素敵なスピーチがたくさんあり、楽しい例会でした〜第68回例会

投稿日時 2009-4-26 22:06:18 | トピック: 例会記録

今回は溝の口の"癒しの神様"U田さんの記事です。
-----------------------------------------------------------

4月4日(土)、第68回例会が高津市民館で開催されました。

ゲストは、K村エリアガバナー、横浜フロンティアTMCのO野さん、
1回目見学者の方が2名いらしてくださいました。
そして、休会されていたT木さんが復帰され、賑わった雰囲気の中、
例会が始まりました。

今回は、副会長のT屋さんが、お休みのS野会長に代わり、
トーストマスターと会長役の1人2役をされました。
アカデミー外国語映画賞「おくりびと」のタイトルから、
5文字の言葉「じぶんごと」「たにんごと」の話になり、
何事も「たにんごと」と思うのではなく、「じぶんごと」と思って
やることで自分の成長につながる、というお話をされていました。
これは、私にとってタイムリーな話題で、いいことをきいた、
としっかりメモしました。

VDイクさんからの「今日の言葉」は「卒業」で、
アメリカの卒業式のお話をしてくださいました。
アメリカでは、卒業式に博士帽やガウンを身に着けること、
日本の学生は、卒業式になぜ泣くのか不思議に思ったことなど、
アメリカと日本の卒業式はずいぶんと違い、お話を聞いていてとても新鮮でした。

新コーナー(おすすめ!コーナー)は、T川さんとS藤さんでした。
T川さんは、セルジオ越後さんが書いた本「日本サッカーと「世界基準」」
についての紹介で、日本サッカーに対する熱い思いを語ってくださいました。
その本をまるっと1冊読んだような気になるくらい、わかりやすく、興味深いスピーチでした。
S藤さんは、以前飼っていたパンダ(イタリア生まれ)についてのお話をしてくださいました。
今回、お話をきいて、写真が載った本も見せてもらい、初めてパンダという車を知りました。
聞いていると、こちらまでそのパンダに愛着がわいて、乗ってみたいと思わせるスピーチでした。

テーブルトピックスマスターはF本さんでした。
今回の例会は、時間にたっぷり余裕があるということで、いつもよりたくさんのテーマが出題されました。
今回は、普段あまりとりあげられないネガティブなテーマ「嫌いな食べ物(スピーカU田)、
嫌いな人物(スピーカO野さん)、欠点(OI橋さん)、怒り(K村さん)、マイナス思考(OBさん)、
地獄(N田さん)」でした。
スピーチも面白かったですが、F本さんが各スピーカに対してユーモアのある
コメントをされていて、テーブルトピックスが当たらなかった人も全員、
楽しい時間だったのではないかと思います。

さて、ここから、準備スピーチの部です。

Y沼さんのスピーチの題は「踊りと私」、
日本舞踊をする前、フラメンコをしていた頃のお話でした。
話の合間に踊りの型が入っていたのと、コーチがY沼さんに注意するときの
「Y沼さん!」(手パンパン!)がすごく印象に残りました。
踊りをされているからなのか、表現力が素晴らしいなと思いました。
今回のスピーチ目標「身振りで示せ」にぴったりのテーマでした。

続いては、スピーチコンテストに出場されるS水さんのスピーチ
「プロジェクトNO.11 人をハッピーにさせよ」
S水さんの身近にあった、心がぽっと明るくなるような出来事を
とりあげて、お話してくださいました。
スピーチコンテストの題材ということで、聞くのは2回目でしたが、
1回目よりもパワーアップしていました。
落し物、ちゃんと帰ってくるんだな。親切な人がいるんだな。
日常の疲れで、へたれていた私ですが、こういうエピソードきくと、
やはりほっとしていい気分になりました。

F山さんのスピーチは「再会」、今回復帰された「伝説の教育担当」と言われている
T木さんの、面白裏エピソードが満載のスピーチでした。
T木さんはどんな人なのか、知らない人でもよくわかる、
知ってる人ならさらに楽しめる、聴衆のハートをガッチリ掴み、
笑いの絶えないスピーチで、さすがでした。

そして、休憩後に、各準備スピーチの論評が行われました。
Y沼さんへの論評をI原さん、S水さんへの論評をS川さん
F山さんへの論評をF川さんが担当されました。

I原さんは、Y沼さんのスピーチ目標「身振りで示せ」を重点に
論評をされました。I原さんならではのユーモアと、
身振りを取り入れたテンションの高い、激しい論評をされ、
聴衆を爆笑の渦に巻き込みました。
あの面白さは、文章ではとても表現できません。

F川さんは、癒し系で、褒め上手で、スピーチをした人が嬉しくなる
論評だな、と毎回思います。
F山さんのスピーチは大変素晴らしく、アドバイスをすることが
とても難しかったと思いますが、F川さんなりに思いついた点を
見つけてアドバイスをされていて、その姿勢を、私も見習おうと思いました。

S川さんは、大変わかりやすい論評でした。
スピーチするときにとても大切なこと、アイコンタクト、身振り、声の豊かさ、
言葉、論理性等、自分も論評をするときにその点に着目してみようと、
お手本にしようと思う論評でした。

総合論評は、伝説の教育担当T木さんでした。
半年以上のブランクを感じさせない、落ち着いた堂々とした論評で、聞き入ってしまいました。

そして、文法係のOさんより、スピーチ中の日本語の文法についていくつか指摘がありました。
私は全く気づかなかったため、こんな文法の間違いがあったのかとおどろきました。
大変勉強になりました。

受賞者発表、最優秀テーブルトピックスは「怒り」をテーマにスピーチされたK村さん、
最優秀論評者はS川さん、最優秀スピーカーはS水さんでした。
おめでとうございます。

そして、最後に役員の仕事紹介で、副会長のT屋さん、会員担当のI原さん、
会場係のF岡さんからお話がありました。
役員のみなさんがいつもどんな仕事をされているのか、詳しい内容を知ることができました。
良い例会ができるのは、役員のみなさんのおかげだな〜と改めて思いました。
いつもありがとうございます。

今回も、素敵なスピーチがたくさんあり、楽しい例会でした。

次回の例会は、4月18日(土)、高津市民館の第1会議室…は終わりましたね。
次回4月29日(水)は、横浜フロンティアクラブとの合同例会です。

次回の例会も、元気にいきましょう。


溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=72