん 準備スピーチの良い点と改善点を的確に表現されていました。
ベストスピーカー賞: I藤さん 「幸せになる話」まさにこれからの私たち一番必要な内容でした。

いつも緊張して大丈夫かなあという思いでトーストマスターズに行きますが、やはりいつも行って本当に良かったと思える溝の口トーストマスターズクラブです。
記録者N島



溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=207