日本を代表するスピーカーによるスピーチクリニック開催!

投稿日時 2009-9-13 17:56:43 | トピック: 例会記録

9月5日(土)すくらむ21にて第79回例会が開催されました。
今回は、各スピーチの後に日本を代表する世界的スピーカーのAさんによりクリニックを受ける「スピーチクリニック」が行われました。
冒頭、マニュアルに記載されていることのみにとらわれるのではなく、個々の持ち味を出せるようにする。(マニュアルに記載されていることも人それぞれの解釈があるはずである)また、スピーチを上達させるために、自分の狙いと異なる反応が聴衆より来たときはその理由を聞いてみると参考になる等のアドバイスを頂戴しました。
最初のスピーカーはOさんです。Oさんは、自分の病気の治療体験を基に医学の進歩の在り方についてスピーチしました。医療技術の発展の中には患者のための真の医療にとって後退につながるものもある。治療を受けるにあたっては、自分が医療の中心であることを考えた方がいいという、自分の体験を通して感じられた「治療のあるべき姿」について説得力のある語りかけをされていたと思います。日本における社会問題というべきテーマだけに大変印象的でした。
この日2番目のスピーカーは、プロレスの熱狂的ファンであるF岡さんよる「プロレスファンは知っている」と題したスピーチでした。プロレス技のジェスチャーも織り込んでおり、スピーチの中でも「チャンスがあればプロレスラーになりたかった」と語られていた通り、F岡さんのプロレスに対する愛情を改めて感じることが出来ました。プロレスにはあいまいな世界がある。でもそれがプロレスの魅力を引き立てている。あいまいな世界が許されるプロレスが以前より廃退し、より明確に強者と弱者を決めようとする総合格闘技の人気が高くなった現在であるが、プロレスには競技全体を通してのドラマがあり、現代社会において必要な要素を含んでいるのではないかと、プロレス業と現代社会の密接な関係について、プロレスファンのF岡さんならではの視点でのメッセージを感じることが出来ました。
3番目のスピーカーは、F本さんが「私は不幸です」とスピーチを始めました。
自分が不幸であると思っている日常生活も心の向けどころを変えてみると「自分は結構幸せかもと」と思えてくる。普段当たり前と思っていることも当たり前と思ってはいけない。日常生活では、本当に大切なものは何かを忘れがちであるが、それらの大切さを忘れてはならない。“人生の明暗は自分自身の心の向けどころによって変わるものである”と実体験を基にスピーチされており、説得力のある内容でした。
4番目のスピーカーはF川さんでした。F川さんは、中高年の棋士と若手のホープ、二人の将棋の名人が戦うシーンをそれぞれの棋士につき自分が演じる方法でスピーチされました。
人生において、追い込まれた状況からどのように立ち上がれば良いのか悩むことがあるが、二人の戦いを通して、人間は追い込まれた状況を経験してこそ大きな結果がある。人生での袋小路。そんなときこそあきらめることなくもう一度自分の力を尽くすことが大切であるとのメッセージでスピーチが締めくくられていました。
この日最後のスピーチはF澤さんによる“ほらふきスピーチ”でした。
天才的な自分が受験戦争で東大を受験し、東大での鉄腕アトム開発を目指すという設定でのスピーチです。どこまでがホラでどこまでが本当なのか分からない部分がありましたが、大変愉快なスピーチで楽しませてもらいました。天才的な自分が東大受験に失敗したので、2003年に鉄腕アトムが出来ていなかったのは自分のせいであるという落ちの部分が皆の笑いを誘いました。
全体を通して、笑いあり、説得力ありのスピーチを楽しむことが出来きました。それぞれのスピーチ終了後、Aさんによる対面式のスピーチクリニックが行われました。Aさんはそれぞれの個性を尊重しながら大変上手にアドバイスされており、他人へのアドバイスの仕方についても勉強になりました。
効果的なジェスチャーの方法、上手く表現するための声のトーンの使い方、笑って欲しい部分ではそれが聴衆に伝わるようにした方が良い等、とてもためになるアドバイスを多くいただきました。その中でも特に印象に残ったアドバイスは、スピーチの構成方法でした。原稿作成に当たっては、まずはゴールを決めることが大事であり、素晴らしいオープニングを起点にしないほうが良いという点が参考になりました。また、まずは自分が伝えたいことを話し、そして次にストーリーを話し、最後にまた自分の伝えたいことを話す構成が効果的であるというアドバイスも大変為になったと思います。Aさん、大変お忙しい中、貴重なアドバイスを頂き本当に有難うございました。メンバー全員、大変有意義なスピーチクリニックを経験できたと思います。



溝の口トーストマスターズクラブ:話す力と聞く力を確実に身につけるにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://mizonokuchi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://mizonokuchi.org/article.php?storyid=79