2019年10月21日(土) 溝の口トーストマスターズクラブ316回例会

投稿日時 2019-10-23 21:27:21 | トピック: 例会記録




台風19号の影響の影響は甚大。その影響もあり参加人数も少ない例会となる。
それでも最終的に13名となりました。役割重複もありましたが、滞りなくすることができました。

会長挨拶:会長のOkさんがお休みのため会長代理Sjさんの挨拶。台風の影響に言及され、皆のことを気遣うコメントでした。
TMODはNkさん。新しいシステムになり、アジェンダ作成に不安があったけれどやってみたら、
スルスルと楽に作成できたことに感激したことや今日この例会を人肌が感じられるものにしたいと述べられていました。
例会中、適切なコメントにも温かさがありました。

今日の言葉担当はYaさん。今日の言葉:獅子奮迅
意味は、獅子がふるい立って暴れまわるように、激しい勢いで物事に対処すること。
陸上のリレーやラグビーは、まさにそのようなスポーツであり、これを観戦していると涙が出ると素直に気持ちを表されました。

ヘルパー紹介
計時係:Ntさん
集計係:It
文法係:Yaさん
えーとカウンタ:Yaさん
例会記録係:It

テーブルトピックス
担当はAsさん。お題の出し方に工夫あり、皆の関心を誘いました。
1〜3ワイドショーネタ3題。
4〜5クロスロードクイズ(災害時に役立つ多数派予測)2題。
お題は以下の5題。
1.明日のラグビー(日本×南アフリカ)の試合の予想をしてください。Izさん
2.東京オリンピックマラソン会場が東京から札幌に変更、その影響についてIt
3.今年の流行語大賞の候補。Ntさん
4.災害時避難所にペットの犬を連れてきますか、それとも家に置いていきますか?Ya
5.避難所で子供が風邪を引いてしまった、家に戻りますか、それとも避難所に留まりますか?Sz

準備スピーチ1:スピーカーはSjさん。革新的な計画立案。L1:基本を習得する。リサーチとプレゼンテーション
タイトル「大人になって分かった歴史を学ぶ意味」
子供のころ歴史に興味なかったのが、大人になって歴史を学ぶことの大切さ必要性に気付き歴史を学びたいと思うようになったと、簡潔で分かりやすい最初の言葉。
2000年以上前の中国秦の始皇帝を例に上げ、始皇帝の中国統一に向けての政策の是非、特に反対者に対する徹底的な締付などを示し、
始皇帝一人に権力集中したことが自らを滅びに導いたと。やはり誰もが支え会い活躍できる社会が理想であると。最後は私たちTMCは理想的であると結ばれました。
話術に優れた、歯切れのよいスピーチに引き込まれました。

準備スピーチ2:AC楽しませるスピーカー#4ドラマチックな話
タイトル「日本人歌手による中国のご当地ソング「無錫旅情」〜その悲哀と秘められた願いは〜」
「無錫市は、中国長江流域にある美しい町〜〜」静かな口調の説明から始まり、雄大な風景が目に浮かぶ表現でした。話は展開します。
1980年代半ば、日中友好で「無錫旅情」という歌が日本人により作られ日本でも大ヒットし歌われるようになった。話はさらに展開。
1988年に上海で起きたで悲しい悲惨な出来事(列車追突事故日本人犠牲者多数)の話に差し掛かり聞き手も緊張するほどうまいスピーチの運びでした。
この事故の衝撃で日本ではこの歌は発売禁止なるが、中国無錫市の人々はこの歌を今でも歌い繋いでいてくれている。大変有難いことですね。日中友好がテーマでした。

論評の部:司会Szさん
2人の論評者
IzさんからSjさんへ:導入の部分で説明がしっかりして、共感度高いテーマ設定等。
SiさんからYmさんへ:日中友好がテーマである、感動的な話を聞けて良かった。
総合論評:Szさん
難しい論評者の論評をうまく論評されていました。すべてのスピーカーに気を配った総合論評でした。

受賞者:
ベストTT賞:Izさん
ベスト論評賞:Izさん 
ベストスピーカー賞:Ymさん 

人数は少なかったけれど、皆の心が一つになりまさに人肌を感じられる良い例会になったと思います。



溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=253