久しぶりの例会は以前にも増してパワーアップされていた!!〜第65回例会

投稿日時 2009-3-1 22:33:07 | トピック: 例会記録

今回は久しぶりの例会参加ということもありS水が記事を作成いたしました。
---------------------------------------------------------------------

2月21日(土)、2ヶ月ぶりに例会に出席いたしました。
久しぶりだったこともあり、出席の前はちょっと緊張しましたが
溝の口ならではゆったりとリラックスした雰囲気は変わっていなかったので
安心しました。

今回もゲスト見学者は5人
オバマさんの影響もありスピーチへの関心が高まっていることもあるのだと思いますが、最近多くの方が見学に来ていただいています。
これを機会に多くの方に例会に参加していただくことで、トーストマスターズの
すばらしさを認識していただければと思います。

司会はS川さんでした。世の中不景気ということでS川さんの会社も様々な経費節減策が実行されているとのこと、S川さんがエレベーターを使わずに毎日5階まで心臓破りの階段を登っているという話は、本当におかしかったです。

「今日の言葉」はS藤さんから「只管に」(ひたすらに)と発表がありました。
ひたすらにの意味、使用例まで提示されたあたりオリジナリティあふれるものでした。
とても初挑戦では思えません。なかなかやります。

新コーナー「お勧めの本」ということでY本さんが「28歳からのリアル」という本を紹介していただきました。Y本さんワールド全開でとても楽しいスピーチでした。
少なくとも私が28歳だったころ(遥か昔ですが)は、ここまで、いろいろなことを考えていなかっただろうと思います。本当に今トーストに参加している若い人は意識が高いと感心します。

今回のテーブルトピックス(即興スピーチ)はOさんが司会でした。
Oさんもテーブルトピックス司会は初挑戦とのことでしたがとても堂々とした進行ぶりでした。数年前に自分が体験した就職活動での面接時の質問をお題としたところも私にとってはタイムスリップしたかのようで新鮮でした。Oさんの面接官役も妙に板についていました。
私も「最近印象に残ったニュースは何ですか」というお題でスピーチしたのですが、何だかとても緊張してしまいうまくスピーチできませんでした・・・

準備スピーチは3人
Nさんの今回のスピーチプロジェクトは「ボディランゲージ」。
「理想と現実」というタイトルで、なぜ理想と現実にギャップが生じてしまうのか、現実を理想に近づけるためには、まず自分の理想を手帳に書き込むこと、それを定期的に見直しをおこなうことが重要であるということをボディランゲージを効果的に駆使してスピーチされました。自己啓発を意識された向上心溢れるスピーチだったと思います。

次はI原さんの10回目のスピーチ、プロジェクトは「聴衆を感動させよ」。
「ユーモアを広めましょう」というI原さんの国境を超えた恋愛、そして恋人からの厳しい追求をユーモアで乗り切ったというI原さんならではの"すごい"体験を、ユーモアと駄洒落満載にスピーチされました。恋愛ネタはI原さんの十八番ということもあり大爆笑のスピーチとなりました。

そして最後はT岡さんの上級スピーチでした。
プロジェクトは「パブリックリレーションズ」ということで製造業の工場で働いている方に広報・宣伝活動」の一環としてトーストマスターズを紹介するというものでした。
トーストマスターズの手法を取り入れると仕事面でどのようなメリットがあるのか、ということを具体例を交えながらとても分かりやすくスピーチされていました。

後半に入ると、前半のスピーチに対する論評を他のメンバーが行います。
N田さんのスピーチにはT屋さん
I原さんのスピーチはF本さん
そしてT岡さんのスピーチはM内さんが行いました。
M内さんは論評初挑戦であり、しかも上級スピーチに対するとても難しい論評で
あったのにもかかわらず。T岡さんが時間オーバーしてしまったこと、そしてどうして時間オーバーしてしまったのか、どの部分を削れば時間オーバーしなかったのかをとても的確に指摘されていたと思います。

論評が終わるとO江さんの総合論評となりました。
O江さんらしい、笑いの中にスピーチ上達の為に役にやつエッセンスが
ギュッと凝縮されたすばらしい総合論評でした。
他の方にはなかなか真似出来ない高レベルの論評を当たり前こととして
やってしまう、本当にすごいことだと思います。

ただO江さん、今回が溝の口最後の出席となってしまうとのことです。
とても残念なことですがトーストマスターズをもっと日本に広めるため他のクラブをどんどん立ち上げていくとのことです。是非お体には気をつけて今後も「只管に」頑張っていただきたいものです。本当にありがとうございました。

O江さんの総合論評が終わると受賞者発表
最優秀テーブルトピックスはT屋さん
最優秀論評者はM内さん
最優秀スピーカーはI原さんとなりました。

さらに最後に2回目の見学となるK藤さんが入会表明をおこなうという、うれしいハプニングがありました。新しい仲間を迎えるときのメンバーの全員の笑顔がとても印象的でした。

さて次回、3月7日は溝の口メンバーによるスピーチコンテストが大山ふるさと館にて実施されます。

溝の口メンバー10人(予定)によるスピーチの競演
普段の和気藹々とした雰囲気とは一味違ったピリッとした緊張感を体験できますので、是非参加してみてください。
(私もいい加減にスピーチの内容を考えないと・・・)

それにしても久しぶりの例会は以前に増してパワーアップされ密度も濃かった・・・


溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=69