2020年11月7日(土) 溝の口トーストマスターズクラブ341回例会

投稿日時 2020-11-21 15:51:40 | トピック: 例会記録




第341回例会は、オンラインでのZoom例会となりました。
私も、Zoomの背景を半沢直樹にして参加です。

本日は、久しぶりにゲスト2名が参加されました。
一人は元溝の口会員だったTさん、そしてYさんでした。
(ご参加ありがとうございます!)


まず、本日の司会を務めるTMODは Iさんです。
終始、安定感のある進行をされていて、さすがです。

今日の言葉を担当するのは、Kさんです。
今日の言葉は、「換骨奪胎(かんこつだったい)」、、、とても難しい言葉です。
Google先生で調べると。「他人の詩文の語句や構想をうまく利用し、その着想・形式をまねながら、
自分の作としても(独自の)価値があるものに作ること。」だそうです。

ヘルパー紹介が終わった後、今回はグッドニュー&セッションのコーナーを開催しました。
一人1分程度で、参加者全員で、つい最近良かった話について共有しました。
GoToトラベルキャンペーンの話など、様々な話が話されました。
中には、宮崎駿さんを目撃した、なんて話も。。
本日のゲストさんも積極的に参加されたのが良かったと思います。


続いて、2分間テーブルトピックスのコーナー。
本日のテーブルトピックスマスターは、Nさんでした。

本日のお題は、以下の4つでした。
 1.文化祭の思い出:ゲストYさん
 2.結婚式の思い出:Kさん
 3.ボランティアをして良かったと思ったこと:私S
 4.最近はまっていること:ゲストTさん


準備スピーチの部

スピーチ1:「“なぜ”に続く価値」 Sさん
来る神奈川新人戦に向けたコンテストスピーチを披露されました。
Sさんの趣味である登山をテーマに、なぜ山に登るのか、という問いから、
Sさんの考える登山の価値、そして聞き手の私たちにとっての価値って何だろう。
と考えされるスピーチでした。
オンラインの特性を生かしたボディランゲージも効果的でした。

スピーチ2:「自己分析2020〜前を向け〜」 Mさん
トーストマスターズに入会して5年経つMさんの自己紹介スピーチでした。
自分がトーストマスターズに入会したものの、思うように上達しないのはなぜだろう。
という観点から、「怠け癖」「ネガティブ」という自分の課題を取り上げて、
それぞれに対する対策について話されていました。


休憩を挟んで、論評の部の司会はIさんでした。

1.Sさん(Mさんの論評)
Mさんのスピーチに対して、良い点2つ、もっとこうしたら良くなると思う点1点を、
納得のいくフィードバックを明快に話されておりました。

そして、12月の新人戦に出場するSさんに対して、
参加者全員からそれぞれフィードバックが行われました。
Sさんには、今回のフィードバック内容を踏まえて、
12月の新人戦の本番では、Sさんらしい納得のいくスピーチができるといいですね。


受賞者
ベストTT賞:ゲストYさん
ベスト論評賞:Sさん
ベストスピーカー賞:Sさん


本日はゲスト2名参加というっことで、新鮮な気持ちでの例会を開催できました。
そして、元溝の口会員のTさんからは再入会の表明を頂きました!

Tさん、オンラインでしたら参加できるとのことでの再入会です。
仲間が増えることは嬉しい限りですね。

次回の例会は、11月21日(土)です。
次回はハイブリッド(会場+オンライン)での開催ですので、
ご興味のありましたら、お気軽に見学にいらしてください。



溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=273