2020年6月6日(土) 溝の口トーストマスターズクラブ331回例会

投稿日時 2020-6-16 19:02:24 | トピック: 例会記録

緊急事態宣言は解除されましたが、今回の例会もオンラインでの開催となりました。

ほんの半年前を振り返ると、オンラインで例会することなんて
想像もしなかったのですが、
だいぶオンラインでも慣れてきた雰囲気も感じられます。

いつものとおり会長からの挨拶から始まり、
今日の司会を担当するTMODのYmさんが紹介されました。
(※ TMOD ・・・ Toastmaster Of The Day の略です。)


今回の例会では、仕事の都合で久しぶりに参加するメンバーや、
初めてのオンライン例会に参加するメンバーもいたのですが、
さすがはTMODのYmさんの配慮もあって、スムーズに例会が進行しました。

まずは、今日の言葉の紹介ですが、今回は「真骨頂」でした。
担当するYnさんより、真骨頂の意味や使い方について、
オンラインならではの資料の画面共有の機能を用いた説明がなされました。

そのおかげもあってか、この後に多くのメンバーから
「真骨頂」を用いた表現にトライされていたように思います。

そして、いつもの通り例会をサポートするヘルパー紹介が行われた後、
「2分間テーブルトピックス」の司会は、私がSaが担当しました。

今回、久しぶりに司会を担当したのですが、このコロナ禍のご時世の中、
コロナ以外のお題を考えるのが難しく、やや緊張しながらの司会となりました。

そんな中で出してみたお題は、以下の5つ。

1. あなたが行っているエコ対策は? →Ynさん
2. あなたのおすすめの英語勉強法は? →Smさん
3. 梅雨の時期ならではの楽しみ方は? →Itさん
4. コロナがなかったら今、どんなニュースが話題になっていた?
 (ただし、オリンピックは除く) →Kさん
5. あえて、コロナ禍で良かったと思うことを挙げてみるとしたら? →Aさん


やはり、コロナの話題は外せなかったのですが、
他の人の回答を聞いてみると、自分にはなかった発想もあったりと、
いつもながら参考になる点が多かったです。


そして、本題の準備スピーチ。今回は3本のスピーチです。

最初のスピーチは、Nkさんから「笑わない女」。

今回のスピーチのテーマは「聴衆を笑わせること」という難しいテーマ。
しかもオンラインという状況の中でのスピーチでしたが、
高齢になった母が美しさを求める姿に、もういいじゃないと思う自分の心を
うまく笑いに変えて、そして「笑って生きることの大切さ」を表現された
笑いとメッセージ性のあるスピーチでした。


2番目のスピーチは、Osさんから「チャレンジ」

昨年、お花の国家資格試験にチャレンジしたOさん。
半年間スクールに通って試験を受けた結果、結果をネットで見た時に
不合格と思っていたが、その後、届いたはがきで合格だったことを知った。
という流れを、全身を上手く使って表現されていたのが印象的でした。
そして、「チャレンジすることの大事さ」がしっかり伝わってくる
そんな内容のスピーチでした。


3番目のスピーチは、Nhさんから「私をカタチ作る3つのこと」

今回から新プログラムでのスピーチを開始したNさん。
クラブでは一番のベテランになるNさんのアイスブレーカー(自己紹介)の
スピーチでしたが、「哲学」「信仰」「信条」という3つの観点から、
今まで出したことのない自分について表現した、という内容のスピーチでした。

Nさんの今までを振り返ってみると、確かにNさんの行動の原点になっている、
と思えるような、自己紹介なんだけど、長くクラブで一緒にいるからこそ、
聞いている私たちにとって味が出てくるような、そんな深みのあるスピーチでした。


その後は、トーストマスターズならでは、
メンバー同士でスピーカーのフィードバックを行う論評の部。

総合論評を担当するのは、Aさん。

Nkさんのスピーチの論評 → Izさん
Osさんのスピーチの論評 → Itさん
Nhさんのスピーチの論評 → Okさん

でした。
それぞれ、スピーチに対する良かった点と、もっとこうしたら良くなる
という改善点を上手に表現されていたと思います。

そして、今回、文法係、えーとカウンターを担当したKさんから、
各スピーカー「えーと」の数をカウントするだけでなく、
「笑いを効果的にするためには、横浜弁でなくて関西弁にした方がいい」
というようなアドバイスを添えられていたのも印象的でした。

そして、最後に、総合論評のAさんからの例会全体に対する総評。
いつもながら、細かい点まで目を配って総評される姿には、
色々と気づかせていただけるところがあります。


今回の例会の受賞者発表

最優秀TT賞: Smさん、Itさん、Kさん の3名受賞
最優秀論評賞:Okさん
最優秀スピーカー賞: Nhさん


そして、例会の最後に、緊急事態宣言が解除されたことに伴い、
次回以降の例会について、会場で行うのか、オンラインを続けるのか、
について、メンバー同士で意見交換を行いました。

やはり、会場で例会を行いたい気持ちはあるのですが、
一番に大事にすべきことは感染予防対策。

そんな難しい昨今の状況ですが、次回の例会から会場とオンラインでの、
ハイブリッドでの例会を試してみよう、という話も出ました。

ただ、刻々と状況が変わる中、柔軟に対応していかないといけませんが、
次回の例会からは、感染予防対策を行いながらも会場で開催できるといいですね。

次回以降の例会の予定については、ホームページでもご案内いたしますので、
トーストマスターズにご興味を持ちながらも、今まで会場に足を運ぶことが
できなかった方の見学についても受け入れやすい環境にしていければ、
と、メンバー一同、そのように思っております。


本日の例会レポートは、以上となります。(担当: Sa)


溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=264