2019年7月6日(土) 溝の口トーストマスターズクラブ309回例会

投稿日時 2019-7-22 0:02:31 | トピック: 例会記録

第309回溝の口トーストマスターズの例会始まりました。
トーストマスターズクラブの年度は7月始まりですので、今日はある意味「お正月」。
新体制の役員になって1回目の例会となります。新会長の岡田さんが掲げた年度目標は
「TMC.」
「T:たのしく参画し
 M:認め合う
 C:クラブ」
1年後に振り返った時に、個々人が成長実感をもてるようになっていく例会の積み重ねとなる1年でしょう。

さて、今日の言葉はYさんが選んだ「すっきり」。できるだけ、スピーチの中でこの今日の言葉を取り入れるように意識します。多少無理やりでも、取り入れてみる今日の言葉。

2分間の即興スピーチ、テーブルトピックスの司会はIさん。今回のお題は以下の5問。
あなたならば、どんな即興スピーチを2分でまとめますか?
1 あなたが、憧れる才能とはどんな才能?
2 なぜか、人より上手くできてしまう自分の才能って何?
3 どうしても苦手だとおもうことって何?
4 今まで、取り組んでみて自分がかわったことってある?
5 能力やお金に制限がなかったら、どうなりたいと思う?
自問自答してみると、自分の強み、弱みが明らかになるようなお題でした。

続いて、「準備スピーチ」。文字通り、あらかじめ用意したスピーチをそれぞれのスピーチ目標に従って、発表します。本日は2人のスピーチ。

最初のスピーチは、Nさんの「今でしょ!」
Nさんのスピーチは、本当に語りがお上手。エッセイを聞いているような自然な語り口に、ふわっとやさしい冗談を織り交ぜた導入部分からスピーチ革新に展開していきます。「今」を大切にすることの意義を、エピソードやたとえを使って、オーディエンスの心に伝えていきます。

2番目のスピーチは、新会員Yさんの初スピーチ。タイトルは「メルカリ中毒の私のこと、皆さんはどう思われますか?笑」。タイトルからしておもしろい。
今、流行のメルカリの概要をうまくまとめて説明し、実際のYさんの数々の出品エピソード。メルカリという世界でやりとりされる商品と価格の不思議をおもしろく、伝えるとともに、その取引で感じたYさんの体験をありありと伝わり、人となりもにじみ出てくるスピーチでした。会場のオーディエンスは、終始笑いっぱなしです。

今日の例会を振り返る「論評の部」。このパートの司会はSさん。
そのSさんの進行のもと、先の二人の準備スピーチに対する論評がそれぞれSさんと、Cさんから行われました。

論評は、当日聞いたスピーチの内容を良い点や改善点を3分程度にまとめて伝えるスピーチで、要領よくポイントをついて、わかりやすく伝えるのが難しくもあり、楽しいところです。論評スピーチを作成するのは、休憩時間を含めて10分程度しかありませんから、
ある意味これも「即興」コメントです。

最後に、今日の受賞者発表。テーブルトピック、論評、そして準備スピーチに対してそれぞれ1人ずつベスト賞が送られます。これは、全員の投票によって決まります。こういう評価のシステムがあると、スピーチも励みになります。

こんな風に、新年度の溝の口トーストマスターズ例会は無事に時間通り終了しました。



溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=246